最新記事一覧

全日遊連、全国理事会を開催
パチスロ6号機を狙い打つ!第5弾 〜朝と夜は散歩がてらにこずかい稼ぎ〜
パチスロ6号機を狙い打つ!第5弾 〜朝と夜は散歩がてらにこずかい稼ぎ〜
日電協が支援するパラアスリートが来組
日電協が支援するパラアスリートが来組
コナミアミューズメントが「戦コレ」の甘デジ
ABCが「第4回全国クリーンデー」に参加
ABCが「第4回全国クリーンデー」に参加

『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3』見どころ特集! 〜ボーナス後にトロフィー出現で設定2以上!?〜

▼機種情報『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=5967


「SLOTまどか前後編」と共にこの夏注目を集めるのがサミーの『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3』。
現在も前作『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュR2』が絶賛高稼働中だけに、今作もかなり期待されています。
今回の特集では、ゲーム性を紹介しつつ、内部数値などにも触れていきましょう。



本機は、ボーナスを搭載したAT機。AT中はボーナス確率がアップするなど『パチスロ頭文字D』と似たシステムです。ATの1G純増は約2.0枚。

まずはスペックから。
 
スペック
設定 AT初当たり確率 出玉率
1 1/594.0 97.9%
2 1/565.9 98.9%
3 1/517.8 101.5%
4 1/437.0 106.3%
5 1/383.1 109.5%
6 1/322.0 112.1%

高設定域の出玉率の高さに注目。設定4の出玉率は106.3%と、他機種と比べるとかなり高め。設定5はAT突入時の期待枚数が最も高く、設定6は出玉率112.1%、勝率約93%と抜群の安定感を誇ります。
 
小役確率(設定1)
小役 確率
スイカ 1/93.2
強チェリー 1/333.7
弱チェリー 1/130.2
強チャンス目 1/281.2
弱チャンス目 1/204.6
ギアスベル 1/33.4
共通ベル 1/347.0
ギアスリプレイ 1/1646.3

この表は設定1の小役確率とボーナス期待度。スイカからのボーナスはハイパーBBもしくはBBが確定、ギアスリプレイからならBB確定となります。50枚あたりのゲーム数は約36.2G。

先ほど触れましたが、本機はATに突入するとボーナス確率がアップします。
 
ボーナス確率
設定 通常時 AT中
1 1/250.7 1/199.0
2 1/247.4 1/196.7
3 1/242.1 1/193.1
4 1/238.5 1/191.4
5 1/230.7 1/186.1
6 1/222.1 1/178.8

ボーナス確率は設定に準じてアップ。ATに突入すれば設定1でもボーナス確率は199.0分の1と大幅アップとなります。

ではゲームフローに沿って全体をご紹介していきましょう。



通常ゲーム中は、
【ATルート1】ゼロ図柄揃い→CZ前兆→CZ→AT
【ATルート2】レア役→ボーナス(→AT)→CZ前兆→CZ→AT
【ATルート3】ギアスリプレイ→C.C.ゾーン→AT

といった感じで、AT突入ルートが複数存在します。

ATのメイン契機となるのがCZ「戦略戦」で、そのCZの契機となるのがゼロ図柄揃いやボーナスというわけです。

通常ゲーム中は、通常、高確、超高確の内部状態が存在。ゼロ図柄揃いやボーナスが高確中に成立すればCZの期待度アップ、超高確ならCZ濃厚となります。

通常ゲーム中のステージは学園や黒の騎士団が基本で、夕方自宅ステージなら高確示唆、屋上なら超高確示唆となります。

では、ATルートを個別に見ていきましょう。

【ATルート1:ゼロ図柄揃い→CZ前兆→CZ→AT】

通常ゲーム中に狙え演出が発生すれば、チャンス到来。ここでゼロ図柄が揃えばCZ前兆「進軍ステージ」へ移行します。



進軍ステージでは、突入時のゼロ図柄揃いと滞在中の小役でギアスポイントを獲得。ゼロ図柄揃いによる獲得ポイントは突入時の内部状態で変化し、通常で1pt以上、高確は5pt以上、超高確なら30pt以上。一方、小役による獲得ポイントはベルやリプレイで1pt以上、レア役やギアス目は5pt以上、ボーナスなら10pt以上となります。

