最新記事一覧

FireShot Capture 421 - [製品PV]P戦国乙女6 暁の関ヶ原 - YouTube - www.youtube.com
RUSH突入が近づく主要演出はコレだ!! 『P戦国乙女6 暁の関ヶ原』解析特集
日遊恊02
日遊協が第5回広報担当者フォーラム
検定情報
遊技機検定情報(9月23日東京都公安委員会告示第279号)
大阪府遊協車両1
大阪府遊協、パトロール車両を7台寄贈
遊技機製造販売4団体が、ホール5団体に要望書

新台ウッテミタ『パチスロ真・北斗無双』! 〜4周期ヒット後は3連確定!?〜

00013249

▼機種情報『パチスロ真・北斗無双』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=5788

久しぶりの新台ウッテミタシリーズ。今回は、導入直後の『パチスロ真・北斗無双』を打って来たので、そのお話を。

まず打つにあたって、有利区間の動きなども知らず、今回の実戦でどうなるのか。そこが第1の注目点。高純増マシンなので、北斗天昇のように特徴的な動きをするのではないかと勝手に予想しています。あとは、出玉の波とか設定が読めるのかどうかについて注目していきたいと思います。ではでは、実戦編へ。覚悟はいいかぁ!?

1

座ってまず、この辺りかなぁと思われるところをパシャ。有利区間判別。この筐体の場合、有利区間に移行すると恐らくドットが付くと思ったので。通常時から有利区間ドットが付くタイプかどうか。

2

1G回すと「WIN」の右下にドットが点灯。有利区間に移行した合図ですな。あとは、このドット(ランプ)がいつ消えるか。北斗天昇の場合、消えるタイミングが初回激闘ボーナス後1G回したときだったので、CZやAT終了後すぐ消えるのかそれとも1G後なのか、あるいは違うのかその辺りは要注目。

3

ゲーム性は機種ページや前回の特集を見てもらうとして、ここからは実戦模様を中心に。

通常時は1周期50Gの周期抽選を経てCZ「制圧ゾーン」やAT「夢幻闘舞」に突入となりますが、その周期抽選に影響を及ぼす内部モードが4つ。

・通常モード……基本のモード、天井は12周期
・好機モード……次回上位モードのチャンス、天井は9周期
・無双モード……上位CZ「真制圧ゾーン」以上が確定、天井は3周期
・夢幻モード……AT直撃の期待度大幅アップ、同モードループのチャンス、天井は4周期

モードごとに周期の振り分けがあるのか、あるいは当たった周期でモードを特定できるのか。

リセ後はヒロインゾーンから開始。20G経過後、以後1周期50Gがスタートとなり、それを繰り返す。

4

初当たりは、投資6000円、220GでCZへ。4周期目でヒットか。悪くなさそうな予感。

CZ中ジャギが参戦しKOポイントを7780Pまで貯め、上から4番目の「ケンシロウ・ラオウVSヒョウ・カイオウ」のドリームマッチへ。

これを無事突破し、ATへ。青7が揃ってATがスタート。

5

仲間はラオウ。頼もしい。対戦相手は狂乱カルテット。一番弱いグループ。これはイケるんちゃう。

順調に勝利を重ね、狂乱カルテットを撃破。最後はラオウとのバトル。ラオウは最強だからなぁと期待せず見守ると、やはり敗北。だよね。

1G純増約8枚だから早いっちゃあ早い。七星バトル中は現状維持だけど特にそこは気にならない。獲得枚数は441枚。

6

するとここでトロフィー出現。く、く、黒! 物語シリーズセカンドから搭載された黒トロフィー。次回AT後に銅トロフィー以上に化けるため、つまりは設定2以上が確定。やはり朝イチ1000G以内はトロフィーが出やすいのかも。さて、何に化けるやら。どうせ、銅でしょうけどね。

有利区間ランプもチェック。消えず。ヒロインゾーンに移行し1G回しても消えず。ということは有利区間は継続。こ、この動き!?

