最新記事一覧

遊技産業健全化推進機構
機構、平成30年度上半期の機構立入検査活動の実績を発表
5555
婚前恋愛を最大限に楽しむチュウモクポイント!! 『百花繚乱 サムライブライド』の解析攻略を大公開!
三洋1
三洋物産が「CRクジラッキー」をリリース
都遊連6.7ブロック4
都遊連第6・第7ブロック、初の合同地域安全協議会
回胴遊商、今年はホール駐車場の幼児車内放置ゼロ

SANKYOが2機種同時発表

SANKYOはこのほど、「フィーバー バイオハザード リベレーションズ」「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア LIGHTver.」の販売を開始。

両機種とも旧規則機で、前者はサバイバルホラーゲームをモチーフにしたV確ループ機。
大当たり確率は319.7分の1。
特図1大当たりの25%、特図2大当たりの65%で約2400個獲得できる。
演出は、主人公「ジル・バレンタイン」が異形の生物「クリーチャー」と戦うもので、本機では「レイチェルウーズ」「スキャグデッド」「ウォールブリスター」「ドラギナッツォ」など、9種類のクリーチャーが登場。
不気味な声を上げ近づいてきたり、不意を衝くタイミングで現われるなど、プレーヤーに緊張感を与える内容になっている。

後者は、昨年8月にホール導入され、絶大な支持を受けている「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」のスペック替えで、ゲームフローや演出はそのままに、大当たり確率を199.8分の1から99.9分の1に変更。
より手軽に、高継続のRUSH「シンフォギアチャンス」に挑戦できるようになった。

ホール導入は前者が11月5日、後者が12月3日から。

提供元:プレイグラフ

Page Top