ギアスポイントが30pt貯まればCZ確定、100ptならCZ突破(=AT確定)となります。進軍ステージ中は筐体上部のギアスパネルの色がポイントの蓄積数を示唆し、白(1pt以上)≪青(5pt以上)≪黄(10pt以上)≪緑(20pt以上)≪赤(25pt以上)の順に大量蓄積の期待度がアップ。紫までいけば30pt以上(CZ確定)、虹色なら100pt(AT確定)となります。

このポイント蓄積数はCZ突入のみならずCZ突入後のAT抽選も左右する大事な要素なので、パネルの色は要注目です。

また、これとは別に「隠れギアスポイント」なるものも存在します。この隠れギアスポイントはCZ抽選やAT抽選の際にギアスポイントに変換されるというもので、通常ゲーム中のレア役やギアスベル、ギアスリプレイの一部で獲得が期待できます。筐体上部のルルーシュパネルが点灯するとポイント獲得となり、光り方が蓄積数を示唆しています。獲得した隠れギアスポイントはボーナス終了後のCZ前兆終了時や天井CZ失敗時、AT終了時までクリアされないので、見慣れない示唆が出た場合はそれらのタイミングまで続行したほうがいいかもしれません。



進軍ステージ突破でCZ「戦略戦」へ。CZの基本は「ナリタ攻防戦」となり、「狙うはクロヴィス」ならチャンス、次回予告発生は大チャンス。



CZはフェイズ1、フェイズ2、フェイズ3の3部構成。小役が揃うほど展開が有利に進み、最終的にフェイズ3突破でAT確定となります。

内部的には、CZ前兆中同様、成立役に応じてギアスポイントを獲得し、最終的なポイント数でATを抽選します。ちなみに、CZ中のボーナスやゼロ図柄揃いは実戦上AT確定です。

続いては【ATルート2】について。

【ATルート2:レア役→ボーナス(→AT)→CZ前兆→CZ→AT】

通常ゲーム中のレア役成立時はボーナスに期待。ボーナスは以下の3種類。



・ハイパーBB……約150枚
・BB……約115枚
・RB……約50枚

BBの一部で発生するエピソードBBは、その時点でATが確定。

ボーナス中の特徴としては、

・ハイパーBBやBB中……C.C.図柄が揃えばAT確定
・RB中……レア役やギアスベルが規定回数成立すればAT確定
・ボーナス共通……成立役に応じてギアスポイントの獲得を抽選

となります。ボーナスでAT確定とならなかった場合、ボーナス終了後はCZ前兆「ゼロステージ」へ移行します。このゼロステージもまた先ほど説明したCZ前兆「進軍ステージ」と同じ抽選システムとなり、その前段階となるボーナス中にギアスポイントを獲得できればアドバンテージを得られるというわけです。

このボーナス中のギアスポイント獲得抽選ですが、スイカやギアスベルはポイント獲得濃厚、押し順ベルは抽選となります。ただし、ボーナス開始からハズレが1回出るまで高確状態となり、押し順ベルでのポイント獲得率が33.3%にアップします。ちなみに、このハズレ確率に設定差が存在するようです。



RB中はレア役やギアスベルが規定回数成立すればAT確定となりますが、その規定回数は1〜5回までの振り分けとなっています。RB開始時にPUSHボタンを押し、発生したキャラボイスが「チャンス!」なら規定回数は3回以内、「激アツ!!」なら1回が濃厚。さらに、規定回数を超えて引いた対象役(レア役やギアスベル)は1回につきATのストックを1個獲得するため、激アツ!!ボイスは文字通り激アツというわけです。

