最新記事一覧

05-622x650
名機プレイバック-2008
石川県遊協、組合諸経費の免除案を決議
21世紀会が営業再開時のガイドライン
検定情報
遊技機検定情報(5月18日東京都公安委員会告示第170号)
Kaikaが休業中の従業員にアンケート

遊技機取扱技能研修センターを設立

一般社団法人遊技機取扱技能研修センターは10月10日、東京台東区の東遊商事務局で設立記者会見を開催。

同センターは、第三者的な視点から「プロの取扱主任者」の育成を目的とした教育機関。設立日は10月1日で、東遊商から委託される形で遊技機取扱主任者講習を行っていく。

代表理事は、元警視総監で日本盲導犬協会会長の井上幸彦氏、理事には元日遊協専務理事の篠原弘志氏と東遊商理事長の中村昌勇氏、監事は弁護士の坂東司朗氏が務める。中村理事は設立の経緯について、「目的は取扱主任者の地位向上。“内輪”のチェックでは、いつまでも確立した技能として認められないため」と説明。

井上代表理事は「複雑化する遊技機の構造への対応など、より高度な技能習得の必要性が高まったため」と述べた。従来との違いについては、「試験と合否判定のみだった組合内部と異なり、センターでは講習と指導を行った上で効果測定を実施(期間は1日)。確実にスキルアップできるシステム」と紹介。

今後、活動を全国に広げていく意向を示した。なお、当面の活動として、2020年1~3月にかけて、東遊商加盟の販社に所属する約1300人の対象者に研修を行う予定。

技能研修センター03 技能研修センター01 技能研修センター02

提供元:プレイグラフ

Page Top