『設定1よりマシ理論』を模索

先日レムパネルが導入され、ますます勢いを増しているRe:ゼロから始める異世界生活ですが、僕も打てる時は積極的に打っています!

 

20190520_100119

 

なんと言っても純増8枚の鬼速AT『ゼロからっしゅ』が本機最大の魅力ですが、それ以外にもお気に入りのポイントが多数あります。通常時はほぼ規定ゲーム数でしか当たらないので頑張らなくていいところや、高設定の分かりやすさ、特にグラフを見るだけでも高設定の目星がつくところはホール選びの助けになりますよね!

 

そしてさらに高設定狙いだけでなく、天井狙いしやすいところ良き!いや、そもそも空き台が少ないので天井狙いしやすいというのは語弊があるかもしれませんね。正確には『天井狙いのボーダーラインが低い』と言うべきでしょう。

 

僕は個人的には180Gくらいから狙っています。インターネットで検索すると、これは割と一般的なラインですね。

 

しかし、このボーダーラインは別にインターネットで検索してマネした訳ではなく、僕独自の理論によって導きだしたのです。いわく…

 

『設定1よりマシ理論』

(どーん)

 


 

説明しよう!設定1よりマシ理論とは!

 

僕には天井狙いのボーダーラインを算出するような計算のスキルがありません。なので打ち始めるラインはいつか誰かが計算してくれるのを待つしかなかったのです。しかし、ある時この『設定1よりマシ理論』を生み出したことによって、それまでの待ちの人生から脱却することができたのです。

 

Re:ゼロから始める異世界生活を例に説明しましょう。

 

まず、リゼロのPAYOUTがこちらです。

 

Screenshot_20190521-192120_Internet

 

天井狙いなので見るべきは設定1のPAYOUTとなりますが、97.4%ですね。これは1000Gあたり約78枚ずつ負ける計算になります。逆に言うと1000Gでは78枚程度しか負けないのです。

 

次に、リゼロの規定ゲーム数分布を見てみましょう(スロマガ実戦値)。

 

20190521_192155

 

設定1は200G以内に約2%しか当たりません。控え目に言って、このゾーンを打つことはプレイヤーにとって不利でしょう。逆にいうと、このゾーン以外を打てば本来のPAYOUTよりもお得な状況になると言えます。

 

設定1のPAYOUT規定ゲーム数の分布。この2つの要因を見たときに、導き出される答えは『200G以降のみ打っときゃ設定1より大分マシ』ということです。

 

当たらないゾーンを含めて均して97.4%なんだから、当たらないゾーンを避ければ100%を超えるんじゃないかとザックリと考えているのです。本来は計算が必要なものを感覚でゴリ押している理論なので、ここも感覚で言わせてもらうと、リゼロの場合はかなりお得だと思います。

 

つまり当たりやすいゾーンや天井目を向けるのではなく、当たりにくいゾーンに目を向けてそこを避ける。そうすれば設定1よりは負けないだろうし、あわよくば勝てるんじゃないだろうか。という考え方が…

 

『設定1よりマシ理論』なのである。

 

説明おわり

 


 

この理論を適用すると、自ずとリゼロの天井狙いは200G付近からとなります。しかし200Gはゾーンなので、その手前の180Gくらいから狙っとこうかということなるのです。

 

もし良かったら、今後新機種が登場した際は『設定1よりマシ理論』を使って天井狙いを試してみてはいかがでしょうか。

 

設定1より負けたらごめんなさい。

 

コメント

  1. IC名ルナ より:

    パチンコで言う試し打ち同様当てのないスロット打つ理由としての最高の理論 ウドさんヤれる 見直したよ

  2. ソウカイ より:

    ガラケーでネタがない自分としては、一体撃破の価値が知りたい。
    つうか、全リセのモンキーターンと攻殻毎日打てたあの日にかえりたい(苦笑)
    やっと今年+百 はあキツいなあ

  3. ウド茂作 より:

    ありがとうございます! そうなんですよね、わざわざホールに行ったけど打てる台がない。でも適当に打つのも嫌だ…という時に使える理論かと思います!

  4. ウド茂作 より:

    コメントありがとうございます。

    リゼロはモード移行率や規定ゲーム数の振り分けなど、謎な部分が多いので正確な期待値を出すことは難しいですが、1体撃破のアイコンの価値はかなり高いと思います。個人的には1体撃破があればゲーム数不問で天井狙いできると考えていますね。なかなか落ちてないですけども(汗)

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Page Top