最新記事一覧

FireShot Capture 092 - モモキュンソード - momokyun.com
西陣初の“天井”機能搭載で新たな鬼退治の幕が上がる 『Pモモキュンソード』信頼度大公開!
全日遊連_通常総会01
全日遊連、阿部理事長が4期目
フィールズが「シャア専用パチスロ 逆襲の赤い彗星」
兵庫県遊協_青年部03
兵遊連青年部会、米田部会長が3期目へ
都道府県公安委、GLI Japanに試験事務の認可

広島県遊協、組合員店舗数の減少で理事の定数を削減

広島県遊協(延川章喜理事長)は6月19日、広島市の「広島県遊技会館」で令和2年度通常総会を開催。議案審議では、昨年度の組合員店舗数が234店舗(前年度比10店舗減)、遊技機の台数が8万5761台(同3079台減)となったことを報告した。

また、定款を一部変更。組合員数の減少に伴い、理事の定数が33~38人だったものを26~33人、副理事長の定数が5~8人だったものを4~7人に。その代替として、員外理事の定数を3人から8人に増やした。

なお、総会終了後には、広島県警生活安全総務課の関藤仁司管理官と、林田辰男課長補佐が講話。関藤管理監は「ぱちんこの依存問題対策、子供の車内放置防止対策、防犯カメラの設置等について」、林田課長補佐は「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策、ギャンブル等依存症対策について」と題し、それぞれ行政指導を行った。

広島県遊協_総会

提供元:プレイグラフ

Page Top