最新記事一覧

05-622x650
名機プレイバック-2008
石川県遊協、組合諸経費の免除案を決議
21世紀会が営業再開時のガイドライン
検定情報
遊技機検定情報(5月18日東京都公安委員会告示第170号)
兵庫県遊協が県知事に営業再開を要望

参議院議員 真山氏が「パチンコはギャンブルではないか」と質問主意書を提出

民進党所属の参議院議員 真山勇一 氏は、2018年2月9日、内閣に対し質問するための文書「賭博及びギャンブル等の定義及び認識に関する質問主意書」を参議院議長に提出した。

6月20日まで予定されている第196回通常国会の期間中に、内閣は文書(答弁書)により答弁することとなる。

質問の内容は以下のとおり

賭博及びギャンブル等の定義及び認識に関する質問主意書

政府における賭博及びギャンブル等の定義及び認識について、以下、質問する。

 


刑法上の賭博及び政府において検討中のギャンブル等依存症対策の対象となる「ギャンブル等」の定義をそれぞれ説明されたい。

 


風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」という。)の規制の対象となるぱちんこ等の営業では、景品として一定の財物を提供することが一般的である。このような営業には、刑法上の賭博にあたる要素はないか。

 


風営法上の特定の「遊技」で景品として提供された財物を、その後、当該「遊技」の営業所から至近距離にある景品交換所において現金に換える方式(いわゆる「三店方式」)が事実上、確立している場合は、当該「遊技」は結果的に現金を賭けて行う賭博と何ら変わりないという指摘がある。政府はこの「三店方式」が確立したぱちんこを刑法上の賭博にあたると認識するか。賭博にあたらないと認識するのであれば、その理由は何か。

 


平成二十九年三月三十一日のギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議において、国家公安委員会委員長が「警察としては(略)ぱちんこへの依存防止対策を更に進める必要があると認識」と発言した旨、議事要旨に記載がある。政府の認識においてはぱちんこもギャンブルのひとつか。ギャンブルのひとつではないと認識するのであれば、他のギャンブルとともに依存症防止対策を進める必要があるとされるぱちんこがギャンブルのひとつではないと認識する理由を説明されたい。

 

右質問する


賭博及びギャンブル等の定義及び認識に関する質問主意書:参議院
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/196/meisai/m196013.htm

 

真山 勇一(まやま ゆういち):参議院
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/profile/7012003.htm

Page Top