警告のメッセージ

皆様楽しくパチンコ打たれていますか?

 

パチンコビレッジを始めて8年。始めた頃は私の投稿なんて全くの無名記事だったと思うし、事実誰も読んどらんのだから何書いても大丈夫的なバカみたいな発想で文章を書き始めました。今でもその頃のマイナー意識が頭ん中にあって迂闊なことはしょっちゅう書いてるわけですけど、それもほどほどにせなアカンなあと反省です。此度の1件で私の記事を読んでる人はメッチャ多いでえってことを思い知らされて、改めてってこと何ですけど、元々この手の記事掲載は読み手がいようがいまいが襟を正して投稿に臨むのが書き手としてのプロで御座います。き〇〇〇さん。新しい門出おめでとうございます。そこはここよりも日の当たりが強い場所ですから重圧は大きいと思いますが乗り越えて下さいませ。

 

本日は完全休養日。スロッター×パチンカーをやる店があるので昨日の夜下見に行ったんですけど、まんず本日釘を開けるとは思えなかったので止めにしました。開けるかどうかは先読みなので信頼度が100%とは申しませんが、こういうのは前日の時点で打てるかも的な遊技台が見つからなければ難しいでしょうね。パチンカー×パチンカーであればパチ還元がうたい文句ですけど、パチとスロ両方となると還元の意味は薄れます。ということで今日は家でゆっくりしているパチンカーが多いのではないかと想像しておりますが、そんな平和な生活を送っている読者様には戦慄の内容。本日は出入り禁止に当たる行為にはどんなものがあるかを詳しく説明していきます。店舗名が2つほど出てきますが、この2店舗に限らず愛知県でパチンコホール営業をしているお店はほぼ100%軍団やパチプロは出入り禁止にしたいと思っているのです。極稀に稼働欲しさに、彼らの遊技を容認するところもありますが、基本的にはお断りしたいというのが本音でしょう。従ってこの2店舗を攻撃するのが目的ではなく、出入禁止ということを皆がしっかりと考えて頂いて、それなりの対処と心の準備をしてもらいたいということなのでその辺の事情はご理解願います。いたずらに波風を勝てるのが目的ではなく、知識や意識の欠落したお客様が嫌な思いをしないための投稿です。

 

 

(1)春日井の有名店

(2)穂積の有名店

 

 

稼動率を知ることができる業界人なら誰でも知ってる超有名店舗ですが、実はこの2店舗はパチンコの上手い人間は、ほぼ出入禁止にしてしまいます。軍団、パチプロ、セミプロはいうに及ばず、土日ユーザーといえども常に勝ってるようなパチンカーには鉄拳制裁が下ります。パチスロに関しても無論出入禁止にすることもありますが、スロはパチよりも断然基準が甘いです。やはり注意すべきはパチンコなのです。どうしてパチンコを対象にするかと言われれば、パチンコをしているお客様の方が、プロとアマの識別がし易いからです。パチスロでも「プロ」だと分かれば即刻出入禁止にしてしまいます。

 

パチンコもパチスロもプロは全員出入禁止にする。

 

 

これが該当店舗の方針。なのですが不思議なのは、ここまで徹頭徹尾出入禁止にしているにも拘わらず、お店の看板が傷つかず今も尚繁盛してるってこと。これはとりもなおさず、出入禁止にすべき人と、すべきじゃない人の選別精度が極めて高いということでしょうね。メガガイアが新築オープンしたときも、同じようにプロ、軍団を出入禁止にしますが、ここはのべつ幕なし。本来お店の利益に貢献するであろう来て欲しい客まで出入禁止にしてしまうので、稼動が落ちると下げ止まらず過疎店になっちまうのです。この企業はその選別を過たない。強調しておきますが、本日のお話は特定の企業や店舗を中傷するものではなくあくまでも地元ユーザーに対する警告です。店舗がプロ、軍団を徹底的に排除するか否かはその企業の方針なので、私はそれがだめだと申す気持ちはありません。パチプロ禁止という名目はどのパチンコホールでも警告文を貼りだしていますし、実際にパチプロやスロプロには来てほしくないという心理は当たり前だと思うのです。然しながら多くの企業がそう思っててもできないのはプロとアマの線引き基準が脆弱なのとその人たちに対する処分が甘いからです。数多く来店しているお客様の中から、確実に、ピンポイントに軍団とプロだけを出入禁止にしている。これはむしろ企業としては褒められる姿勢です。

 

 

今までこの企業、この店舗で自分が危ない目にあった例をいくつか書いておきます。

(1)遊技機の釘調整を見ていた⇒パチプロに準ずる行為です。

(2)止め打ちで時短中に50個増えた⇒止め打ちは禁止です。

(3)盤面の撮影をした⇒何故駄目なのかは良く分かりません。

(4)遊技中のメモを取っていた⇒何故駄目なのか良く分かりません。

 