また、RB中は登場するキャラで設定を示唆します。設定変更後の、最初のRBのみ示唆の出現率がアップしているため要チェックです。

ボーナス後のCZ前兆に話を進めましょう。



ボーナス後に移行するCZ前兆「ゼロステージ」。ボーナス成立時とボーナス中、そしてゼロステージ滞在中の小役でギアスポイントを獲得し、ポイントが30pt貯まればCZ確定、100ptならCZ突破(=AT確定)となるのはCZ前兆「進軍ステージ」と同じです。

ボーナス成立時のポイント獲得も同様で、ボーナス成立時の内部状態が通常なら1pt以上、高確は5pt以上、超高確なら30pt以上を獲得。ゼロステージ中の抽選も同じで、ベルやリプレイで1pt以上、レア役やギアス目は5pt以上、ボーナスなら10pt以上となります。

CZについてはすでに説明済みなので、次の【ATルート3:ギアスリプレイ→C.C.ゾーン→AT】にいきましょう。



通常ゲーム中のギアスリプレイ出現時の一部で突入する「C.C.ゾーン」。15G+α継続の完走型で、C.C.図柄が揃うごとにATのセットストックを獲得します。???ナビでの押し順不正解まで継続するため、自力正解によってはロング継続も可能です。C.C.ゾーンからのAT期待度は約64%。

ここでのボーナス成立はC.C.ゾーンが終了となりますがATの複数ストックが濃厚。また、ゼロ図柄揃いならATストック濃厚に加え、「C.C.ゾーンの減算ストップ」+「C.C.図柄揃い確率大幅アップ」となりAT大量ストックの大チャンスとなります。

特殊状態「ギアス高確」にも触れておきましょう。

本機は内部的にRT移行をすることで、ギアス目(ギアスベルやギアスリプレイ)が出現しやすくなります。それがギアス高確です。

特徴としては、

・ギアスベル出現時……ギアスベル高確率へ移行する可能性あり
・ギアスリプレイ出現時……C.C.図柄揃い高確率へ移行する可能性あり
・弱チャンス目……ギアスリプレイ高確率へ移行する可能性あり

といった具合に契機と移行先がリンクしており、移行すれば文字通り◯◯が出現しやすくなります。ギアスリプレイ出現時にC.C.図柄高確率へ移行した場合がC.C.ゾーン突入というわけです。

このギアス高確中にゼロ図柄揃いが出現すれば「ギアスロック」となり、ギアス高確の状態を維持(RT移行なし)+性能が大幅強化となります。そのため、C.C.ゾーン中のゼロ図柄揃いはATの大量ストックに期待が持てるというわけです。

このギアス高確やギアスロックは通常ゲーム中のみならずAT中も発生します。状況を一変させるトリガーとなるだけに、ギアス目や弱チャンス目出現後は要注目です。

続いてはATについて。



AT「ブラックリベリオン」は1セット40Gのセット継続型。40G消化後は「ナイトメアバトル」に発展し勝利すれば次セットへ、敗北でAT終了となります。

AT中は勢力レベルが上がるほど継続期待度がアップし、陣形が昇格するほど継続時の特化ゾーン期待度がアップします。勢力レベルと陣形を昇格させる鍵が「ミッション」と「作戦」です。



ミッションの発生契機はレア役やギアス目、ボーナスなど。ミッションは1G完結型の演出で、成功すれば勢力レベルがアップします。ミッションはランスロット捕縛ミッションと敵部隊殲滅ミッションがあり、後者のほうが期待大。



一方、作戦は4Gの自力ゾーン。

この作戦には、レア役やギアス目、ボーナスやベルで突入が期待でき、滞在ステージによっても突入率が変化します。AT中のステージは、通常(カレン単騎)、高確(藤堂同行)、超高確(左記以外)の3種類があり、上位ステージならベルでも作戦突入が期待できます。

作戦は4G間の成立役が重要で、レア役やギアス目なら成功確定、ベルやリプレイなら25%で成功となります。作戦は、橋落とし作戦、ビル撃破作戦、パージ作戦の3種類がありますが、作戦成功率はどれも約65%と共通です。

