原作名

ノーゲーム・ノーライフ

機種名:ノーゲーム・ノーライフ THE SLOT

メーカー:北電子

導入日:2021/06/14

作品の公式HPを見る

ノーゲーム・ノーライフ』(NO GAME NO LIFE)は、榎宮祐による日本のライトノベル。イラストも榎宮自身が手掛けている。MF文庫J(KADOKAWA メディアファクトリー)より、2012年4月から刊行されている。略称は「ノゲ」や「ノゲラ」、「ノゲノラ」など様々なものがある。

“全てがゲームで決まる”という異世界に召喚された天才ゲーマー兄妹が一癖も二癖もあるゲームに挑み、奇想天外な方法を駆使して攻略していく様をコメディタッチで描いたゲームファンタジー小説。

漫画家・イラストレーターとして活躍する榎宮のライトノベル作家デビュー作で、本文・イラスト共に同一人物が手掛ける珍しい作品である。いつも挿絵を描いている側だったため著者側のあとがきをいつか書いてみたいという想いが、本作の実現に至った[1]

元は漫画用に起こした原作で、別の人物が作画を担当する予定だった。その人物の要望もあり、バトル漫画という要素が排除され、「バトル出来ないファンタジー世界」というコンセプトが生まれ、榎宮自身が仕事以外の全てを捧げているゲームを組み合わせることで神により闘争が禁じられ、“全てがゲームで決まる” 異世界の物語が構築された[1]

宝島社「『このライトノベルがすごい!』2013年版」にて作品部門ランキング16位、新作部門2位にランクイン、作品部門ランキングで2014年版10位、2015年版3位、2016年版6位となっている。2021年4月時点で電子版を含めた全世界シリーズ累計発行部数は580万部を突破している[2]

メディアミックス展開として漫画版が『月刊コミックアライブ』2013年2月号から連載されている。また2013年7月にはアニメ化が発表され[3]、2014年4月より放送されている。日本国外においては、小説が東立出版社(台湾)より[4]、漫画が尖端出版(台湾)よりそれぞれ翻訳版が刊行されている[5]。 2014年12月から漫画と小説、同時にNewPOP Editoraがブラジル版を刊行している[6]。アニメ劇場版がMF文庫J夏の学園祭2016で発表され、2017年7月に公開された。

 

「ノーゲーム・ノーライフ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 (http://ja.wikipedia.org/)。
最終更新 2021年4月22日 (木) 07:39 現在での最新版を取得。

【役名】空 ⇒ 【声優名】松岡禎丞

【役名】白 ⇒ 【声優名】茅野愛衣

【役名】ステファニー・ドーラ ⇒ 【声優名】日笠陽子

【役名】ジブリール ⇒ 【声優名】田村ゆかり

【役名】クラミー・ツェル ⇒ 【声優名】井口裕香

【役名】フィール・ニルヴァレン ⇒ 【声優名】能登麻美子

【役名】初瀬いづな ⇒ 【声優名】沢城みゆき

【役名】テト ⇒ 【声優名】釘宮理恵

機種紹介

ノーゲーム・ノーライフ THE SLOT

メーカー:北電子

導入日:2021/06/14

機種情報を見る

※情報は独自調査です

Page Top