不動如山

末尾ゼロ大海といきたいところですが、3月10日も同じような発想で全く駄目だったので、今回もあまりアテにはなりません。その時に貯玉使用無制限というルールだったのかと気づき早めの撤収となった次第ですがそれならば今日も危ういでしょう。店に入るとやっぱり大してアケていないですね。まったく解せんのはこの釘調整でも、土日と末尾0が重なるときは、海の稼働はパンパンに膨らんで1日のアウト玉が4万個を超える盛況ぶりなので、もしかしたら中には回る奴も混ざってんのか?って疑いたくなるのです。それが引っかかってるので今日も足を運びましたが、微妙です。ていうか無理ではないでしょうか?何度も自問自答しながら打たずに帰るのかどうしようか悶々と悩んでおりましたが2500個までに結論を出そう。

 

打ち始めは最初の5000円で108回転でしたが、やっぱり今日も横スタオンリーなので先が見えてますね。この前打った時と同じかもしかしたらそれよりも悪いと思ってましたが、ここから2000円打ち込んだところで127回転。唖然とするくらいの回りムラに出くわしてギャフン。もう続けられない。限界ですわ。何故にこんなに回らんのにこの店は繁盛しているのだろうか???全く摩訶不思議な社会現象なので、今日はその謎を解いてやると思ってきましたが結局はただの回らない店でした。海系以外の島を見渡したところで、釘を開けてるのはほぼないので台の移動も御座いません。何でこんなにお客がおるんか訳が分からんけれど、釘調整を見ると全然アケテないし、実際に弾いてみても回りムラが酷いだけで均せば全然回らない。解せない気持ちの矛先をどこに向けようかということになりますが、この店の結論は「客が多い割には全然回らない」。それじゃ客が多いっていう理由が読者様に全然伝わってないと思うし、ここまで店の評価(繁盛ぶり)と回転率のギャップが大きい店は滅多にない。玉積みだからお客さんが一杯いるのかなっていう結論に落ち着かせるしかこの店の人気を説明する理由が見当たらない。

 

解せん店だ!

 


割と近くにもう1店末尾ゼロ北斗無双ってのがあるのでそっちに行ってみよう。久しぶりにやってきたけど、この店の劣化ぶりも酷い酷い。どうしたらここまで劣化が進むのかと思ったけれど、所詮最近のパチンコ事情はどこもかしこも厳しくて釘なんか開けてらんねえやということなのだろうか。どいつもこいつもスキーの板みたいになってる。右側は割と開けてるけど、左側の締め方がエゲツない。だからスキーの板になった台がごろごろしてる。AKB48の島だけ割とまともだったので、さっきの残り3000円+1万円まで投資して今日は2万円のマイナスで帰ろう。

 

良く見ると右側は全開だけど、やっぱり左側が足りない。この前打ったAKBは左右均等の全開だったので7.1を叩いたけれど、あの時と同じ状況を求めても無理なので今日のデキならば座っても仕方ないかなと思えるレベル。打ち始め最初の500円ですこぶる回った。次の500円を押した途端に突子が現れてAKBの子とおっかけっこになったが、これがまさかの捕獲で僅か15回転で小当たりRUSHに突入してしまった。なんだかんだでAKB48とは相性がよろしい。ここから2Rだけは引くなよという願いが通じで139回転嵌ったのち、風が吹いて待望の16Rで当たる。幸先よろしくこのまま15000発までお願いしますと言ったとたん、シャッターが下りてくる。あっ、ダメー。ダメーって叫んでも下まで降りてズッコける。今度は20回転で2Rを引いてしまいました。時短でも当たらず結局ここは3連チャンで4200個くらいでしょうか。3連といっても実質当たったのは1回だけなんですけど、65%という構成比率では均すと2勝1敗ペースなので3連チャンならまずまずなのですが、この台の3連チャンでは本当に当たった気がしませんな。せめてもう少し遊ばして欲しかったよなあと思いながらも、大海でやらかした大失敗を帳消しにする出玉なので、少しばかり考慮ののち出した答えは即止めでした。

 


あのうAKBはなんだかんだで打つ機会が多いのですが、これまでに5回遊技してそのうち4回は小当たりRUSHに突入しましたが、いずれも時短が終わると即止めしております。もうちょっと粘る気はないんかと思うけれど、粘る気力は沸いてきません。されど1回は当ててやろうと思ってよく座る。本当に不思議な台です。ランシュに入ったときの心地よさが忘れられなくて座るのですが、ラッシュに入った途端色気が出てそれが終わると継続する勇気が沸いてこない。困ったもんだなあと痛感しますが、つくづく私は電サポキング(特図2主体)の遊技機が嫌いなのだと自覚しております。

 

 

この後気になってた遊技台を様子見してから帰ります。

 