7

早い当たりを期待しながらプレイ続行♪

次も当たりは4周期目の218G。CZ。突破しATへ。このATも先ほど同様、仲間ラオウ、相手は狂乱カルテット。そしてまたもや4戦目のラオウに敗北。デ、デジャブ!? 有利区間ランプは消えず。継続。

そして気になる黒トロフィーは……。

8

まさかの、銀。ということは設定3以上が確定。てっきり銅が出てくると思ったら、南斗なんとの銀! ホールで一番使われないと思っている設定3だから、きっと設定4以上のはず!

高設定の期待度がアップしたところで、次の当たりも4周期目。219G。これで4周期ヒットが4連発。今度はAT直撃。仲間ラオウ、相手は北斗琉拳。4戦目のラオウに敗北。有利区間ランプは消えず……と思いきや、通常ゲームのヒロインゾーンに移行し1G回したのち消灯。ここで有利区間がリセット。なるほどなるほど。

まだ、なんとも言えないけど、この4周期ヒット3連発は、夢幻モードのループっぽいような。どうだろ。

9

有利区間もリセットされたし気を取り直して、次の初当たりを目指す。

4周期でまたヒットすればいいなぁと思いつつも、あっさり4周期をスルー。そして通常モードの天井、12周期まで連れていかれる。631GでCZ。

ステージ移行するごとにセリフをチェックしてたんだけど、雑魚とアインばっかで嫌な予感はしてたんだ。9周期目からは、ラオウ、ラオウと急に強いセリフが発生したけど、このセリフ判別はそこそこ信頼できるのかも。さっきの4周期ヒット3連発のときも、リンだったり、カイオウだったり、ユリアだったりと、3周期以内で当たりそうなセリフが出てたし、このセリフ判別は結構使えるのかも。

ちなみに、ステージ移行画面でPUSHを押して発生するセリフの特徴はこんな感じ。

・雑魚「いやっはー!」……基本パターン
・雑魚「おらおらおらー!」……基本パターン
・雑魚「やっちまえ!」……基本パターン
・雑魚「おらおらおらおらおら!」……基本パターン
・バット「俺はケンを継ぐ者だ!」……好機モード以上の期待小、3周期以内のCZ期待小
・アイン「頼むぜわが愛しのゲンコツよ!」……好機モード以上の期待小、3周期以内のCZ期待小
・ケンシロウ「北斗は滅せず!」……好機モード以上の期待中、3周期以内のCZ期待中
・ジャギ「オレ様の名を言ってみろ!」……好機モード以上の期待中、3周期以内のCZ期待中
・トキ「激流を制するのは静水」……好機モード以上の期待中、3周期以内のCZ期待中
・ラオウ「なんぴともこの俺を止めることはできぬ!」……好機モード以上の期待中、3周期以内のCZ期待中
・リン「あきらめちゃだめ!」……好機モード以上濃厚、3周期以内のCZ期待中
・マミヤ「ヒュウ!お見事」……好機モード以上濃厚、3周期以内のCZ濃厚
・アイリ「もう兄さんったら」……好機モード以上濃厚、3周期以内のCZ濃厚
・ユリア「待ち続けるのが私の宿命 そしてケンとの約束!」……好機モード以上濃厚、3周期以内のCZ濃厚、次回上位CZ濃厚
・シン「力こそが正義 いい時代になったものだ」……次回上位CZ期待大
・サウザー「この体には北斗神拳はきかぬ!」……次回上位CZ期待大
・カイオウ「真の北斗は北斗琉拳」……次回上位CZ濃厚
・影のケンシロウ「知っていよう 北斗神拳はこの程度ではないことを」……幻影試練濃厚

通常モードの天井から突入したCZは、KOポイント7500から「ケンシロウ・ラオウVSヒョウ・カイオウ」に発展するもダメ。ここで、有利区間はリセット。

10

次は、3周期でヒット。上位CZ「真制圧ゾーン」へ。3周期でヒットした時点で、無双モードの予感がしてたんだよね。そしたらやっぱり真制圧ゾーン。通常の制圧ゾーンより期待度が高いだけにここは突破したい。

けれども……突破できず。KOポイントを7390まで貯め「ケンシロウ・ラオウVSヒョウ・カイオウ」に発展するも敗北。有利区間は……継続! ヨシッ!!