作戦は、成功すれば勢力レベルが2段階以上アップ。さらに作戦中にレア役を引けば陣形の昇格チャンスとなります。

作戦中は、小役入賞時に発生する「リール前ギアスエフェクト」に注目です。基本は白ですが、青ならチャンス、赤なら激アツ、虹色ならボーナス濃厚となります。



以上のように、AT中は勢力レベルを上げて継続期待度をアップさせつつ、陣形を昇格させ特化ゾーンを期待するわけですが、勢力レベルが10に到達した時点で制圧完了状態となりセット継続が濃厚となります。

制圧完了後は、レア役やギアス目で陣形が昇格しやすいため、早い段階で制圧完了するほど特化ゾーンの期待が高まる仕組みです。

陣形別の特化ゾーン期待度は以下のとおり。

・鶴翼の陣……期待度「低」
・半月羅漢の陣……期待度「中」
・八卦の陣……期待度「高」、特化ゾーン当選時は約25%でガウェイン
・北斗七星陣……確定!?、特化ゾーン当選時は約25%でガウェイン
・宇宙陣……確定!?、ガウェイン濃厚

特化ゾーンについては後ほど。



AT中は40G消化でナイトメアバトルに発展となるわけですが、例外として勢力レベル10未満かつ「ピース」を保持していればナイトメアバトルの前に「リベリオンチャンス」に突入となります。

ピースは、AT中に成立したボーナス中や特化ゾーン「アキトバトル」で獲得できます。

AT中に成立したボーナス中は小役でピースの獲得抽選が行なわれ、ハズレが1回出現するまで高確状態となり押し順ベルでも33.3%でピースを獲得できます。また、RB中はレア役やギアスベルが規定回数成立すればATストックとなり、規定回数を超えて引いた対象役(レア役やギアスベル)は1回につきATのストックを1個獲得となります。この辺りの抽選は通常時のRBと同様です。

ピースは通常ピース(青)と強ピース(赤)の2種類が存在し、後者は大チャンスです。

リベリオンチャンスでは、ピース1個につき1Gの演出が発生。通常ピースなら小役が揃えば勢力のレベルアップ濃厚、強ピースは成立役に関係なく勢力レベルアップが濃厚です。もし、ここでレア役やギアス目を引けば、勢力レベル大幅アップ+陣形昇格のチャンスとなります。

勢力レベルが10に足りなかった場合でも、ピースがあればリベリオンチャンスで最後のひと押しが期待できるというわけです。

最後の関門、「ナイトメアバトル」に話を進めていきましょう。



ナイトメアバトルは、勢力レベルに応じてATの継続抽選を実施。バトルに勝利すれば次セットへ継続となります。

ナイトメアバトルの組み合わせは2種類。「紅蓮VSランスロット」より「ガウェインVSグロースター」のほうが期待大。

ナイトメアバトルの勝敗は突入した時点で決まっていますが、負けバトルでもそこでボーナスやゼロ図柄揃いを引ければ勝利へ書き換え=継続となり、また、バトルに敗北しても、有利区間終了までにボーナスやゼロ図柄揃い、C.C.図柄揃いが引ければAT引き戻しが発生します。

継続確定後は、陣形に応じて特化ゾーンの抽選が行なわれます。当選する特化ゾーンは「アキトバトル」と「ガウェイン」の2種類が存在します。



特化ゾーン「アキトバトル」は1セット7Gのセット継続型。バトル勝利でセット継続となり、その際、ピースorATストックを獲得します。

ラウンド開始画面は3種類あり、青≪赤≪特殊の順に継続期待度がアップ。1G目にエピソード発生なら継続濃厚となり、エピソードの種類によっては強ピース以上が確定するパターンも。

バトル中は成立役による勝利書き換え抽選もあり、レア役成立なら継続に期待です。



特化ゾーン「ガウェイン」は30G継続。レア役やギアス目、ベルなどでATのストック抽選が行なわれます。激アツなのが、ここでのRB成立。RB中は超高確となり、レア役やギアス目を引くたびにATのストックを獲得していきます。

