Mission Complete

ミッションコンプリート!「完遂」って表示される時が好きやったな。エヴァの良さは数えきれないくらいあったけどそれを全部失ってもうた。というより捨てちまったよバカビスティが。SANKYOが作ってんのか、ビスティが作ってんのか知らん。けどそんなんどっちでもええ。昔のエヴァを返せ。

 

正月にミカドを訪問し釘調整を見た瞬間、初打ちは1月4日にしようと決めていた。「あん!」お前、元旦の投稿でまだ全然決まってねえと書いてたじゃないかって?もちろん2日や3日に打てる環境があれば手を出すに決まってる。それが無かったんだからしょうがないし、内心は4日になりそうな気配は濃厚だったけど、その時点では何も確定していないからね。本日1月4日はミカドの月イチイベントでございます。誰も来ないやろとたかをくくってたのに、到着すれば整理券は420番。中に入ると、慶次は埋まってる。エヴァに空き台が1台だけあったのでそれを確保して、サスペンスを見に行く。駄目だこっちは開いていない。今日はエヴァしか手がなさそうだぞ。


こともあろうに、新年1発目が極悪商人の片棒を担いだ、極悪仕様のエヴァンゲリオンですか。

 


今日はエヴァンゲリオンについて語ってみよう。元々私がエヴァンゲリオンに関心を寄せたのは、タイホウ熱田店時代に、エヴァしか打たない夫婦に出会ったから。このブログではエヴァ夫婦とお呼びしている。二人の共同作業とはいうものの、この夫婦はそれそれは「熱いエヴァパチンカー」だった。エヴァンゲリオンのことを語らしたらこの二人の右に出る者はいない。彼らの会話を聞いてるうちに、ちょっとやってみたくなった。初代は結局一度も打つことはなかったが、2作目のセカンドインパクトではちょこちょこお世話になるようになった。

 

打ってみて驚いた。案外面白い。135並びとマトリエルとサハクイエルが斬新だった。

 

確変中の、ストーリーリーチは確変当たり確定。時短中のストーリーリーチは大当たり確定。
時短中のモード移行は大当たり確定。
時短中の警報は出るだけで激熱。警報からのミッションモード移行は大当たり確定。
時短中の金枠ステップアップはロング発展確定。
時短中に当たりを引いた時は「逃げちゃだめだ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ」がよく出てきた。従って時短中に、ちっちゃなシンジ君の顔が出てきたときは心臓バックバクだった。

 


セカパクかキセカチまでがエヴァンゲリオンが輝いていた時代でしょうかね。キセカチでは「次回予告」が追加されたけど、この演出はない方が良かった。パターン青使徒です。シンジ君の擬似連。背景レイ。金枠ステップアップ。初号機の単先ダブル。ストーリーリーチ。演出はこれだけで十分だった。これ以上足しても引いても具合悪い。つまりエヴァンゲリオンの演出は2作目で完成されていた。基本的な押さえは海みたいにいじらない方が良かっただろう。スペックは海とおんなじにしといてセカパクのエンジンを載せる。これだけで今でも、大ヒットするのではなかろうか?


1作目…遊技せず
2作目…3万回転くらい遊技
3作目…10万回転遊技
4作目…3、4回しか打たず
5作目…10万回転遊技
6作目…2万回転くらい遊技
7作目…5万回転くらい遊技
8作目…1回だけ遊技
9作目…1回だけ遊技
10作目…1回だけ遊技

 


とまあこんな感じ。都合30万回転はやっている。パチンコ業界には強力なコンテンツが沢山ある。マリンちゃんにエヴァ、ヤマト、仕事人、仮面ライダー、ルパン3世、北斗の拳、ウルトラシリーズ、牙狼、慶次と枚挙にいとまがない。然しながら、その中でもひときわ輝くのがエヴァンゲリオンである。私はこの題材が最も強いのではないかと思っております。海シリーズが駄目になった暁には、エヴァンゲリオンがそれに代わって盟主になるはずだった。元々エヴァはスペックを大きく崩さない方針で作っていたので次世代の「海」といっても間違いではない時代もあった。6作目に失敗した。単発の出玉を1000個くらいにしちまったから。7作目にスペックをまともに作ったけど、あれは玉減りが酷くてなかなか容易には攻略できない機械だった。8作目は、仕事人の桜花乱舞をまねしたため、めちゃくちゃなスペックになったし、9作目と10作目はMAXにしちゃったから、手を出せない存在になっちまった。