ここでの有利区間継続はどうなるのか。期待していると、当然当たってくれるだろうと思っていた3周期、4周期をスルー。まさか上位モードをスルーするとはね。有利区間が継続したからといって上のモードが確定するわけじゃないのね。通常モードの天井もあり得るのか。高純増マシンだし、完走までの有利区間は300G程度あれば十分だろうからあってもおかしくはない。やだなぁ、620Gまでハマるのは。出玉も飲まれ、追加投資してるし。

当たったのは428G。CZ。8周期目。9周期だったら好機モードの天井かと予想できるけど、8周期ってどっちなんだろ。通常モードなのか、好機モードなのか。このCZはKOポイント6470で、「ラオウ・トキVSシン・サウザー」へ。お願いしますと祈りながらBETを押すも敗北。有利区間はリセット。

敗因を考えると、ヒットした8周期までに効果的な宝箱や巻物を獲得できなかったのが痛い。1000ポイント到達でもらえるアイコンは結構重要で、そのためにも「幻闘への道」への突入や周期中のカルマレベルがかなり大事だ。引けなかった自分が悪いのはわかってはいるんだけどさ。しかしまぁ、この台、ほんとに高設定か。もしかしたら銀止まりの設定3だったり?

11

なんだか雲行きが怪しくなってきたところで、次の当たりは前回と同じ8周期。424GでCZへ。打っているときの心境としては、とりあえず3周期でヒットしてくれ。3周期をスルーしたときは4周期でお願い。そんな感じで3周期4周期がキーポイントとなってくる。その4周期を超えると、今度はどこまで連れていかれるんだろうと嫌な汗が出てくる。

打ちながらスマホで情報を集める。この挙動がいいのか悪いのか。不安になってきたからだ。データ公開サイトで様々なホールを見てみる。すると、4周期をスルーすると8周期以上連れていかれやすいようで、いかに3or4周期でヒットさせるかが重要っぽい。この機種は、レア役からCZやAT直撃がないので、当たったゲーム数を見れば何周期で当たったか特定できる。そこからモードを推測し、どんな感じでモード移行しているかをチェックしていると、低設定っぽいデータは630G付近の通常モード天井4連発なんてのがあったりと、低設定は下のモードが選ばれやすくなおかつCZを突破しにくそう。逆に高設定は上位モードが選ばれやすくハマったとしてもCZを突破しやすい感じ。となると、目の前のこの台はその間、中間設定くらいが妥当なところか。

次に当たったのは424G。8周期。CZへ。KOポイントは6850で、なんとか突破し数時間ぶりのATへ。ここまでの投資は29000円。6号機でこの投資は結構キツい。設定3以上は確定しているから閉店コースは変わりないけど、いくら勝つかというよりいくら負けるかという戦いになりそうで怖い。最悪、この台が設定3だったとしても出率は101.5%ある。今ここでヤメるという決断はあり得ない。退かぬ媚びぬ省みぬ!

12

このATが伸びる伸びる。初回は、仲間トキ、相手は北斗琉拳。これを突破し、トキも倒す。ついに初の5戦目へ! これまでずっと4戦目のラオウに負けてたからね。

次は仲間ジャギ、相手は狂乱カルテット。これも突破し、当然ジャギも倒す。よしよし。

残るのはラオウのみ。当然次の仲間はラオウ、VS南斗聖拳。これも無事突破し、いよいよラオウと対決へ。でも、長兄はやはり強し。敗北。ま、ラオウなら諦めもつく。862枚。有利区間はリセット。

箱に手が届き、ちょっと一安心。反撃の狼煙となるのか、あるいはズブズブの展開が待ち受けてるのか。

13

次の当たりは、4周期。219G。CZ。4周期ヒットということは朝イチと同じ流れ。これはなんとかものにしたい。

すると当然のごとくCZ成功。ATは、仲間ラオウ、相手は北斗琉拳。4戦目のラオウとの対決に敗北し406枚。有利区間は継続。この流れもまた朝イチと同じ。

次は4周期、212G、CZ。やっぱり突破しATへ。このATスタート時、初の白7が揃う。PUSHして出てきたのは無双ストック×3。お! これはかなりアツい!

