機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • 甘デジ
  • セット
  • 右打ち

P光れ!デカビスカス 筐体画像:1枚

大当り確率 1/26.99 → 1/16.28
賞 球 1&3&4&15
確変率 100%
(34回セット)
ラウンド 2Ror5R(4C)
出 玉 約120個or約300個※メーカー発表値
時 短
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
2R(実質2R)…75%
5R(実質5R)…25%
2R(実質2R)…75%
5R(実質5R)…25%

機種情報

大当たりになれば必ず34回セットとなり約5610個(平均出玉)獲得できる確変ループタイプ。そのセット後に14%(保4満タン時)の確率で引き戻すことができる。大当たりの判定にはメーターとデカビスカスが用いられていて、デカビスカスが光れば大当たり。

他機種とは一線を画す図柄変動までの過程とデカビスカスによる大当たり判定、34回セット後に再び34回セットに返り咲く確率が約14%であること、大当たり確率が高く通常と異なる演出が発生するとアツいことなどが特徴。

潜確当たりは搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

ゲームの流れは以下のとおり。
1)左打ちして1穴クルーンを狙い、その下のGOに入れば盤面中央にあるメーターが上昇していく
2)盤面上部のデカビスカスまで到達すれば(デカビスカスが光る)大当たり
3)盤面右側中央にある2つの電チュー(アタッカー)で出玉を稼ぐ
4)盤面右側上部にあるスルー通過で盤面右下にある電チューが開放
5)電チュー入賞によりその右上にある2桁7セグが始動
6)約1/16.3で大当たり。33なら2R、77で5Rの出玉
7)合計34回のセット後、残り保留4回転のハイビチャンスへ
8)当たったら再び34回セット、ハズれたら通常へ

34回のセット消化時は、盤面右側に縦に3つ並んだ電チュー(上2つが交互に開放するアタッカー、一番下が電チュー)がまるで一般電役機を打っているように開放する。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

34回のセット消化時、7図柄でリーチがかかるとアオリ演出が発生し、77で当たった回数はメーター部分に表示される。

ノーマルモードと告知モードがある。

震動センサーを搭載している。

予告演出

保留変化予告

盤面中央下部のメーター左横に縦に4つ並んだ保留ランプの色が変化したらチャンス。レインボーなら大当たり濃厚。

GOランプ予告

盤面中央最下部にあるGOランプがフラッシュするもので、ノーマルモードにおける出現率は高め。レインボーパターンなら!

ボイス予告

「まさかよー」とか「あちこーこー」などのボイスがある。一部モードでは出現しない。

※ほかにもいくつかの予告がある

スーパーリーチ演出

一撃チャンス

リーチの多くはノーマルだが、信頼度が若干低めのハイビチャンスやSP上昇リーチ、激アツの連打チャンスや一撃チャンスもある。いずれにしてもデカビスカス点灯で大当たりだ。

重要演出

サポモード
 
通常時に大当たりした後の大当たり34回セット中のモード。右打ちして1/16.28に当たるたびに2R(33揃い。占有率75%)or5R(77揃い。占有率25%)分の出玉を獲得できる。理論上、34回の大当たりで4080個~10200個の払い出し出玉となる。平均獲得出玉は約5610個。
サポモード中は、盤面右側に並んだ3連チュー(上2つが出玉を稼ぐアタッカー、下が電チューの役割)がまるで一般電役のようにテンポ良く開放する。

ハイビチャンス

34回セット終了後の保留消化4回転がハイビチャンス。普通に打っていれば34回セット終了時に電チュー保留が4個貯まるようになっているので、その4回転で当たる確率は約14%になる。つまり、約14%で再度、約5610個(平均出玉)を獲得できるわけだ。

シーサーゾーン

ハイビチャンスで当たらなかったら、その後は左打ちに戻す。その際の3回転が特殊ゾーンのシーサーゾーンだ。専用SP演出の出現率が大幅にアップする。

Page Top

P光れ!デカビスカス