機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • ミドル
  • 複合
  • 設定付き

Pミリオンヴィーナス 筐体画像:1枚

賞 球 4&8&3&11
確変率
ラウンド 2Ror実質3Ror実質8Ror10R(10C)
出 玉 約220個or約330個or約880個or約1100個※メーカー発表値
時 短 大当たり終了後に0or1回
実質大当たり確率 1/97.7(設定1)、1/89.6(設定4)、1/80.4(設定6)
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー

設定別大当たり確率

設定 通常時確率 確変中確率 備考
1 1/319.7    
2      
3      
4 1/246.4    
5      
6 1/187.2    

機種情報

超大型ルーレット役物によるガチ抽選と時短時の1球連抽選という新感覚物理抽選が目を引く1種2種タイプ。直撃大当たりには3段階の設定があるが、大当たりの多くは小当たりからの物理抽選によって判定される。

頻繁に当たる小当たりにより少ない投資でも物理抽選を味わえること、直撃大当たり時の払い出し出玉は約1100個、継続率50%の時短1回の抽選も1球の物理抽選で決まることなどがウリ。

大当たりになれば必ず出玉がある。

盤面中央に超大型ルーレット役物を搭載している。

ゲームの流れは以下のとおり。
1)ハンドルを右にMAXで玉を打ち出し、ヘソに玉を入れる
2)一番外側にあるファーストルーレットが回転し、小当たり(約1/9)になれば(レッド図柄…77%、ゴールド図柄…20%、ファイナル図柄…3%)次の抽選に進む
※ファーストルーレットに「V」停止なら直撃大当たりで1100個の払い出し出玉。「ATTACK」停止の場合はアタックチャンスで2R分の出玉を獲得でき、ファイナルランプが光ったら1球連抽選に期待(成功率50%)
3)レッド図柄ならレッドルーレットを1/4で突破→ゴールドルーレットを1/4で突破→ファイナルルーレットと進む
※ゴールド図柄ならゴールドルーレットから、ファイナル図柄ならファイナルルーレットから開始
4)突破率1/2のファイナルルーレットで「BIG」か「SMALL」に入れば大当たり
5)直撃大当たりの場合は1100個、アタックチャンスなら220個、小当たりからのBIG大当たりなら880個、SMALL大当たりなら330個、それぞれ払い出し出玉を得られる
6)アタックチャンスでランプが光らなかった場合は通常に戻るが、それ以外の大当たりでは1球連抽選に期待。1球連抽選では「BIG」か「SMALL」に入れば大当たり。継続期待度は50%

遊技中は、そのポイントごとに音声が発生する。

盤面最下部に出玉を稼ぐアタッカーを配置(10カウントの11個賞球)。

音量や光量はボタンで調節することができる。

超高感度振動センサーなどの不正感知システムを搭載している。

重要演出

超大型ルーレット役物(小当たり)

小当たりには3つの可能性がある。ファーストルーレットにレッド図柄(STEP1)が停止した場合はレッドルーレットから、ゴールド図柄(STEP2)が停止した場合はゴールドルーレットから、ファイナル図柄(STEP3)停止ならファイナルルーレットから、それぞれ抽選を受けることになる。停止割合はレッド:ゴールド:ファイナル…77%:20%:3%。
振り分け率は見た目どおりで、レッドルーレットとゴールドルーレットは1/4の確率で次のステップに進むことができる。ファイナルルーレットは1/2で大当たりになる。

超大型ルーレット役物(直撃大当たり)
 
大当たり判定を行なう唯一無二の存在が超大型ルーレット役物。外側から内側に向かってファーストルーレット、レッドルーレット、ゴールドルーレット、ファイナルルーレットで構成されている。ヘソ入賞後、直撃大当たりならファーストルーレットに「V」が表示され、10R分の払い出し出玉+時短1回(1球連抽選に期待)。「ATTACK」停止時はアタックチャンスとなり、2R分の出玉を獲得。アタックチャンス成功(50%)でラウンド終了後は時短1回(1球連抽選に期待)。

ファイナルチャンス

アタックチャンスで失敗した場合以外に必ず突入する時短1回(特図2)のモード。1球連抽選に突入すれば、ファイナルルーレットによる抽選が行なわれる。継続率は50%だ。

Page Top

Pミリオンヴィーナス