最新記事一覧

いよいよ「ラッキートリガー」が解禁!
いよいよ「ラッキートリガー」が解禁!
『スロット 冴えない彼女の育て方』解析特集! 〜通常時のボーナス直撃に設定差大!!〜
『スロット 冴えない彼女の育て方』解析特集! 〜通常時のボーナス直撃に設定差大!!〜
『真・花の慶次3 99ver.』の激アツ演出を斬る!
『真・花の慶次3 99ver.』の激アツ演出を斬る!
サンセイアールアンドディ、新社長に山本和弘氏が就任
2023年販売実績 パチスロメーカー部門、パチスロ機種部門第1位受賞インタビュー(サミーグループ)
2023年販売実績 パチスロメーカー部門、パチスロ機種部門第1位受賞インタビュー(サミーグループ)

2023年販売実績 パチンコメーカー部門、パチンコ機種部門第1位受賞インタビュー(SANKYOグループ)

2023年のパチンコ販売実績 メーカー部門第1位、そして機種部門ではSANKYO『Pフィーバー機動戦士ガンダムSEED』が第1位となり、パチンコ部門は2年連続でSANKYOグループが2冠を達成しました。
おめでとうございます!
株式会社SANKYO 常務執行役員 営業本部長 兼 販売戦略部長 東郷裕二様に記念品の贈呈とインタビューをさせていただきました。
 


ーーパチンコビレッジ「以下:ビレッジ」
昨年に引き続き、2023年のパチンコ部門で「機種別」「メーカー別」の販売台数第一位を獲得しました。おめでとうございます。今のお気持ちを教えてください。

ーー株式会社SANKYO 常務執行役員 営業本部長 兼 販売戦略部長 東郷裕二様 「以下:東郷様」
まず一番期待された『Pフィーバー機動戦士ガンダムSEED』で稼動結果が出せなかったことは非常に申し訳なく思うとともに非常に残念でした。
しかしトータル的には継続的に新機種を提供でき、また今回は販売とともに稼動支援として導入後のアフターフォローまで一生懸命やらせていただいた一年でした。
そういう意味では貢献できた機種もあったのではないかと思っています。


ビレッジ:2022年のパチンコはグループで約24万台を販売して1位になり、2023年はさらに台数を伸ばし約30万台を販売しました。販売において苦労された点はございますか?

東郷様:まだ一部の部材においてはひっ迫しているものもあり、製造台数や納期などをはっきりと確約できないまま販売せざるを得なかった機種もありましたのでそこは大変でした。
特に台数が多い機種のときはその状態になってしまったので、機種が用意できないと煽っているように聞こえてしまったりすることがあったのではないかと…。
一時期よりはかなり改善されているものの、まだ中国の情勢が思わしくなく、社内の購買部の努力と、協力会社様にもご苦労いただいて何とか用意することができました。


ビレッジ:販売台数1位に輝いた『Pフィーバー機動戦士ガンダムSEED』をはじめ、『Pフィーバー炎炎ノ消防隊』『Pフィーバーかぐや様は告らせたい』『Pフィーバーありふれた職業で世界最強』など新規コンテンツの登場が目立った1年でした。新規コンテンツの機種開発にあたりどのような点にこだわって開発をされているのでしょうか?

東郷様:新規コンテンツについては、新規ファンもそうですが従来のパチンコファンの方にも楽しく遊技していただけるように、工夫しながらパチンコとしての面白さを作っていくのは非常に大変でした。

『Pフィーバーかぐや様は告らせたい』は、版権取得のときからSANKYOとして「こういうことをやりたい」と版元様に話をしてご理解いただき、プロジェクトを進行させていくことができたと思っています。

たまたま昨年は新規コンテンツが重なった年でしたが、皆様からご支持をいただいている大切なコンテンツについては、よりパワーアップして出せるように準備をしています。是非ご期待ください。


ビレッジ:年末に登場したパチンコ『シン・エヴァンゲリオン』はP機とスマパチの同時リリースとなりました。業界としてスマパチの導入が思うように進んでいない中で、どのような思いで発売されたのでしょうか? 開発秘話などございましたらお聞かせください。

東郷様:スマパチはビッグタイトルで、若いお客様にも積極的に遊技していただけるような機種を導入しないと普及は難しいのではないかという考えがありました。ですので、弊社の看板タイトル『エヴァンゲリオン』をスマパチ第一弾として発売するというのは戦略のひとつでした。
スマパチがこれから増えていく中で、力を入れたタイトルで一気に普及させたいという思いで発売に至りました。


ビレッジ:今年のスマパチの展望についてお聞かせください。

東郷様:今回の『シン・エヴァンゲリオン』を皮切りに、今年はSANKYOブランドでも数タイトルを予定しています。徐々にスマパチのシェアも上がっていくと思いますし、他メーカー様からも素晴らしい結果を残している機種も出ていますので、それに追いつけるように頑張っていきます。
P機は今後も発売をしていきますが、スマパチも主要なタイトルで発売できるよう段取りをしているところです。
スマパチが普及していく中で、SANKYOの機種がないということがないよう、しっかり準備をしております。


ビレッジ:最後に今年の意気込み、業界関係者・ファンの皆様にメッセージをお願いします。

東郷様:去年一年も皆様に支えられて、弊社の業績としては素晴らしいものになりました。
また、それを業界にお返しすべくいろいろな施策を考えております。機種開発や販売・稼動支援も引き続き力入れてやっていきます。
ファンの皆様には是非遊技していただき、またホール様には是非弊社の機種を使っていただき、「パチンコ・パチスロは面白い!」とあらためて思っていただけるような機種をご提供できる一年にしたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。


 


ありがとうございました!
3年連続の1位、期待しております。
スマパチの導入も楽しみにしております!
 

Page Top