最新記事一覧

全日遊連、全国理事会を開催
パイオニア、企業CMを地上波テレビ&YouTubeで放送
パイオニア、企業CMを地上波テレビ&YouTubeで放送
『スーパーリノSP』解析特集! 〜状態に突入すればボーナスループ率86%!?〜
『スーパーリノSP』解析特集! 〜状態に突入すればボーナスループ率86%!?〜
ABCが静岡県社会福祉協議会に300万円を寄付
ABCが静岡県社会福祉協議会に300万円を寄付
善都、ワクチン接種への協力で感謝状
善都、ワクチン接種への協力で感謝状

都遊協がサマーフォーラムを開催

都遊協(原田實理事長)は7月7日、東京都港区の「ヤクルトホール」で「サマーフォーラム2009」を開催した。

テーマは「不況に負けない現場を作る!!」で、講師の一人の三堀清弁護士は「ホールと客との法律関係縲怎Nレーマー・ゴト師対策」を中心に講演。三堀氏は「パチンコ店という器は誰のものなのかといえば、当然、経営するホール企業のもの。借りたものでも例外ではなく、管理者としてのさまざまな権限が当該ホール企業には与えられているということが、案外、忘れられている」として、自店の客に対する義務や店内ルールを定めた遊技約款の必要性を力説した。

また、動機・原因から見たクレーマーの類型を「利益追求型」「憤怒型」「愉快型」「ストーカー型」に大別し、「対応の失敗事例のほとんどが“個人”に任せてしまっている」と分析。組織的対応の必要性を訴えるとともに、「クレーマーは何度でも無理難題を言ってくるものだと自覚し、無理に解決を急がないこと」と強調した。 提供元:プレイグラフ

Page Top