本来なら今週の目玉商品は、ウルトラジャンボで決まりでした。(天下一閃+犬夜叉)÷2なので面白さは保証されてると思いますが、確実に勝てる機械なのかどうかの検証を昨夜行いました。3台設置されててカドが大当たり8回、真ん中の台は大当たりゼロ、3番目の台が大当たり13回でした。   


カド番   
初当たり4   
大当たり8   
スタート96   
4/96=1/24   
1回平均の出玉4200個   
   
3番目   
初当たり7   
大当たり13   
スタート165   
7/165=1/23.6   
1回平均の出玉3900個   
   

 


ウルトラジャンボという台は、2000,4000,6000個の出玉割り振りがある機械でその平均値は4000個。だから天下一閃の4500と同じような出玉性能ですが、割り振りがあるのが大きな違いです。勝利する必要十分条件は、天下一閃は12/4000⇒330個に1個のペースで飛び込むこと。これに対してウルトラジャンボはという24/4000⇒166個に1個のペースで飛び込まなくては勝てません。600円に1個のペースですからこれが大問題ですね。コンビゲージがそんなに飛び込むとは思えないですから。   

 

天下一閃の場合は上が1/3で下が1/4=1/12でした。

ウルトラジャンボの場合は上が1/3だとすると下は1/8ですね。

 

 

犬夜叉の役物が相当なクセモノだと思われます。僅か3台の過去履歴ですが、これを通しで分析するとやっぱり1/24くらいの割合で大当たりしてるんです。過去履歴をじっくりと観察し計算するとVの入賞率がハッキリと見えてきます。昨日の夜ここまでの分析を行った時、かなり手ごわいぞと思ったのですが、ちょうどその時沖7を打ってた若い兄ちゃんが、キッチリ1箱分の玉だけを残してウルトラジャンボの3番目を押さえちゃったのであります。この様子を見ていた私はあることを閃いてしばらく休憩室で時間を潰そうと思いました。この1箱分の玉は1500個くらいですが、それでどれだけスタートが上がるかを観察してから遊技するかどうかを決めようと思ったのでした。しばらくして戻ってくるとお兄ちゃんの台は、持ち玉は壊滅してまして得られたスタート回数は

 

何と4回だけ!

 

 

6000円分の玉で4回ということは1500円に1回しか飛び込んでおらず、全然足りません。この島で遊技するとボロ負け状態です。私が店に入ったのはちょうどお昼頃だったにもかかわらず誰もウルトラジャンボには座っていませんでした。不人気台だなとは思ったのですが、不人気なのはそれだけじゃなく勝てないからではないでしょうか?先行導入した土曜日に誰も打たない遊技機なんてあるものかと思ったけれど、これがダイイチさんの実力。


ダイイチの先行導入なんて誰も遊技しに来ないのです。

 


途中でこの店の店長がやってきて、「お客さん、おすすめですよ」ってまたそのセリフかよ。いつぞやのおそまつサンではおすすめですよって言っときながら翌日にはちゃっかり釘締めてたから、あまりこの人のいうことは信用しとらんのですが、「私ら打とうと思っても打てないですから。早く一般導入にならんかと心待ちにしてるんですわ。そうなったら私でも打てるでしょう」。


ウソばっかし。打とうと思えば釘調整よろしく閉店後に気が済むまで打っといたらええんとちゃうんか。あんたは店長なんだからそれくらいできるやろ。そう思ったけれど、一応彼の言い分も聞いたろと思って、おとなしく彼のいうことを聞いてたら、この台は普段海ばっかしやってるジジイとババアが座ったら全然飛び込まんくせに、日ごろはハネ物を打ってる連中がかぶりついたら、めっちゃ飛び込むよるんですわと仰った。打つポインでかなり入賞率が変わると取れるし、この言葉で私も「やったろかいな」とかなり心が揺れましてん。この店長が私をあまりにも煽るもんやさかい、一瞬今日はここで心中かと考えたけれど、1/24は1/24やし。犬夜叉のときもそう思ったけど、この役物は相当手強いはずなので、この釘調整では勝てんわと冷静になりまして結局は店長の煽りに動じることなく打つのを止めたのでした。

 

消極的やけどね。


昔やったら勝ち負け度外視してまずは打ったろと意気込んだに違いないのですが、最近の私は打つ前からこの台打ったら絶対に勝てるんだろうなというまで、状況証拠を揃えてからじゃないとお金を入れなくなってるんです。まあウラ付けが弱い時は引くに限ります。勝ってる人の様子を聞いてから打っても遅くはありませんから。でも天下一閃のときのようなお祭り騒ぎはないですよ。犬夜叉役物は結構手強いと思います。

 

インチキ店長の言葉で心はかなり揺れ動きましたが、最後は動かざること山の如し

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top