機種メニュー

収支を入力する

導入日カレンダー

  • 甘デジ
  • ST
  • 8個保留

PフィーバークィーンII 筐体画像:1枚

大当り確率 1/99.9 → 1/12
賞 球 3&2&4&13
確変率 100%
(ST8回)
ラウンド 4Ror10R(8C)
出 玉 約416個or約1040個※メーカー発表値
時 短 ST8回転終了後に32回or92回
通常時292回転消化後に100回(遊タイム)
確変割合:ヘソ 確変割合:電チュー
4R(実質4R。電サポ40回)…84%
4R(実質4R。電サポ100回)…3%
10R(実質10R。電サポ100回)…13%
4R(実質4R。電サポ40回)…84%
4R(実質4R。電サポ100回)…3%
10R(実質10R。電サポ100回)…13%

兄弟機

機種情報

1993年に登場した『フィーバークィーンⅡ』以来、9作目となるシリーズ機で、遊タイムを搭載した甘デジタイプのST機。大当たりになれば必ず8回のSTに突入する。ST継続率は約50.2%。ST後は32回or92回の時短に移行する。時短引き戻し率は約27.5%(32回)or約60.4%(92回)。低確率状態で292回転消化すると100回の時短へ(時短引き戻し率は約63.4%)。

大当たりになれば必ずST+時短に突入するスペック、これまでの『フィーバークィーンⅡ』の伝統演出を引き継ぎつつ新規演出も搭載されていること、シリーズ機初の遊タイム搭載機であることなどが特徴。

潜確や小当たりは搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

ヘソ入賞口に入賞球を左右に振り分ける装置があり、通常時にも8個保留が可能な純正8個保留機。

盤面最下部中央にワイドなアタッカーを配置。

大当たり終了後、残り電サポ回数は保留ランプ下の7セグで表示する。

予告なしのシンプルなクラシックモードと、演出を楽しめるクィーンモードのどちらかを打ち手が選択できる。

予告演出

保留変化予告
ドラム表示器下部にある保留ランプが変化したらチャンス。点滅<青<赤。青or赤点滅やレインボーなら!

バウンド前兆予告
ドラム停止時にバウンドするような挙動を見せるとチャンス。弱パターンが多いが、強パターンもある。

チャンス目前兆予告
同一図柄がリーチにならない形で3つ出現するとチャンス目。背景が赤いと期待大。

ロゴランプ点灯予告
盤面上部にあるロゴランプが全部光ったらリーチ濃厚。高速点滅なら大チャンスだ。

※ほかにも多くの予告がある

スーパーリーチ演出

シングルリーチ
シングルラインで展開される。

ダブルリーチ
ダブルラインで展開される。見た目通り、シングルリーチより2倍は当たりやすい。

全回転リーチ
大当たりだけでなく、10Rも濃厚となる演出だ。

重要演出

ST+時短
大当たり後は必ず8回のSTに突入する。ST継続率は約50.2%だ。ST中は予告が発生するだけでアツく、大当たり濃厚パターンも多い。ST1回転目にリーチがかかると! 
ST終了後は32回or92回の時短に移行する。時短中のリーチ信頼度は、通常時よりも若干、高い程度。時短終了後、260回or200回消化(合計292回)すると遊タイムが発動し、100回の時短に移行する。

ラウンド昇格
ラウンド中、ラウンド終了後に昇格するチャンスがある。

Page Top

PフィーバークィーンII