というのも、4周期ヒットからのATはすべて4戦目のラオウに敗北していたため、ラオウとのバトル中に無双目でも引かないとダメかなぁと思ってた。そんなところに望外の勝利ストック3個! これでラオウにも勝てるはず。

でも、どうなんだろ。勝利ストック3個はVS狂乱カルテットで使ってしまうのか、あるいは敗北したときに初めて使うのか。敗北したときに初めて使うというならストック3個というのは威力がデカすぎる気もする。それに、敗北時に使用する女人像ストックという別のアイテムも存在するから、う〜ん違うのかも。となると、乱撃チャンス中に無双目を引いて勝利ストックをもう1発なんとかゲットせねば。

そんな思惑で、1ゲーム1ゲーム丁寧にレバーを叩く。順当に、ハート、ユダ、残り2人を倒す。最後の相手はラオウ。勝利ストックは生きているのか!?

……チーン、敗北。だよね。結果いつもの4戦目敗北で、いつもよりちょっと少ない371枚。有利区間は継続。

14

次もまた4周期でヒットするんだろうなと思っているとやっぱりそう。225G、直撃AT。これもまた仲間ラオウで相手は狂乱カルテット。そしていつものように4戦目にラオウに敗北し463枚。ここで有利区間はリセット。

この4周期ヒット。なんとなく見えてきた。220Gで確定CZもしくは直撃ATとなり、ATは4戦目で敗北。獲得は400枚前後。それを3回繰り返すと有利区間がリセット。これが夢幻モードの特徴っぽい。200枚使って400枚獲得、それを3回だから、夢幻モード突入でプラス600枚くらいのイメージ。ネットのデータを見ていると、4周期ヒットはAT4戦目敗北となり、それを3回繰り返している。かなり特徴的な動きと言える。しかしまぁこれだけ4戦目敗北が続いているということは無双目を引いてもラオウを倒せないのか。

15

なんとなくモードの流れが見えてきたところで、次の当たりはまたもや4周期! これはアツイ!

210G。CZ。予想通り、CZからATにつながり、ATは4戦目敗北の444枚。有利区間は継続。
次は、220G、直撃AT、ATは4戦目敗北の357枚。有利区間は継続。
その次は、224G、直撃AT、ATは4戦目敗北の446枚。有利区間はリセット。

北斗神拳、見切ったり! 有利区間移行後の夢幻モード1発目はCZ経由でATが確定。夢幻モード2発目3発目はAT直撃もしくはCZ経由でATへ。AT3回で有利区間はリセット。もう流れは読めた。ということはだ。有利区間リセット後、4周期目にCZに突入すればその時点でAT3連発の夢幻モードが確定ということ。こりゃあ、4周期終盤は液晶から目が離せないですな。

16

その後の展開は、順調そのもの。8周期でCZ、8周期でCZが続くも、どちらも突破しATへ。AT1戦目敗北などもあったけど、それはヒキによるところだからしょうがない。その次で729枚獲得できたので、いってこい。

その次は3周期から上位CZ。これを突破しATへ。ATは4戦目にラオウに敗北し549枚。有利区間が継続となり、その次はまさかの1周期ヒット。これは初パターンだったのでどうなるかと思いきや、再びの上位CZ。これを突破できず、有利区間はリセット。

次は、9周期でCZ、9周期でCZと2回連続で深いところまで連れていかれる。しかしながら、どちらもCZを突破し、ATも2回目のほうはVS影のケンシロウまで到達し、1171枚獲得。影のケンシロウは倒せれば真・無想転生ラッシュに突入するためハードルはかなり高いと予想。なので、倒せなくてもまぁしょうがない。

そして、ここで金トロフィーが出現。やっぱり! 序盤こそ投資投資で苦しんだけど、中盤以降は右肩上がり。高設定だと思っていたんだよね。これで設定4以上が確定。あとは、さらに上が期待できるのか、時間の許す限りブン回すとしましょうかね。北斗天昇みたいに答え合わせができるんだったらいいなぁ。

17

3周期目突入のステージ移行でマミヤのセリフ。つまりは3周期以内のCZが濃厚。ということはこの3周期目がとても重要。3周期でヒットなら無双モードで上位CZ。4周期なら夢幻モードでATが確定。ならば、この3周期目はスルーし、ぜひとも4周期で当たってほしい。

