機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

機種情報

「パチスロ北斗の拳シリーズ」11作目となる本機は、1G純増約1.9枚のARTで出玉を増やすタイプ。
ARTは突破型と呼ばれる2段階のシステムで、1段階目の「宿命の刻」を突破できれば「激闘乱舞」へ突入だ。
激闘乱舞は1セット約30Gのセット連チャン型。
激闘乱舞中はレア役などで上乗せバトルが発生し、バトル勝利でセットストックを獲得。
規定ゲーム数消化後は、セットストックがあればエピソードを経由し次セットへ、ストックがなければ継続バトルに発展だ。
継続バトルはケンシロウとファルコが戦うバトル演出で、ケンシロウが倒れなければ次セットへ継続となる。
継続バトルで連チャンさせつつ、セットストックやゲーム数の上乗せゾーンを絡めてロング継続を目指すゲーム性だ。
ART契機は、レア役で当選、確定役からの直撃など。
中段チェリーの確率&期待度がアップした点、ART当選時の前兆ゲーム数が最大16Gへと短縮された点は従来機種と大きく異なるポイントだ。
ちなみに、今作はラオウとの死闘を経たあとの天帝編が舞台。
原作にはないオリジナルキャラやエピソードなども搭載されている。

ゲームの流れ

ART突入までの簡易フロー



●通常ゲーム

レア役でART「宿命の刻」を抽選。
確定役ならART「激闘乱舞」に直行。


●ART「宿命の刻」

雑魚バトル→宿命バトルへと発展。
宿命バトル勝利でART「激闘乱舞」へ。


●ART「激闘乱舞」

1セット約30Gのセット連チャン型。
上乗せバトル勝利などでセットストックを獲得。
規定ゲーム数の消化で継続バトルへ(継続率MAX89%)。

ART消化手順


押し順ナビ発生時は、ナビに従い消化。
「金7を狙え!」発生時は、押し順に従いつつ金7を狙う。
それ以外は、通常ゲーム中と同じでOK。


●ART「宿命の刻」
 
【システム】
雑魚バトルと宿命バトルの2部構成、1G純増約1.9枚、宿命バトル勝利でART「激闘乱舞」へ
【突入】
レア役で当選など
【終了】
宿命バトル敗北
【備考】
雑魚バトルは押し順ベル7回で宿命バトルへ、雑魚バトル中はオーラが昇格するほど宿命バトルの勝利期待度アップ(白≪青≪黄≪緑≪赤≪虹)、オーラはレア役成立や押し順ベル間が長いほど昇格のチャンス、宿命バトルの勝利期待度は40%超


●ART「激闘乱舞」
  
【システム】
1セット約30G、1G純増約1.9枚、レア役などで上乗せバトルに発展し勝利でセットストック
【突入】
ART「宿命の刻」での勝利、通常ゲーム中の確定役成立など
【終了】
規定ゲーム数の消化でセットストックがなければ継続バトルに発展し負けなければ次セットへ、負けると終了(セットストックや継続率で連チャン)
【備考】
突入時のオーラの色でARTレベルを示唆(継続率に影響)、レア役からゲーム数直乗せもあり、規定ゲーム数を消化したときにセットストックがあれば10Gのエピソード「激闘」を経由し次セットへ、継続バトルの継続率は66%から89%、継続バトル中のレア役でARTレベルの昇格を抽選


●セットストックゾーン「激闘乱舞ターボ」

【システム】
32G継続、小役でARTのセットストックを抽選
【突入】
金7揃い
【終了】
規定ゲーム数の消化
【備考】
レア役は大チャンス、ベルは約25%でストック


●ゲーム数上乗せゾーン「EX乱舞」
 
【システム】
5G+α継続、ARTゲーム数を毎ゲーム上乗せ
【突入】
継続バトルや激闘中のレア役で当選
【終了】
規定ゲーム数の消化
【備考】
攻撃パターンによって大量上乗せの期待度変化、最終ゲームは奥義炸裂、フリーズで上乗せ性能大幅アップの「EX乱舞ターボ」へ


○北斗図柄揃い

プレミアムの北斗図柄揃いは、通常ゲーム中の確定役「北斗図柄揃い」もしくはART「激闘乱舞」突入時の抽選で当選した場合に発生。
北斗図柄揃い後は40Gのセットストック高確状態に突入し、終了後に移行するART「激闘乱舞」は上位のARTレベルが確定。


○内部モード

通常ゲーム中はレア役でのART抽選を左右する複数のモードが存在し、モードが昇格するほど期待度アップ。
モード昇格期待度は、弱MB・角チェリー弱スイカチャンス目中段チェリー≪強MB・強スイカ・強ベルの順。
ART当選期待度は、弱MB・角チェリー弱スイカチャンス目≪強MB・強スイカ・強ベル≪中段チェリーの順。

通常ゲーム中の打ち方

シリーズ伝統の中押しがオススメ。
まず、中リール上段付近に金7を狙う。

●中段金7時
右リール適当打ち後、右リール上段にリプレイ以外なら左リールにチェリーを狙う(右リール上段リプレイなら左リール適当打ち)。

●上段金7時
左&右リールにスイカを狙う。
中段スイカ強スイカ、斜めスイカ弱スイカ

●中段ベル時
左&右リール適当打ち。
左リール上段ベルで右リール上段or中段ベルなら強ベル、左リール下段ベルで右リール中段ベルならチャンス目

●中段or下段闘図柄時
基本的に左&右リール適当打ち。
左リールは金7や北斗図柄が闘図柄の代用で、闘図柄が下段に揃えば強MB、斜めなら弱MB。
MB成立後は3G間8枚役が成立。
また、この停止型からでもチェリーの場合があるので、強めの演出発生時は左リールにチェリーを狙ってみるのもあり(特にMB中)。


【レア役】
強&弱スイカ角&中段チェリーチャンス目、強ベル。

【確定役】
赤7揃い、北斗図柄揃い。

演出のポイント

ステージ
  
通常ゲーム中のステージは、バトロ≪オグル≪ビジャマ≪ファルコの順に上位モードやART前兆の期待度アップ。
規定ゲーム数の消化や弱チェリーで移行する夜ステージは、ART当選ならART「宿命の刻」の突破濃厚だ。


北斗カウンター

北斗カウンターが作動すると16Gの前兆カウントダウンが発生。
カウンターが作動するレア役は、中段チェリースイカ、強ベル。

天井

調査中。

Page Top

パチスロ 北斗の拳 新伝説創造
パチスロ 北斗の拳 新伝説創造