機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • その他

忍術決戦CR双影 筐体画像:1枚

大当り確率 1/99.9 → 1/29.92
賞 球 3&8&10
確変率 65%
ラウンド 2Ror8Ror16R(9C)
出 玉 約576個or約1152個 ※計算上
時 短 バトル終了後4回or100回
修羅城バトル突入率 50%
虎瞳バトルトータル継続率 91.9%
猛気バトルトータル継続率 56.3%
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
・ヘソ:8R…62.5%、16R…2.5% ・電チュー:2R(突確)…5%、8R…35%、16R…25%

兄弟機

機種情報

 

出玉重視の猛気バトルと、継続重視の虎瞳バトルの2つを搭載した双戦システムが特徴の『忍術決戦CR影』シリーズの流れをくむ第3弾。
初代の『忍術決戦CR影』シリーズは2005年、2代目の『忍術決戦CR月影』は2009年に登場している。

8R確変大当たり後の潜確と、2R突確、2R突時を搭載。100回の時短が働くのは電サポ中の8R通常大当たり後だけ。

ゲーム性に大きな影響を及ぼす大当たりの内訳は以下のとおり。
ヘソ:16R確変…2.5%、8R確変…47.5%、8R確変(電サポなし)…15%、8R通常(電サポなし)…35%
電チュー:16R確変…25%、8R確変…35%、2R確変(突確)…5%、8R通常(時短100回)…10%、2R通常(突時。時短4回)…25%

アタッカーの賞球は8個。

液晶右側から画面に倒れ込む天地崩斬刀、液晶上下左右に扇、上部に猛鬼兜の各役物を搭載。

大当たり中、確変中はバトル演出。初当たり時は1stバトル、確変中の修羅城バトル時は、リーチ中の猛気バトル(継続率56.3%)かラウンド中の虎瞳バトル(継続率91.9%)となる。


5大激アツ演出は、フリーズ予告、輪廻転生連続予告、サンセイ柄、前役物、天地崩斬リーチ。

バトルやラウンド中には黒夢の「少年」や「NITE&DAY」など4曲の楽曲が流れる。

予告演出


保留玉変化予告
保留アイテムがボタンアイコンに変化したら押してみよう。炎上後に赤く変化したらアツい。

分身の術連続予告
分身の術で虎瞳が増えるほどチャンスになる保留の先読み予告。

ボタンPUSH連続予告
リーチ後にボタンが出現して、押した瞬間に影図柄が止まるとリーチ後の疑似連続演出に発展する。

回想連続予告
回想シーンが流れる。ガセあり。

ストーリー予告
疑似1〜2連で出現する可能性がある。影と月影のつながりが明らかになるムービーが流れる。

猛鬼兜ステップアップ予告
猛鬼兜役物が動いてエフェクトが発生。最高ステップ3まで発展する可能性がある。エフェクトの色にも注目。

カットインステップアップ予告
最高ステップ4まで発展する可能性がある。ステップ1から虎瞳(猛気)図柄停止予告に発展することがある。

修羅族襲来ステップアップ予告
敵忍者襲来から始まり、4段階に発展していく。

疾風誕生ステップアップ予告(閃一族背景限定)
木の葉が舞い散ると発展する。ステップ4まで発展する可能性がある。

城魔神ステップアップ予告(修羅一族背景限定)
魔神稲妻Ver.と魔魂氣Ver.の2つがあり、どちらも最高で4段階に発展していく。

疾走背景チェンジ予告(四象忍者背景限定)
背景が変わるごとにキャラと背景が切り替わっていく。4段階にステップアップする。

フリーズ予告
変動中に突然画面がフリーズする激アツ演出。

墨枠隠密会話予告
墨枠の中にキャラが登場し、虎瞳と猛気であれば隠密内容の会話となる。

黒煙敵襲予告(閃一族背景限定)
敵忍者が現れる。忍者の色などで期待度が変わる。アイテム予告や秘伝書予告に発展することもある。

VFX予告
同色図柄停止で突入する。スーパーリーチに直行。

飛びくない予告(四象忍者背景限定)
密書に書かれた指令を完遂できれば! 密書バリエーションは全部で17種類。

斬予告(四象忍者背景限定)
画面が斬りつけられ、文字が出現。14通りあるどの文字が表示されるかで期待度が変化する。

水晶予告(四象忍者背景限定)
ボタンを押すと、水晶に発展先が現れる。

天地崩斬刀予告
天地崩斬刀役物が液晶画面にドーンと登場する。

リーチ文字予告
リーチ後予告で、文字の種類によって期待度が変わる。「激熱」が出れば激アツ。

蝶群予告
液晶右上から大量の蝶が群れになって横切る。

※ほかにもいくつかの予告がある


◆注目の予告

輪廻転生連続予告
  
遁術系リーチ中にノイズが発生し、前役物が完成して天地崩斬リーチへ。激アツ。

九字の法ステップアップ予告
 
役物可動も楽しい予告で、ステップ4となる前役物出現で四精演舞or天地崩斬のいずれかのリーチに発展する。

背景ムービー予告

リーチ後、全画面でムービーが流れる。美月と夢月の2パターンあり。

スーパーリーチ演出(▲は★半分の意味)