どうか当たらないでくれ。そう祈りながら見守っていると、無事3周期目をスルー。この時点で4周期ヒット=夢幻モード=AT3連発が確定。と勝手に解釈。下皿のメダルを箱に移し準備を整え、恐らくこの日最後になるであろう戦いが始まる。

無事4周期目にCZからATに繋がり、ATは4戦目で終了。当然、有利区間は継続。続いて3周期ヒット→AT→有利区間継続、3周期ヒット→AT→4戦目ラオウに敗北となる予定が、ここで思わぬ自体に。

18

AT4戦目、ラオウと戦うはずが、まさかの影のケンシロウ。な、なに、このパターン。これは内部的に勝利が確定していて、このバトルにも勝利し、真・無想転生ラッシュへと昇格するパターン!? もしかして、有利区間完走までいっちゃうパターン!? 脈拍が一気に上がる。

どうなの。どうなの。

……チーン。敗北。だよね。夢幻モードだもんね。4戦目敗北がデフォだもんね。ま、最後にいい夢見させてもらったよ。

1G回して、長かった激闘の刻は終了。獲得枚数は4009枚。序盤29000円投資からの大マクリ! 銀トロフィーを信じて良かったよ、ほんと……。

G数 当選 周期 備考 有利区間
220 CZ 4 投資6K  
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 441枚 黒トロフィー 継続
218 CZ 4    
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 422枚 銀トロフィー 継続
219 AT 4 VS北斗琉拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 450枚 リセット
631 CZ 12   リセット
168 CZ 3 投資3K 真制圧ゾーン 継続
428 CZ 8 投資10K リセット
424 CZ 8 投資10K  
1 AT   VS北斗琉拳 仲間トキ 4戦目トキに勝利  
    VS狂乱カルテット 仲間ジャギ 4戦目ジャギに勝利  
    VS南斗聖拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 862枚 リセット
219 CZ 4    
1 AT   VS北斗琉拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 406枚 継続
212 CZ 4 AT開始時白7揃いで無双ストック×3  
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 463枚 継続
225 CZ 4    
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 463枚 リセット
210 CZ 4 VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 444枚 継続
1 AT      
220 AT 4 VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 357枚 継続
224 AT 4 VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 446枚 リセット
428 CZ 8    
1 AT   VS北斗琉拳 仲間ジャギ 1戦目ヒョウに敗北 262枚 リセット
424 CZ 8    
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間トキ 4戦目トキに勝利  
    VS北斗琉拳 仲間ジャギ 3戦目ハン&シャチに敗北 729枚 リセット
170 CZ 3 真制圧ゾーン  
1 AT   VS北斗琉拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 549枚 継続
68 CZ 1 真制圧ゾーン 継続
471 CZ 9    
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 450枚 リセット
473 CZ 9    
1 AT   VS狂乱カルテット 仲間ジャギ 4戦目ジャギに勝利  
    VS南斗聖拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに勝利  
    VS北斗琉拳 仲間トキ 4戦目トキに勝利  
    VS影のケンシロウに敗北 1171枚 金トロフィー リセット
223 CZ 4    
1 AT   VS北斗琉拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 557枚 継続
219 AT 4 VS北斗琉拳 仲間ラオウ 4戦目ラオウに敗北 357枚 継続
219 AT 4 VS北斗琉拳 仲間ラオウ 4戦目影のケンシロウに敗北 398枚 リセット
1 ヤメ      
通常時ゲーム数 6305
CZ&AT初当たり回数 22 (1/286.6)
総投資 29000円
獲得枚数 4,009
差枚数 2,646

今回の実戦データから特徴的な部分を振り返ってみると、

・4周期ヒットは夢幻モードとなりATにもれなく突入、そのATは仲間がラオウで4戦目に必ず敗北
・夢幻モードは3回が1セット(220G付近での当たりが3回続く)
・3周期ヒットは無双モードとなり上位CZへ
・有利区間が継続したのは夢幻モードと無双モードでのみ確認
・無双モードで有利区間が継続した場合は1周期ヒットと8周期ヒットあり(深いハマリもあり)

