最新記事一覧

日工組、業界の取組みをわかりやすく解説する漫画の連載をスタート
日工組、業界の取組みをわかりやすく解説する漫画の連載をスタート
全日遊連が全国理事会を開催
『ぱちスロ 沖ハナ-30』テスト導入直前情報! 〜気づいたら片想いしてるかも!?〜
『ぱちスロ 沖ハナ-30』テスト導入直前情報! 〜気づいたら片想いしてるかも!?〜
全遊振、行政支援を受けやすくするためにDXの推進を
日工組と日電協が五輪期間中も入れ替え継続を要望

神奈川県遊協が免許センターにモニターを寄贈

神奈川県遊協(伊坂重憲理事長)は2月22日、横浜市の組合会議室でモニターテレビ(1台、37万円相当)の贈呈式を開催。

これは、同防犯協力会連合会を通じて贈られるもので、伊坂理事長が神奈川県警の清水昭人交通部長へ、目録を手渡した。モニターテレビは、神奈川県警察本部運転免許センターで使用される。伊坂理事長は「交通関係に対する寄付は、初めての機会。有効に使っていただければ」とあいさつ。

清水交通部長は「高齢者の交通事故が多発しており、県警としても対策に力を注いでいる。そうした中、免許更新に来られた方に事故防止のポイントを広報・啓発できるアイテムをいただいた。これを活用し、安全対策をさらに推進したい」と述べ、謝意を表明。この貢献に対し、神奈川県警交通部から感謝状が授与された。




 
提供元:プレイグラフ

Page Top