機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • ミドル

CRフルーツパンチAM-F 筐体画像:1枚

大当り確率 1/319.68
賞 球 4&3&14
確変率
ラウンド 15Ror16R(10C)
出 玉 約1680個or約2100個 ※メーカー発表値
時 短
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
15R(実質12R)時短…64% 16R(実質15R)時短…36.2%

兄弟機

機種情報


1990年に連チャンする一般電役として発表され人気を博した『フルーツパンチ』が、盤面デザインやリーチ演出を踏襲して「原点進化」した1種2種タイプ。
通常時は64%、右打ち時は36.2%の確率で時短に突入するミドルタイプ。

セルデザインだけではなくチューリップの配置や飾りランプ、デジタル演出なども初代を踏襲していること、時短突入率が電サポ中より初当たり時のほうが高いこと、ノーマルリーチしかないのでリーチがかかればアツいというわかりやすさなどが特徴。

2種当たりを目指す右打ち時の確率は1/7.31。時短は99回だからまず間違いなく当たる。

確変機ではないので潜確状態にはならない。大当たりになれば最低でも1680個の払い出し出玉がある。

盤面には上下に7セグ表示機が2つあるが、上部の7セグが大当たり抽選に使用される。

まるで一般電役のようにチューリップが配置されているが、最下部中央にあるのは電チュー状のアタッカー。その右上にあるのは2種当たりを目指す際に開放するチューリップ。それ以外のチューリップ状のモノは単なる飾り(初代を意識した盤面構成)。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

盤面下部にあるCHANCEチャッカーに入ると下段7セグが変動し、数字が3つ揃いになると次回大当たり確定!?

2つのモードを搭載。「オリジナルモード」は昔懐かしいシンプルなゲーム性、「バラエティモード」なら様々な演出を楽しむことができる。

スーパーリーチ演出

ノーマルリーチ

リーチ演出は初代『フルーツパンチ』と同じように、真ん中のデジタルが変動するのみ。ただし、長くなればなるほど期待度がアップする。

重要演出

下段7セグ

大当たりになって右打ちしている際に、盤面下部にあるCHANCEチャッカーに玉が入ると、下段の7セグが変動する。数字が揃ったら次回大当たりが確定!? 数字がビタ止まりする快感は何度でも味わいたい!

Page Top

CRフルーツパンチAM-F