機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • R T
  • 液晶
  • 25φ
  • CZ
  • G数管理

ロックマン アビリティ 史上最大の試練 筐体画像:1枚

ロックマン アビリティ 史上最大の試練 リール画像を拡大

設定 BB合成確率 RB確率 合成確率 出玉率
1 1/376.6 1/520.1 1/218.5 103.0%
2 1/364.1 1/492.8 1/209.4 105.4%
3 1/354.2 1/478.4 1/195.6 107.6%
4 1/344.9 1/464.8 1/184.6 109.0%
5 - - - -
6 - - - -

機種情報

ゲーム「ロックマン」とタイアップした本機は、ボーナスで出玉を増やすRT搭載タイプ。
ボーナス後はRT確定のCZへ移行し、そこでアタック目が出現すればアビリティアタックへ発展。
アビリティアタックでは目押しチャレンジが発生し、指定箇所をビタ押しできれば80GのRTへ突入だ。
その際、ビタ押しミスならRTゲーム数は30Gとなるため、ビタ押しにチャレンジするかあるいは逆押し適当打ちで55Gを確実にキープするか悩みどころだ。
RT「ロックオンバスター」はアビリティアタックで獲得したゲーム数を消化後、再度CZへ移行。
そのCZからは50%でアビリティアタックが期待できるなど、50%ループのRTにボーナスを絡めながら出玉を獲得していくゲーム性だ。
本機は4、5、6、Hの4段階設定で、設定4の出玉率は完全攻略時で約103%。
※スペック表の出玉率は完全攻略時のもの

ボーナス構成

ボーナスはスーパーBB1種類、BB3種類、RB2種類で構成。

●スーパーBB
・「BAR・紫7・BAR」
435枚を超える払い出しで終了(純増約337枚)+RT

●BB
・赤7揃い、青7揃い、紫7揃い
265枚を超える払い出しで終了(純増約206枚)+RT

●RB
・「赤7・赤7・紫7」、「青7・青7・紫7」
65枚を超える払い出しで終了(純増約57枚)+RT

ボーナス契機

レア役でボーナスの同時当選あり。

ボーナス消化手順

ボーナス中は、小役ゲームとJACゲームを繰り返し規定枚数に到達すると終了となる。
小役ゲーム中は、通常ゲーム中の打ち方でスイカやチェリーをカバー(液晶右上で小役ナビあり)。
JACゲーム中は、中リール上のランプが光らなければ適当打ち。
ランプが光ったら、左リール上段に青7をビタ押しもしくは左リールに「スイカ・スイカ・ベル」をビタ押し(中&右リール適当打ち)。


○ボーナス中の設定示唆画面
 
JACゲーム中のビタ押し成功時は15枚獲得+設定示唆の1枚絵が出現。
1枚絵は、左リール上段青7ビタ押しより、左リールに「スイカ・スイカ・ベル」をビタ押しした場合のほうが設定示唆の点で優遇。
金枠の1枚絵なら高設定!?

RT消化手順

  
通常ゲーム中の打ち方と同じでOK。
アビリティアタック時は、指定された箇所をビタ押しor逆押し。


●RT「ロックオンバスター」
  
【システム】
1セット30or55or80or200G、1G純増約0.3枚
【突入】
アビリティアタック終了時
【終了】
規定ゲーム数の消化(CZへ)
【備考】
RTの継続ゲーム数はアビリティアタックで決定


●RTゲーム数決定アクション「アビリティアタック」
 
アビリティアタックは指定箇所のビタ押し成功でRT80Gを獲得(失敗時は30G)。
アビリティアタック時に逆押しすればRTは55G。
チャンスマン登場は目押し不要でRT200G。
次ゲームからRTへ。


○RT契機 CZ「アビリティフィールド」
 
【システム】
アタック目出現でアビリティアタックへ(期待度50%)
【突入】
ボーナス終了後、RT終了後、通常ゲームを300G消化したとき
【終了】
転落リプレイ出現
【備考】
アタック目は小山型リプレイ、ボーナス終了後のCZはRT突入が確定

通常ゲーム中の打ち方

左リール枠上付近にBARを狙い、右リール適当打ち後、スイカテンパイ時のみ中リールにスイカを狙う。


【レア役】
スイカチェリーチャンス目スイカテンパイハズレなど)。

演出のポイント

ステージ

ワイリー研究所への移行はボーナスのチャンス。

天井

なし。

ちなみに、CZ「アビリティフィールド」で転落リプレイ出現後、300G消化でCZに再突入。

Page Top

ロックマン アビリティ 史上最大の試練
ロックマン アビリティ 史上最大の試練