このガウェインにはAT継続時の一部以外に、C.C.図柄斜め揃いからも突入します。



ナイトメアバトルで勝利を重ね、4セット目を突破すれば、5セット目突入前に20Gのエピソード「魔神が目覚める日」が発生。このエピソード中はレア役やギアス目、リプレイでピース獲得が濃厚となり、次セットは継続期待度がアップします。

そしてエピソード後は、ATが「ブラックリベリオンR2」となり演出が変化。

演出の変更点は、作戦が4種類になり、勢力レベルアップ期待度はメタンハイドレート作戦・ビル爆破作戦≪租界ゲフィオン作戦≪フジ爆破作戦の順にアップ。また、ナイトメアバトルの対戦組み合わせは3種類になり、「紅蓮可翔式VSランスロットコンクエスター」≪「神虎VSトリスタン」≪「サザーランドジークVSモルドレッド」の順に期待度アップとなります。特化ゾーン「ガウェイン」は名称が「蜃気楼」となりますが、性能は同じままです。リベリオンチャンスで出現するナイトメアも変化します。

この5セット目到達がAT突入時の当面の目標となり、5セット目到達後はエンディング「ゼロレクイエム」が最終目標となります。

最後に、プレミアムトリガーと設定推測要素について。



フリーズを契機に突入する「ギアスラッシュ」。30G+α継続し、毎ゲーム超高確率でATのストックを獲得します。ここでのボーナスはギアスラッシュ終了となりますが、大量ストックが濃厚です。また、ゼロ図柄揃いならATストック濃厚に加え、ギアスラッシュのゲーム数減算ストップ+C.C.図柄揃い確率大幅アップとなるため超激アツです。

【設定推測要素】

・AT初当たり確率は設定が上がるにつれアップ
(設定1で594.0分の1、設定6で322.0分の1)

・ボーナス確率も設定が上がるにつれアップ
(通常時のボーナス確率は設定1で250.7分の1、設定6で222.1分の1)
(AT中のボーナス確率は設定1で199.0分の1、設定6で178.8分の1)

・スイカは高設定ほど出現しやすい
スイカ確率
設定 確率
1 1/93.2
2 1/90.1
3 1/86.5
4 1/83.2
5 1/80.2
6 1/77.0

・スイカ+ハイパーBBは高設定ほど出現しやすい
スイカ+ハイパーBB確率
設定 確率
1 1/10922.7
2 1/9362.3
3 1/7281.8
4 1/6553.6
5 1/5957.8
6 1/5461.3

・C.C.ゾーンは高設定ほど突入しやすい
(1日に複数回突入で高設定の期待度アップ)

・エピソードBB中のエピソードの種類で設定を示唆

・RB中のキャラ紹介で「ナース姿カレン」は高設定示唆、「シャルル」は高設定確定!?

・特化ゾーン「ガウェイン/蜃気楼」には設定5が最も突入しやすい
(1日に複数回突入で設定5の期待度アップ)

・AT終了画面は、「ルルーシュ&スザク」が奇数設定示唆、「水着画面」は偶数設定示唆、「フォト画像」は高設定示唆。エンディング発生時の終了画面が「ドレスアップ」なら高設定示唆。

・ボーナス終了時にサミートロフィー出現で設定を示唆(種類別傾向は今までと同じ!?)



以上が今回お伝えできる最新情報となります。

天井は500G+αでCZへ移行するなど、浅めのゲーム数となっています。さらに、この天井CZ中はベルの押し順ナビが発生するのでAT期待度は通常のCZよりも高くなります。ボーナス確率は設定1でも250.7分の1となっているため、天井を保険に中ハマリくらいから追ってもいいのかもしれません。打ってみないことは好きも嫌いも、良いも悪いもありませんからね。


※ページ内の数値&情報は独自調査


Page Top