とまぁこんな感じで、特に夢幻モードが3回1セットになっている点は要チェック。もし、220G付近からATに突入し即ヤメしてあったら、前回前々回の履歴を確認し、夢幻モードの残りがあればおこぼれをという感じでしょうかね。

打っていて感じたのは、プレイが非常にスムーズということ。この筐体はスライドストップがかなりやりやすく、中リールにドラム缶さえカバーしていれば左と右は適当打ちでいいので、中リールにドラム缶を狙うタイミングで左からスライドさせれば非常に楽ちん。北斗天昇やリゼロも同じやり方で小役の取りこぼしを防げるんだけど、ボタンの反応と軽さはこの筐体が最強クラス。もう長い間このレバーとボタンに触れているから馴染んじゃってるっていうのもあるんだろうけど。

通常時は周期消化以外で当たらないので退屈に感じるかもしれないけど、周期到達後のCZはそれまでに獲得したポイント、つまりは宝箱や巻物によって大きく左右されるので、カルマレベル上がれとか幻闘への道へ突入しろとか脳内応援団は結構忙しい。ポイント1000P到達時に獲得するリーチアップ強や仲間参戦などは威力が強力なので、リゼロ以上にアイテム集めに意識が向きやすいかなと。

実戦後もネットでデータを漁っていると、これぞ設定6というべき右肩上がりのスランプグラフを発見。それ以外にも高設定ぽいデータは結構あって、高設定は夢幻モードにいきやすく、ハマってもCZを突破しやすい印象を受ける。設定6なんてCZ突破率が85%くらいあってもおかしくなさそう。

今回の実戦では通常モードの天井到達は1回のみ。低設定を見切るポイントはここかと思っていて、630GでCZ突破できずは1回でギリセーフ、2回ならヤメてもいいかもしれませんな。

19

最後に、入手した最新情報を。

まずは、設定1の小役確率。

小役確率(設定1)
小役 確率
押し順15枚役 1/1.5
チャンス目 1/6.1
押し順真図柄 1/7.1
共通真図柄 1/144
ドラム缶 1/89
押し順無双目 1/233
共通無双目 1/377

押し順真図柄、押し順無双目は、押し順により「リプレイ」or「15枚役」or「真図柄or無双目」のいずれかが出現。

20

通常時のステージは毎周期開始時に決定。ステージ選択率とステージ別特徴は以下のとおり。

・不毛の荒野(選択率39.1%)……初期カルマレベル0
・拠点への潜入(選択率35.9%)……初期カルマレベル5
・無法者の街(選択率25%)……初期カルマレベル10

無法者の街はカルマレベル10からスタートするためちょっとお得。ステージの抽選は前回と同じものが選択された場合、以下のような特殊処理が行なわれます。

・「前回も今回も不毛の荒野」なら今回は拠点への潜入に変更
・「前回も今回も拠点への潜入」なら今回は不毛の荒野へ変更

前回も今回も無法者の街の場合はそのまま今回も無法者の街となります。つまり、無法者の街のみ連続で出現する可能性があるというわけです。

カルマレベルUP抽選の振り分け
レベルUP 真図柄 無双目 ドラム缶
レベル2 82.8%
レベル3 31.6%
レベル5 34.4% 25.0%
レベル10 32.8% 37.5%
レベル20 1.2% 37.5% 17.2%

通常時は成立役に応じてカルマレベルのUP抽選を実施。ドラム缶はレベル2もしくはレベル20昇格。

カルマレベルは色とレベルがリンク。白はレベル0〜19、青はレベル20〜39、黄はレベル40〜59、緑はレベル60〜79、赤はレベル80〜99、紫はレベル100〜199、キリン柄はレベル200。

カルマレベル別ポイント振り分け
ポイント カルマレベル
キリン柄
30 98.1%
50 69.4% 38.2%
100 25.2% 44.0% 43.1%
200 3.1% 12.4% 24.6%
300 0.8% 3.1% 12.3% 42.1%
500 0.4% 0.8% 12.3% 28.2%
1000※ 1.2% 1.6% 7.7% 29.7% 100% 100%

