最近取材した最新機種を模索

 

ここ数日で2機種の最新機種を試打する機会がありました。

 

まず1機種目は「シャア専用パチスロ逆襲の赤い彗星」です。

 

Screenshot_20200728-191050_Gallery

 

純増約8枚/Gの高速AT機となっていて、その純増速度が最大の魅力ですね!

 

通常時は250Gが1周期となっていて、周期到達でCZ「百式バトル」に突入。敵モビルスーツを3体連続で撃破することができればAT突入となります。1体ごとに撃破期待度が異なるので、1戦1戦が手に汗握ってしまいます。

 

AT中はレア小役でゲーム数上乗せの抽選が行われるのですが、さらに青7ナビのベルを10回引くごとにも上乗せ抽選が行われて、どちらかというとベルによる上乗せがメインとなりそうなイメージ。残りゲーム数がわずかとなった時に気合で青7ベルを引き当てた瞬間がやってやった感じがあって楽しいですな!

 

Screenshot_20200728-201207_Gallery

 

また、AT中は演出タイプをチャンス告知・バトル告知・一発告知の3種類から選ぶことができるのですが、特にバトル告知と一発告知が楽しかったので、ホールで打つ際はチャンス告知ばかり選ばずにバトルと一発も選んでみてもらいたいですね。バトル告知はバトル中のBGMがかっこよくて、一発告知はレバーオンでの完全告知なので単純に気持ちいい~!!

 

そんな逆襲のシャアは8月3日からホール導入予定です! ガンダムシリーズが好きな方や、6号機の高純増AT機が好きな方は楽しめるかと!

 


 

次に、GODシリーズのスピンオフ機となる「アナターのオット!?はーです」を試打してきました!

 

Screenshot_20200728-203105_Gallery

 

ハーデス、ペルセポネ、ケルベロスのトリオが「ゆるキャラ」に変化して活躍してくれます。その見た目から変わり種感といいますか、本命のGODシリーズよりは手抜きの機種なんじゃないの…? と見せかけて、打ってみたら分かる! これガチなヤツや!

 

基本のゲーム性は初代アナザーゴッドハーデスと結構似ていて、通常時のモードによるAT抽選はしっかりとGODの系譜!

 

初当りは「ゆるちゃれ」というチャレンジ型ATが多くなるのですが、チャレンジ成功でジャッジメント当選! ゆるはーです・ゆるせぽね・ゆるべろすの3種類のジャッジメントは今回STタイプとなっていて、10G間に上乗せ獲得でSTがリセットされます。そしてジャッジメント中も純増約2.5枚のATなので、出玉を増やしながらゲーム数上乗せもゲットできちゃう一石二鳥となっております!

 

もちろんGOD揃い、冥王揃い、紫7揃いの確定役は健在で、さらに全回転フリーズも継承されています! 全回転時は確定役の性能が普段よりも強化されている点もしっかりと引き継いでいますよ!

 

なんせジャッジメントがアツくて楽しい! それでいて6号機なので、いままでのGODシリーズよりは遊びやすい印象もありますな!

 

そんなはーですは9月中旬にホール導入開始の予定です!

 

Screenshot_20200728-201247_Gallery

 

純増8枚以上の超高純増AT機と、3枚前後のマイルドなAT機。最近の新台は2つのタイプに分かれてきたような状況になっていますね。

 

超高純増のタイプは、そのままスピードが魅力。30分ほどでAT完走一撃2000枚オーバーが狙える点は夜からの一勝負にはうってつけですし、万枚オーバーの夢も見れちゃいます。半面、早いゲーム数での初当りはほぼ期待できないという弱点もあり。Re:ゼロから始める異世界生活や逆襲のシャアがそれですね。

 

純増3枚ほどのAT機は、8枚機と比べるとAT中のインパクトに欠けますが、通常時に期待できないゲームがない点が魅力。AT中も成立役ごとにしっかりと恩恵があるので、いわゆる「自力感」がある機種が多いイメージです。エウレカセブン3やアナターのオット!?はーですが当てはまります。

 

どっちが好きなのかは好みの問題ですし、機種にもよるとは思いますが、個人的にはマイルドな純増のAT機に期待しています。やっぱり「ほぼATに期待できないゾーン」を回すのは面白くないですからね。

 

ゲーム数やポイントだけでなく、毎ゲームの成立役によってATを勝ち取る自力感が欲しいんですよね!!

 

結論…

 

エウレカセブン3が楽しくて好き!!

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top