機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • ミドル
  • 複合
  • 右打ち

Pぱちんこ新鬼武者 狂鬼乱舞 筐体画像:1枚

大当り確率 1/319.9
賞 球 3&1&2&5&6&13
確変率
ラウンド 4Ror5Ror7Ror10R(10C)
出 玉 約420個or約650個or約810個or約1200個※メーカー発表値
時 短 大当たり終了後に19回or35回or65回or85回
右打ち中大当たり確率 約1/29.9
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー

機種情報

2018年に発表されたSUPER小当りRUSH搭載機『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』が1種2種タイプとなり、高継続&高速変動に進化して登場。ミドルタイプのいわゆる突破型で、鬼BONUS後に突入する時短19回の蒼剣RUSH中に大当たりになれば、TOTAL継続率約90%を誇る「狂鬼乱舞」に突入する。
時短回数別の引き戻し率は以下のとおり。35回…約73%、65回…約90%、85回…約95%。※残保留4個含む

「狂鬼乱舞」突入で鬼ループするスペック、『ぱちんこ新・必殺仕置人』で好評の高速消化の搭載、大当たりの20%が10R大当たり(電チュー)などが特徴。

大当たりになれば必ず出玉がある。

液晶左上&右下から出現する一閃ギミックを搭載。発生すれば期待できる斬撃ビジョンと絆ビジョンがある。激しく光る覚醒フラッシュあり。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

盤面右下に大当たり時に開放するスライドアタッカーを配置。その右上にあるのは電チューで、Vアタッカーはその左上にある(Vと書かれた位置)。

電サポ中などのメイン演出はバトル。

3大激アツ演出は、激熱バーニングビジョン、桜を見たら俺を思い出してくれないか予告、最強最悪ボタン。

重要演出

蒼剣BONUS
 
通常時の大当たりの一つで、ラウンド終了後は時短85回の極限ノ刻に直行する。5R分の出玉を獲得できる。右打ちする(以下、大当たり中、電サポ中は右打ち)。
通常時大当たりの96%を占める鬼BONUSの場合は、ラウンド終了後に時短19回の蒼剣RUSHに移行する。

蒼剣RUSH
 
鬼BONUS後に移行する時短19回のモード。ここで大当たりすることで狂鬼乱舞に突入する。その期待度は残保留込みで約54%だ。

狂鬼乱舞

突入すれば最低でも継続率約73%、TOTALでは約90%となる連チャンモード。なおかつ、鬼高速変動となる。覚醒チャレンジで極限ノ刻なら85回、覚醒ノ刻では65回、真蒼剣RUSHでも35回のそれぞれ時短に突入する。そして、時短最終変動ではラストバトル演出が発生し、勝利すればBONUSとなる。

覚醒チャレンジ
  
蒼剣RUSH中の大当たり後、時短回数の抽選となる覚醒チャレンジ演出が行なわれる。
蒼鬼が極限覚醒すれば85回(出現率25%)、覚醒ならば65回(同63%)、覚醒しなければ時短35回(同12%)となる。
それぞれの回数別引き戻し率は、35回…約73%、65回…約90%、85回…約95%となる。※残保留4個含む

Page Top

Pぱちんこ新鬼武者 狂鬼乱舞