機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • 甘デジ
  • ST
  • 右打ち

CR萌エキサイト 筐体画像:1枚

大当り確率 1/99.902 → 1/9.998
賞 球 5&2&4&10&13
確変率 100%
(ST7回)
ラウンド 3Ror6Ror16R(10C)
出 玉 約390個or約780個or約2080個 ※メーカー発表値
時 短 ST終了後に30回or93回
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
3R(実質3R)…78.5%
6R(実質6R)…20%
16R(実質16R)…1.5%
3R(実質3R)…78.5%
6R(実質6R)…20%
16R(実質16R)…1.5%

機種情報

強烈な連チャン性で一世を風靡したエキサイトが、盤面デザインや2桁7セグの演出、サウンドなどを継承して復活したのが2015年発表の『CRエキサイト』。そのシンプルなゲーム性に萌えの要素も融合し、甘デジタイプのST機として登場。
大当たりになれば必ず7回のSTに突入し、3R大当たりならST後に30回、それ以外なら93回の時短が付く。ST継続率は約52.2%、時短引き戻し率は30回で約26.1%、93回で約60.8%。

盤面デザインや2桁デジタル、3つ穴クルーンなどの完全復刻、ピュイッ!の連続から始まる大当たりへの期待感、大当たりになれば必ずST+時短に突入する甘デジ独自のゲーム性などが特徴。

潜確や小当たりは搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

ヘソ保留は7セグ表示器上部横並びのハート型ランプ。電チュー保留はクルーン役物右側縦並びのランプ。7セグ表示器下部にあるランプ(左がヘソ、右が電チュー対応)は変動中に点滅し、変動停止とともにランプも停止する

通常時の図柄変動時間は4秒(14.1%)、6.5秒(29.6%)、12秒(32.1%)、16.5秒(24.2%)となっており(保留4個目消化時のみ4秒変動が増える)、1変動を数回の変動に見せる演出が発生する。
その際は、通常停止時の停止時間よりわずかに短くなり、また7セグ表示器下部のランプの点滅も続く。

一部の大当たり中と電サポ中は右打ちする。

盤面中央下部と右下に2つのアタッカーを配置。賞球はともに13個。

電サポ中はSTの「直撃チャンス」と、時短の「チャンスタイム」となる。

昔ながらの音やランプ、軍艦マーチなどを再現したクラシックモードと、チャンス目予告などの新規演出を存分に味わえるニューモードの2つがあり、いつでも十字ボタンで切り替えることができる。

予告演出

保留変化予告

7セグ表示器上部にある保留ランプの保1ランプ移動時に色が変化するとチャンス!?

F連続予告

図柄停止時にどこか1つにF図柄が停止すると大当たりの予感!?

同期予告

左右の7セグが同時に変動する演出。

チャンス目予告

「8・8」といった弱チャンス目、「5・5」といった強チャンス目、「2・4」(藤)などの大当たり濃厚のチャンス目が停止する予告。
図柄がピンクに変化する。その後「チャンス」のボイスならさらに期待は高まる。ニューモード専用演出(以下同)。

カウントダウンX
  
3桁7セグの中で「2…1…0」とカウントダウンしていく。終了後もリーチ集中ゾーンに移行することがある。

カウントダウンX前兆

クルーン内部が緑から赤にフラッシュすればカウントダウンXの前兆か。

枠フラッシュ予告

枠色ランプの白フラッシュが続くほど期待できる。

図柄示唆予告

青の図柄点滅が示唆するのは停止図柄か……。

アタッカー前兆予告

盤面下部のアタッカーがパカパカッと開閉する!?

※ほかにもいくつかの予告がある

スーパーリーチ演出

スペシャルテンパイ
 

左に3or7、左右どちらかにFが止まればリーチがかかる。ピュイッと鳴ればノーマルテンパイ、ピュピュピュイッならスペシャルテンパイだ。
 

重要演出

直撃チャンス
ST7回転中は直撃チャンスとなり、8.5秒変動となる。最終変動のみ15秒変動。

チャンスタイム
ST7回転で当たらなかった場合は、時短のチャンスタイムへ移行する。16R&6R大当たりの場合はST7回転後に時短が93回付く。3R大当たり時はST7回転後に時短が30回付く。

Page Top

CR萌エキサイト