カルマレベルの色によって周期終了時に獲得できるポイントが変化。キリン柄は女人像の獲得が濃厚のようです。表中のポイント「1000※」のところは1000Pもしくはアイテムを獲得となります。累積1000P到達ごとにアイテム獲得となりますが、カルマレベルから直接アイテムが獲得できることもあります。

アイテムの種類と特徴は以下のとおり。

・1000P……1000Pでアイテムルーレットからアイテムを獲得
・リーチアップ弱……CZの連続演出が1段階以上アップ
・リーチアップ強……CZの連続演出が2段階以上アップ
・ジャギ……CZ中ジャギ参戦
・トキ……CZ中トキ参戦
・ラオウ……CZ中ラオウ参戦
・集結……CZ中ジャギ&トキ&ラオウ参戦
・風……CZ最後のゲームでリプレイならAT確定
・雲……CZ最後のゲームで押し順発生ならAT確定
・海……CZ最後のゲームでチャンス目ならAT確定
・女人像……敗北時復活(CZで使わなければATへ持ち越し)
・制圧ゾーン……CZへ
・真制圧ゾーン……上位CZへ
・夢幻闘舞……ATへ
・幻影……幻影試練へ
・アラジンA……ATへ(完走の期待大)

21

カルマレベルはレア役でUPしますが、中でも出現率が変動する真図柄が重要です。

真図柄は、真モードと呼ばれる内部モードで管理。真モードは、押し順真図柄や押し順無双目成立時に、真図柄や無双目を出現させるか、あるいはリプレイや15枚役を出現させるかを決定します。

真モードは全5種類。特徴は以下のとおり。

・真モードA……真図柄や無双目をナビする確率「低」
・真モードB……真図柄や無双目をナビする確率「10%」
・真モードC……真図柄や無双目をナビする確率「25%」
・真モードD……真図柄や無双目をナビする確率「50%」
・真モードE……真図柄や無双目をナビする確率「100%」

通常ゲームスタート時に、真モードを決定します。

真モード振り分け
真モード 振り分け
A 61.7%
B 13.3%
C 6.6%
D 6.6%
E 11.7%

この表は真モードの振り分け表。真モードEからスタートすることもあります。真モードはチャンス目出現ごとにA→B→C……と昇格し、真図柄が出現しやすくなっていきます。

真モードは、真図柄をナビしたあとモード移行抽選が実施されます。それを左右するのがナビループモードです。ナビループモードは、真図柄をナビしたあとその後の真モードを決定する「真モード移行を司るモード」で、真モード同様、通常ゲームスタート時に決定され、振り分けは、ナビ10%ループモードが67.6%、ナビ67%ループモードが30.1%、ナビ89%ループモードが2.3%となっています。

ナビループモードによる真モード移行率
移行先 ナビループモード
10%ループ 67%ループ 89%ループ
真モードA 61.7% 16.8% 3.9%
真モードB 13.3% 7.0% 3.1%
真モードC 6.6% 4.3% 2.0%
真モードD 6.6% 4.3% 2.0%
真モードE 11.7% 67.6% 89.1%

この表はナビループモードごとのモード移行率。ナビ89%ループモードなら89.1%で真モードEへ移行するなど、そのループ率の数値が真モードEへのおおよその移行率を示しています。

ナビループモードは、真モードE中のチャンス目で昇格が期待できます。ナビ10%ループモード中なら、30.1%でナビ67%ループモードに、2.3%でナビ89%ループモードに昇格。また、ナビ67%ループモード中なら、17.2%でナビ89%ループモードに昇格となります。真図柄のナビが連発するようならナビループモードが67%もしくは89%が濃厚です。このナビループモードは、真モードEが当選しなかった場合転落となります。

