最新記事一覧

FireShot Capture 181 - MILLION GOD-神々の凱旋- 公式サイト - www.universal-777.com
playback2015〜凱旋してきたあの頃に〜
マルホン工業が「P真シャカRUSH」
全日遊連 (1)
全日遊連、誓約確認機関による130件の通報対応を説明
日遊協
日遊協、女性活躍推進アンケートの調査結果を発表
九州5団体 (1)
九州の5団体、旧規則機の適正処理で結束

風適法の射幸性管理で高井議員が内閣に質問書

維新の党所属の高井崇志衆議院議員が3月3日、「ぱちん遊技機の射幸性管理に係る規制の在り方とのめりこみ・ギャンブル依存症問題の関係に関する質問主意書」を国会に提出。

高井議員は同質問主意書の中で、一連の遊技くぎ問題がパチンコ産業のヘビーユーザー化を加速させているとして、以下について質問している。

「検定機と性能が異なる遊技機を検定機と称して出荷したメーカーに適用される罰則の内容」
「ホールが遊技くぎを著しく射幸性をそそるおそれのない範囲で調整するために申請した変更承認は認められるのか」
「遊技くぎ問題で警察庁から日工組への調査依頼が事実である場合は、日工組からの報告の形式や、これを記録した行政文書の有無、情報公開制度に基づく開示請求の可否など」
「違反行為を行いながら検定を取り消さないこともあるのか、また、それはどのような場合か」
「営業中の稼働データから射幸性基準に係る遊技機性能を機械的に計算し、表示・監視する装置の遊技機に対する取り付け義務を設ける必要性」
「遊技くぎ問題の全体像を把握するためのメーカーに対する報告請求、および警察職員による詳細な検査の必要性」について政府の見解を求めている。

なお、1月19日に同じ維新の党の初鹿明博衆議院議員からも、同問題に関する質問主意書が内閣府に提出されており、内閣からは「日工組から、今後、回収を進めるとの報告を受けている」との回答が出されている。

 

提供元:プレイグラフ

Page Top