人気シリーズ最新作『バイオハザード リベレーションズ』が発表!

5月18日、フィールズはエンターライズ社製「『パチスロ バイオハザード リベレーションズ』プレス発表会」を開催した。

フィールズ PS事業統括本部 商品部 担当部長 野呂君成氏が登壇し、来場者への挨拶を行なったあと、PVが放映された。

本機は人気シリーズ最新作で、過去シリーズから一新した極限の恐怖を追求。液晶が落下したり傾斜したりと予測できない動きでプレイヤーに驚きを与える“ブレイクビジョン”、目が浮かび上がるほどチャンスとなる“クリーチャーアイ”、状態やモードを示唆する“アビスシリンダー”を搭載した専用筐体「The Abyss(ジ アビス)」を採用している。
仕様は純増約2枚のART機で、1セットは50G+α。ART中は小役でバトルの抽選を行ない、バトルに勝利するとART継続が確定し、その時に残っているゲーム数でエクストラゲーム上乗せ抽選が実施。ここで上乗せたゲーム数は次セットに持ち越される。
その他、どこからでも訪れるエクストラゲーム上乗せ特化ゾーン「アビスモード」や、上乗せゲーム数が分解されて大量上乗せのチャンスとなる“結合フリーズ”など、作品の世界観をうまく活かした多数の演出・機能が盛り込まれている。

機種説明は、エンターライズ 販売管理部 部長 上林稔昌氏と、タレントの南まりかさんが担当。スクリーンを使い、南さんの質問に答えていく形で行なわれた。

ホール導入は7月下旬を予定している。

baio_press1

baio_press2

baio_press3

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

Page Top