最新記事一覧

アミュゼクス (1)
アミュゼクス、12月の新規出店は23店舗
回胴関東甲信越3
回胴遊商関東・甲信越支部が新年研修会
日遊協 (2)
日遊協、自己申告・家族申告の導入は3671店舗
ベルコ
ベルコが「キングオブジャック」を販売
検定情報
遊技機検定情報(1月20日東京都公安委員会告示第21号)

ジェイピーエスが『Sオリスロ3』を発表

1月14日、株式会社ジェイピーエスはホテルパークサイドにて「『Sオリスロ3AA』プレス説明会」を開催した。

プライベートブランド機第3弾となる今回は、株式会社アプリイ、ひぐちグループ、そしてパネルデザインのみで延田グループの3法人が参画する。

始めに、株式会社ジェイピーエス 代表取締役 相馬大悟氏が登壇。
「今回の『オリスロ3シリーズ』では原点回帰を目指した。いつでもだれでも安心して遊べる王道のAタイプをテーマに、今回参画した3法人と共同で開発した。初心者でも安心して遊べて、当たりやすい、持ち玉で当たる、変化を見つける楽しさなどパチスロ本来の楽しみをふんだんに取り入れている。この機種を通じて6号機も悪くないと感じていただければ」と、本機の大きな特徴を説明した。

続いて、株式会社アプリイ 取締役 本部長 畑雅樹氏、ひぐちグループ パチンコ営業部 部長 太田光宏氏からは、今回のプロジェクトに参画した経緯などが説明された。

「“静岡の元気を応援する企業”をモットーに、常々お客様にとって面白いものは何かを探求する中で今回のプロジェクトの話をいただき参加した。大当たり中に流れる楽曲は弊社のCMを使用し、静岡ならではのご当地感を演出も盛り込まれている。本機が地域の活性化に少しでも役立てることを期待している」(畑氏)

「以前からPBには興味があり、やりたいと思っていたが予算的な部分などのハードルが高かった。去年ハードルを下げて提案していただき、話を聞いて“勝ち率”に拘っている弊社として、勝ちにこだわることを重要視した6号機だったこともあり、プロジェクトの参加を決めた。お客様に良い還元ができる機種なので、弊社のブランド力も高めていきたい」(太田氏)

本機はいつでも誰でも楽しめる、告知ランプ点灯でボーナス確定となるシンプルなノーマルタイプ。設定は2段階で、出玉率はどちらも104%と高めに設定されているのが特徴。パネルデザインを始め、チャンス演出など各社オリジナルの要素が盛り込まれている。

株式会社アプリイの『HYPER UPYELL』は先週より導入開始、延田グループの『パチスロ123』は1月下旬から、ひぐちグループの『スロまる』とジェイピーエスの『DIAMOND』は2月下旬から順次導入予定となっている。

 

IMG_7434

IMG_7446

Page Top