雷遁の術リーチ[★☆☆☆☆]
遁術系のリーチは、液晶左右上下にある属性扇が1つ出現した際に発展。

水遁の術リーチ[★☆☆☆☆]
遁術系リーチのチャンスアップは3種類。弱より中に期待。美月出現の強パターンは遁術系共通。

火遁の術リーチ[★▲☆☆☆]
水遁や雷遁より若干期待できるとはいえ、遁術系リーチは天地崩斬リーチへの発展を願いたいところ。

風遁の術リーチ[★▲☆☆☆]
遁術系リーチ。風の力で大当たりを目指す。

迅雷蒼水陣リーチ[★★▲☆☆]
奥義合体系リーチの中では最も期待できない。2ラインで展開。液晶左右上下にある属性扇が2つ駆動して発展。

渦流烈火弾リーチ[★★★☆☆]
4ラインで展開される奥義合体系リーチ。

風牙招雷撃リーチ[★★★☆☆]
4ラインで展開される。扇4枚出現のチャンスアップあり。

炎舞豪旋風リーチ[★★★▲☆]
8ラインで展開される奥義合体系リーチ。アツい。

全回転リーチ[★★★★★]
ロングリーチハズレ後、前役物可動で発展!?


◆注目のスーパーリーチ

四精演舞リーチ[★★★★☆]
  
前役物可動から発展。二人を想う天女の舞……。魔方陣が完成すれば大当たり!? タイトル背景、扇、魔方陣の色で信頼度が変わる。

天地崩斬リーチ[★★★★▲]
  
カラクリロボを撃破せよ! 角笛、セリフ、タイトル背景の色で信頼度が変化。タイトル背景の色は青、緑、赤、レインボーがある。

重要演出


1stバトル
  
初回大当たり時に必ず突入するラウンド中の演出。修羅一族に捕らわれた赤子の疾風を救い出す演出が展開。三or七図柄は修羅城バトル突入確定。
城魔神の攻撃は暗黒魔光剣と魔光森羅万象があり、後者はピンチ。ボタンを押して攻撃を避けられれば勝利確定だ。
喰らった場合はボタン連打やボタン押しで敗北しなければ確変の修羅城バトルへ。敗北の場合は手裏の儀モードに突入する。
内部的に大当たりの2.5%を占める16R確変か、47.5%の8R確変を引くとバトルに勝利。35%の8R通常か、15%の8R確変(電サポなし)を引くとバトルに敗北する。

修羅城バトル
  
確変中のモードで、電サポが働く。保留玉変化や雷鳴稲妻連続、カットインなどの専用予告発生後、虎瞳(こどう)か猛気(もうき)どちらかが登場する。
ここが大きな分岐点。猛気演出から敵襲来ならリーチバトル開始となる。虎瞳演出から敵を発見すると大当たりで、ラウンドバトル開始。
猛気バトルは出玉重視のリーチバトルで、突入した時点で2R確変(全体の5%)or2R通常(時短4回(全体の25%))、16R確変(全体の25%)のいずれかが確定する。
虎瞳バトルは継続重視のラウンドバトルで、突入した時点で8R大当たりが確定する。内部的には8R確変(全体の35%)or8R通常(全体の10%)。
演出としては正面突破で天守閣を目指す猛気バトルは、城門突破やザコ忍者殲滅などの障害を突破できれば16R大当たりで確変継続。
裏ルートから天守閣を目指す虎瞳バトルは、百地三太夫や猿飛佐助といった四象忍者との戦いとなる。敵攻撃パターンは弱と強がある。

美月回想モード
 
虎瞳バトルで敗北(全体の10%を占める8R通常)すると突入する100回の時短モード。月の光、光の吹雪、ウイドウカットインなどの専用予告がある。
その後、虎瞳復活リーチがかかると大当たりの期待。ボタン連打で立ち上がれなくても復活パターンも用意されている。

復活の儀
  
猛気バトル敗北など(全体の25%を占める2R通常or5%の2R確変)から突入する4回転の時短中のモード。九字の法が完成すれば確変復活。
復活する確率は約16.7%。ボタンの色に注目しよう。

手裏の儀モード
 
1stバトルで敗北(全体の35%を占める8R通常か、15%の8R確変(電サポなし))すると突入する。電サポは働かない。
手裏剣保留、忍ルーレット、朱墨などのモード専用予告演出あり。突入時の30%は潜確の可能性がある。

確変&ラウンド昇格
大当たり直後、ラウンド中に昇格するチャンスがある。

Page Top

忍術決戦CR双影