最新記事一覧

検定情報
遊技機検定情報(10月19日東京都公安委員会告示第320号)
セガサミースポーツ2
セガサミーHD、スポーツ応援企画をスタート
MIRAIぱちんこ (1)
MIRAIが設立総会、東野氏と加藤氏が代表理事に
日遊協
日遊協「女性活躍推進フォーラム」が始動
サミーネットワークス_超ディスクアップ
サミーネットワークス、「超ディスクアップ」を販売

ダイコク電機、遊タイムの活用法などについてセミナー

ダイコク電機は9月1日から、同社初となるオンラインによる「ダイコク電機 MIRAIGATE2020 Web展示会&セミナー」を開始。同1日は、DK-SIS室の片瀬宏之室長とMIRAIGATE-SIS統括部の服部祐治上席講師が講演した。

片瀬室長は、同社のユーザーデータから、直近1年でリリースされたライトミドルタイプ(38機種)の1回の平均投資金額上位10機種を紹介。「1位が『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』で9310円。2位が『PモモキュンソードMC』で9000円。ともに投資金額が9000円を超えており、遊タイムを目指している裏付け」と述べた。

その上で、「Pぱちんこ仮面ライダー轟音」(低確率時950回転で遊タイム発動)を元に、損益分岐11割、スタート52.8回/10分でシミュレーション。アウトが3~4万個を超えている新台の導入開始時には、リセットしないことを推奨しつつ、「1万5000個を下回ってきた場合、300回転以内に遊タイムが発動する台は、リセットをかけないと、玉粗利がマイナス0.21円となり、赤字に。アウト1万5000個を分岐点に、遊タイムまでのスタート回転数に注意して、営業すべき」と結論づけた。なお、同展示会とセミナーは、同15日(土日除く)まで行う。

提供元:プレイグラフ

Page Top