22

通常時のオアシスとも言うべき幻闘への道。ここへの突入は、無双目とドラム缶で抽選がされます。当選率は、無双目が67.2%、ドラム缶が17.2%。

23

CZ確定後、BAR揃いまでの準備中は、ATへの昇格抽選が実施されます。無双目なら昇格確定、それ以外のレア役は1.6%で昇格。

24

CZ前半終了時のリザルト画面。獲得しているKOポイントが後半の連続演出とリンクします。演出別期待度は以下のとおり。

・999P未満……悪魔封印の刻:AT確定!?
・1000〜1999P……一撃当千チャンス:期待度約50%
・2000〜2999P……哀しき聖塔:期待度10%未満
・3000〜3999P……暗殺拳とは:期待度10%未満
・4000〜4999P……ケンシロウ・ジャギVSマッドサージ・カーネル:期待度約10%
・5000〜5999P……ケンシロウ・トキVSシン・サウザー:期待度約15%
・6000〜6999P……ラオウ・トキVSソリア・ファルコ:期待度約28%
・7000〜7999P……ケンシロウ・ラオウVSヒョウ・カイオウ:期待度約50%
・8000〜8999P……裏切りの南斗聖拳:期待度約80%
・9000〜9999P……運命の女:期待度約93%
・10000P以上……悪魔封印の刻:AT確定!?(5%で女人像獲得ただし12000P以上なら獲得確定)

「哀しき聖塔」と「暗殺拳とは」は、五車星獲得の大チャンスとなり、33.2%で五車星を獲得(だいたいの振り分けは風:雲:海=2:1:1)。五車星を獲得していればCZの最後に成立役によるAT自力当選もあるのでアツいです。またこの五車星とは別に連続演出中は勝利書き換え抽選もやっていて、無双目なら勝利書き換え、それ以外のレア役なら1.6%で勝利書き換えとなります。ちなみに、勝利確定の連続演出中はその確率で無双ストックを獲得します。

25

ATは7揃いを経てスタートとなりますが、基本は青7揃い。白7が揃えば無双ストックが1個以上確定します。その振り分けは、無双ストック1個が46.9%、2個が38.7%、3個が11.3%、4個が3.1%。実戦中3個獲得がありましたが、結構レアなところだったんですな。

ATスタート時に白7が揃うかどうかは、狙え演出の押し順によって期待度が変化します。右から7を狙えの場合は、白7揃いは11.2%に対し、中から7を狙えの場合は24.3%にまで期待度が上昇します。

また、AT開始時は様々な抽選も内部で実施されます。謎ストックと呼ばれる無双ストック同様の勝利ストックを獲得できることもあります。その割合は謎ストック1個が25.0%、謎ストック2個が0.4%。さらに、これとは別に0.4%で女人像の獲得も期待できます。

26

ATの序盤「乱撃チャンス」中の抽選について。

乱撃チャンス中は成立役に応じて無双ストックを抽選。当選率は、無双目なら100%、その他レア役は1.6%、リプレイなら0.8%。

また、乱撃チャンス中は五車星参戦も抽選。五車星が七星バトル中に参戦すれば保証ゲーム数終了後でも敵攻撃による敗北がないばかりか、対応役成立で自力突破できるだけに大チャンス。五車星の対応役は、風がリプレイ、炎が真図柄、山がドラム缶、海がチャンス目。

乱撃チャンス中の五車星参戦抽選
振り分け 真図柄 ドラム缶 チャンス目
非当選 69.9% 90.2%
28.7% 1.6%
47.1% 5.9%
19.1% 30.1% 1.6%
5.1% 0.8%

この表はレア役別の五車星参戦当選率。リプレイ対応の風は、真図柄からの当選がメイン。

五車星参戦中は押し順15枚役で退場を抽選。退場当選率は、風が25.0%、炎が30.1%、山が5.1%、海が12.5%。退場するまでになんとか対応役を引きたいところです。

27

以上が今回お届けできる最新情報となります。

本機もまた6号機あるあるの「高設定は安定して出る」傾向が強いようで、楽しい無双ライフを送るためにもより良い状況の中に身を投じたいものです。有利区間リセット後、3回に1回程度で夢幻モード(AT3回1セット)に行くような台が狙い目で、夢幻モード以外でもCZ突破率が高い台は打つ価値ありと考えてます。導入台数が少なく設置がバラエティーコーナーだったりと状況は厳しめかもしれませんが、そのぶん競争はぬるくライバルは少ない印象を受けます。まさかのときに備え、データの見方くらいは覚えておくといいかもしれません。

※ページ内の数値&情報は独自調査

 

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOM-620
(C)2010-2013 コーエーテクモゲームス
(C)Sammy

Page Top