 

止め打ちを注意されたのが2回あったので、今までこの店であわや「出入禁止」は5回あるんですけど、兎角最初の(1)は初めて行ったお店で開始5分で、店員さんがすっ飛んできてこういわれました。「釘調整を見ていると、プロとみなして出入りをお断りしますよ。今日はまだ大丈夫ですけど気をつけて下さいね」。もろ出入禁止の警告でした。多分監視カメラを注視してる人が私の行為に気付き、私の近くにいたスタッフに注意しろと伝えたから飛んできたと思うんですけど、開店僅か5分でこのようなことをいわれたので目が点になりました。このお店は、色んな遊技機を見てるだけで色んな島を徘徊してるだけで出入禁止の対象になるようです。止め打ちがアカンのは勿論なんですけど、時短中に玉が減っていれば止め打ちをしてても文句は言われないけれど、増えたら即ネクタイ係りが飛んでくる。場合によっては、幹部が5~6人くらい飛んできて寄ってたかって遊技客に重圧かけて出入禁止の宣言をします。

 

盤面の撮影が何故駄目なのかはよく分からないんですけど、盤面のみならず液晶の演出(レア演出)をスマフォで撮影することも禁止。スマフォを使うってことが全て出入禁止の対象になるのですが、これは軍団が遊技中にスマフォを使用してることが多いから、スマフォ使用⇒出入禁止ってことが徹底されてます。遊技中のメモは私は四六時中取ってるので、これを指摘されたらかなり辛いです。数字のメモはグループ遊技客同士の情報交換になりうるという事と、メモを取ってるパチプロが多いって事でこの行為はかなりマークされます。

 

次にこうしたら出入禁止ってのを書いておきます。(上述と重複ありです)

(1)釘調整を見ること⇒パチプロとみなされます。

(2)止め打ちをすること⇒パチプロとみなされます。

(3)スマフォによる操作全て⇒軍団の一味とみなされます。(連絡、計算、撮影)

(4)遊技に関するメモ⇒プロか軍団の一味とみなされます。

(5)金銭の授与⇒軍団の一味とみなされます(家族同士でカネをやり取りしても出禁です)

(6)抽選番号の交換⇒引き子とみなされます。

(7)遊技中の会話⇒軍団の一味とみなされます。

(8)カチカチ君の使用⇒スロプロとみなされます。

(9)遊タイム狙いのハイエナ⇒パチプロとみなされます。

 

 

(1),(4),(7),(9)が非常に厳しいですね。私は釘調整を見ずしてパチンコを打つってことがないので、これがアカンと言われたら萎縮します。メモも毎回取ってるからこれも私にとっては厳しいです。先日も大海SPを打ってるとき、回転数を書き込んでいたら通りがかりの店員さんに気付かれてしまいまして、その人(スーツ組)がアルバイトとおぼしき人に、コイツマークしとけよみたいなことをいってるのを見て肝を冷やしました。(5)の金銭の受け渡しは家族同士、友達同士でも店内でカネのやり取りが見つかったら出入禁止になってしまいます。兎に角誰かに現金を渡すという行為は絶対に駄目です。(7)も迂闊に誰かと会話してると危ないです。会話が成立する⇒グループ遊技客だろって思われてしまうので、常連さんとの会話もあまりお薦めできません。(9)の遊タイム狙いも、天井まであと少しっていう台を遊技してるところを見つかったら要注意。同じ行為が何度か目撃されるとブラックリストに乗っかってしまいます。大海SPの島で遊タイムを露骨に狙って出入禁止になった人を目撃しました。

 

(1)から(9)までの行為は全て出入禁止の対象になってしまうので、この店での遊技は本当に気を遣います。

 

 

兎に角ブラックリストに載ったら危ないです。1度や2度では即刻「出入禁止」って事にはならないと思いますが、上述したどれかひとつでもスーツ姿をした店員さんに見られてしまうと、次に店に行ったときから相手の見る目線が変ります。針を突き刺すような目で、こちらを見てくるのでそれだけで「ヤバイ」と感じるようになり、何度かそれが続けば恐らくは「出入禁止」という処分になるのでしょう。顔を覚えられてしまっては、お店の警戒色がイエロー⇒オレンジ⇒レッドと変っていきますので、後は時間の問題です。自分は春日井では二人の店員さんからマンマークを受けておりまして現時点での警戒レベルは既にオレンジ。あと2、3回遊技しに行けば出入禁止になりそうな気配なのでしばらく春日井から離れることにしました。2019年には穂積で12回。2020年には春日井で11回の記録がありますが、ここで何故このような現象が起きたかってこと。たまたま穂積から始まった付き合いなれど、穂積はあまりにも遠いんで春日井に切り替えたんだろうというのが一般的な愛知県民の意見だと思うし、実際に私もそういう理由で店舗変更をしたことは否めないんですけど、店舗変更をするのはそれよりももっと別の理由があった。