 


パチンコ業界に携わってきた人間として、エヴァンゲリオンという作品にだけは敬意を払ってきた。

 


それ故、2作目以降は、どんなスペックであったとしても一度は打つことにしている。もちろん甘デジは別よ。だから今回のエヴァンゲリオンもどこかでいつかは遊技しなければならないと思っていた。今日がその時ということ。これは私に課せられたミッション。申し訳ないが牙狼やルパンとは「格」が違う。

 


朝、釘を見渡すとエヴァと慶次だけが別格。この店はこの両機種だけが、玉積みで残りはパーソナルなのですが、ここでもやはり玉積み島を優遇してるようであります。玉積みとパーソナルを併用しているパチンコホールにあっては、絶対に玉積み島に力を注ぐということをご理解ください。出玉はお店にとって、最強の宝飾品也。打ち初めも何も、僅か2回転目に演出発展したのが5×6の初号機。まあ単先じゃないからどうでもええわと余裕こいてたら、5が外れた後に、6絵柄でも「何かやろうとしてる」。およよっ。当たるんかと思ったらズドーンと666。でもこれは単発の方。あんましいい気分じゃない。570個の獲得出玉が時短中の100回転で460まで減っちまった。更にいい気分じゃない。玉尽きで154回転。当然買い足しに出る一手。スタートは7近くまでありそうだったから。買い足しに出て全部で15000円使ったところで赤保留からインパクト予告が発生して第7の使徒。もらったも同然。然しながらここでも222が昇格せずガックシ。今度は550個の玉が時短終了時には490個。あんましいい気分じゃない。

 

 

あのう。一体この台はなんですか?やっとの思いで1/320の難関をクリアしたと思っても460個とか490個では喜べるはずがない。この後はひたすらボロ負け街道まっしぐら。花の慶次、火曜サスペンス劇場、エヴァンゲリオンと最近のミドルを打っては見たものの、この台が1番酷いな。これやるくらいなら、慶次打った方がよっぽど良い。これやるくらいなら火曜サスペンス打った方がよっぽどまし。2回目の買い足しは追加投資15000円まで。30000円使ったところでぶん投げるのは、年末に打った火曜サスペンスとおんなじ。でもあの時は都合低確1196回転まで回せたけど、今日は970回転しか回せず僅か4時間パチンコ。投資金額は同じでも200回転くらいは回せる数が減るね。慶次の場合は、短時間遊技に活路があった。慶次で12時間勝負は無理だとしても、あの機械は3~6時間遊技で15万くらいあっというまだから、短い時間による勝負と割りきれば割れないこともないと思う。でもこの台は短時間でも駄目、6時間でも駄目。10時間なんてもっと駄目。
つまりどういう付き合い方をしても、箸にも棒にもかからん。

 

如何なる遊技方法を試みたとしても、この台は無理だということです。 

 


エヴァンゲリオン 
(1) 2回転、単発
(2) 503回転、単発
 456回転、当たらず
 2/970、単発2

 スタートは6.7
 売上7500
 貯玉0
 30000円マイナス

 


この台打ってると、5万円くらいはあっというまに溶ける。自分はそこまで遊技しないけど。単発の出玉を 元に戻せやクソビスティ。エヴァンゲリオンは、海と同じスペックにしといて、エンジンだけセカパクを載せればもっと稼働が伸びるはず。今日も朝から2回連続で単発を引いた人間はみんな止めてるよ。このようなキチガイじみたスペックでは誰も長い時間弾いてくれない。 


エヴァに敬意を払うから1回は付き合うけどね。2度と打つことはない。 

でもこれでミッションコンプリート。 

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top