 

つまり顔を覚えられるのが嫌だった。

 

 

穂積と春日井をローテーションしながら相手のマークを切り抜けていく戦法。顔を覚えられると、ブラックリストに乗っかり、何をするにしてもマークされ、ちょっとでも上述した(1)~(9)に該当する行為があればレッドカードを切る。これが嫌だったので、こちらとしても色々と工夫をする訳ですがそのひとつが会員カードを作らないこと。自分の素性を知られたくないし、カード作って遠方から来てるとわかればなおのこと出入禁止の対象になりやすいし、貯玉の保有量で勝ってる客なのか負けてる客なのかの判断もされやすいってことで、この手のお店では会員カードは作らないが鉄則。

 

今日の話は非常にデリケートな内容なので普通は書かない内容ですが、愛知県に住んでても知らない人が結構いると思うし、できればこのようなことで嫌な思いをして貰いたくないという気持ちの方が勝るので記事を掲載します。本当に繰り返しますが、当企業を恨むわけではないし、それは企業としての基本方針であり、客を選別するプロってことですね。お店がパチプロかパチアマかを選別するプロならば、私は遊技する客として相手の目を掻い潜って生き延びるプロ(パチプロという意味ではありません)。できるかできんか分かりませんが、相手が出入りを断る専門家ならば、その目を掻い潜ってお金をかすめ取ってやろうというのはルパンが宝石を盗もうとしたときの心理に共通するものがある。

 

 

ハードルが高ければ高いほど、それを乗り越えようとするエネルギーが溢れ出てくる。

 

 

愛知県でパチンコやるってのはそういうことですよ。名古屋の場合は、パチンコで勝ってる人が増えすぎて、勝ってる人と負けてる人のバランスが崩れてしまいました。正常に粗利が取れてたはずのパチンコホール営業ですが、専業が増えすぎると店はその人たちを容認できなくなります。技術介入、プロお断り、軍団お断りの流れ弾に当たって私等でも平気で「出入禁止」の4文字を突き付けられるのがこの地域です。そんな世界で勝ってくのは非常に疲れるし、そこまでせなアカンのかっていう意見はごもっともなのですが。

 

ルパン3世と同じ気持ちなのですよ。

 

相手の警備が厳しければ厳しいほど、目を掻い潜る気持ちが強くなる。

 

私は変態なのでしょうか?

コメント

  1. ユリア より:

    本日の記事でしたか。凄いというか、間違いないとしか言えないです。
    私も父とよく行きましたが、店内でお金のやり取りしたら、白服がすっ飛んできました。親子と証明して、父親がとんでもなく切れ散らかしたので”大丈夫です。”とのことで今も遊技を続けていられます。ただ遊技台の写真を撮って言われたことが一度もないのですが、珍しい演出があるとよく撮ります。打ちながらの演出を撮影はOKなのでしょうかね。
    ZENT北についてもいつか記事を読みたいです。何故あそこまでトコトン客負けが決まるのに、あれだけの人がいるのか。ゴーニィ様の意見が聞きたいです。
    春日井有名店は、接客レベルが低いですが、出玉はメリハリがあります。
    マルハンは接客レベルが最高金賞ですが、出玉はメリハリがあります。
    ゼント北は、接客レベルが普通ですが、出玉は最低です。でも等価です。
    お客が求めているのはどの店舗なのでしょうか。また、私達が勝負するにはどの店舗なのでしょうか。

  2. ゴーニィ より:

    ユリア様

    もう駄目。最近ずーっと負けっぱなし。

    麻雀の話やけどね。こんだけ負けると金かかってなくても嫌な気分になるわ!

    演出の写真撮影はOKじゃないと思いますよ。たまたまスーツ組に見つかってないだけで、貴殿の写真撮影もそのような人に見つかればお叱りを受けると思います。この店は、アルバイト店員みたいな人と、監視役みたいなスーツ組とに分かれていて監視役が海の島とか北斗の島を入念にプロがいないかどうかをチェックしに来ます。そのような人に見つかってしまえば、ブラックリストに反映され他の社員にも情報が伝わり、マークが始まります。普通の店員さんは何をしてても文句言わないので、大丈夫!大丈夫でないの線引きは極めて難しいのですが、基本私が書いた9項目は意識して守るようにしてください。

    ZENTは元旦と七夕だけ。それ以外はまるでパチンコにはなりませんから行かなくて良いと思う。名北も私が遊技することはないと思うけどどうしてもっていうなら店の偵察くらいはするよ。この店はスロしか還元しないことで有名だし、パチンコ目的でってなると釘の読めない人しかいないと思う。私たちが勝負するのは、勝負できる環境を見つけた時ってことになると思うけど、基本愛知よりも三重の方が勝ち易いと思う。三重は絶対出入り禁止にならないからね。大好きだよ。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top