最新記事一覧

全日遊連、全国理事会を開催
パチスロ6号機を狙い打つ!第5弾 〜朝と夜は散歩がてらにこずかい稼ぎ〜
パチスロ6号機を狙い打つ!第5弾 〜朝と夜は散歩がてらにこずかい稼ぎ〜
日電協が支援するパラアスリートが来組
日電協が支援するパラアスリートが来組
コナミアミューズメントが「戦コレ」の甘デジ
ABCが「第4回全国クリーンデー」に参加
ABCが「第4回全国クリーンデー」に参加

『パチスロガメラ』見どころ特集! 〜2コマ目押しさえできれば出玉率102%超!!〜

▼機種情報『パチスロガメラ』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6013


6月7日から導入が開始されたサミーの『パチスロガメラ』。本機はAT機ながら設定1の出玉率が102.0%と、非常に甘い設計になっています。
AT機ゆえボーナスの最速察知や即揃えなどは必要なく、さらに目押しも2コマ目押しができれば充分ですから、そう難しくはありません。
どんなシステムなのか、どこに注意すべきか。今回の特集ではその辺りに注目しながらゲーム性をご紹介していきましょう。
 
スペック
設定 初当たり確率 出玉率(一般値) 出玉率(完全攻略)
1 1/219.0 97.6% 102.0%
2 1/215.8 98.1% 102.5%
3 1/211.4 99.0% 103.4%
4 1/202.5 101.2% 105.6%
5 1/191.4 102.1% 106.5%
6 1/170.8 103.0% 107.4%

完全攻略での出玉率は102.0%(設定1)〜107.4%(設定6)。設定間格差が狭く、BBのヒキ次第で上にも下にもブレるイメージです。
 
小役確率
小役 確率
スイカ 1/93.6
角チェリー 1/65.5
バトル目 1/78.0

現時点で判明している小役確率はレア役のみ。バトル目は左から押した場合に出現する可能性があり、中リールの押し位置によっても出現したりしなかったり。右から押した場合はバトル目は出現せず。50枚あたりのゲーム数は約33.6G(設定1)。



本機はリアルボーナスで出玉を増やすAT機。2020年2月に登場した『パチスロ ファンタシースターオンライン2』と似たシステムで、普段はボーナスを揃えないようプレイしつつBB中はJACというかたちでボーナスの連打を体感できる仕様です。

ボーナスはBBとRBが存在し、BBはJAC5回+αで平均約560枚、RBはJAC1回で平均約90枚の獲得となります。初代『ガメラ』同様、BBとRBで枚数差が大きく、BBだったときの安心感など4号機大量獲得機時代を彷彿とさせる構成となっています。ちなみにBR比率は6:4(設定1)と、BBのほうが出やすくなっています。



通常ゲーム中はボーナス当選を目指しますが、ボーナスの75%以上は確定フラグ(リーチ目)となっています。ただし、AT機ゆえボーナス確定画面に移行しない限り、ボーナスを揃えられないようになっています。リーチ目でボーナスを察知→演出を見届け→ボーナス確定画面→ボーナスを狙えといった流れです。

確定フラグ以外のボーナス契機としては、バトル勝利、レア役での当選、押し順当て成功なども存在します。



バトルにはバトル目、レア役、通常出目などから発展。タイトルが原作タイトルなら激アツです。バトルは1~5G継続し、勝利すればボーナスが確定。敵怪獣の種類によって期待度が変化し、ジャイガー≪バルゴン≪ギロン≪ギャオス≪ジグラ≪バイラスの順に期待度アップとなります。

ちなみに、ガメラは基本的に左に位置していますが、右にいるパターンは裏バトルとなり勝利すればBB確定です。しかもこの裏バトルは連続する可能性もあります。



バトル中はガメラの攻撃パターンによって期待度が変化し、火球小≪火球中≪回転ジェット≪火球大≪火球特大の順に期待度アップ。敵怪獣の攻撃は弱と強があり、強ならピンチ。

通常ゲーム中の演出にも触れておきましょう。



ステージは3種類あり、海≪遺跡≪海底火山の順に高確の可能性がアップ。高確中はレア役やバトル目からのボーナスの期待度がアップします。高確には、2G連続でギロン成立、2G連続でチェリー成立、ボーナス後などで移行します。

ボーナス後の高確は、BB後は高確移行抽選(当選時は30〜100G保証)、RB後は高確濃厚(30G保証)となっています。

ちなみに、有利区間ランプはWIN表示部の右下のドットで、通常ゲーム中から点灯します(設定変更後1Gほどで点灯)。実戦上、BB後は100G+α、RB後は30G+αで有利区間ランプが消えたので、ランプが点灯している間は高確の可能性ありということでボーナス後も続行がオススメです。

個別の演出も見ていきしょう。

【自然現象演出】

発生した自然現象ごとに対応役が存在。対応役矛盾でボーナス確定。第3停止後にバトルに発展することも。

「演出パターンと対応役」
・マリンスノー……ギロン、チェリーを否定
・氷……ギャオスを否定
・地響き……右下がりギャオス、中段ギャオス、ギロンを否定
・渦潮……チェリーを否定
・火山……ギロン、チェリーに対応
・イカリ……全役対応(激アツ)

枠がフラッシュした場合はバトルへの発展期待度がアップし、バトルに発展しなかった場合は高確示唆。

【消灯演出】

予告音から消灯が続くほど期待度アップ。それぞれに対応役あり。対応役矛盾でバトル発展となり、発展しなかった場合はボーナス確定!?

「演出パターンと対応役」
・予告音のみ……右下がりギャオス、リプレイ、ハズレに対応
・1消灯……チェリー、リプレイに対応
・2消灯……右下がりギャオス、上段ギャオス、ギロンに対応
・3消灯……ボーナス確定!?

予告音の泡にも注目。いつもより長いパターンなら!?

【魚群演出】

横切る魚群や人魚で小役を告知。魚群の色が小役に対応し、対応役矛盾でバックランプ演出へ発展。対応役成立で発展なら!?

【バックランプ演出】

ガメラがリールに向かって火を吐き怪獣付きの図柄を消し切ればボーナス確定。火を吐く順番もポイントで、基本は左→中→右で期待度約5%。左→右→中なら期待度が約15%にアップ、右→中→左なら期待度75%超に。失敗からの復活パターンはボーナス確定となりBBの期待度もアップ。

【背景通過演出】

背景を怪獣などが通過。怪獣は小役に対応し、バルゴンはチェリーに、ギロンはギロンに対応。対応役矛盾でバトル演出へ。

【バトル発展演出】

バトルへ発展する際に発生する演出。第1停止時の回転ジェットはチャンス。

【炎ルーレット演出】

回転するロゴに炎を吐くチャンス演出。最終的に停止したロゴに注目。

【リールロック演出】

画面が暗転しリールが逆回転する激アツ演出。続けば続くほど不正解の押し順を破壊し、最終的に3択or2択or1択の押し順勝負へ。押し順正解でボーナス確定(BB確定!?)。

【破壊ルーレット演出】

PUSHボタン連打でロゴを破壊する激アツ演出。最終的に残ったロゴに注目。

これら以外にもスタート音の遅れ(チェリー対応)や無音(ボーナス)、リール停止音の変化などもありますので音にもご注意を。


続いてはボーナスについて。



ボーナスはBBとRBの2種類。確定画面で狙え演出が発生したら指示された図柄を狙い、ガメラ揃いならBB、BAR揃いならRBとなります。

まずはBBから見ていきましょう。



BBはJAC5回+αで、獲得枚数は平均約560枚。BB中は「JAC待機中」と「JAC中」の2部構成となり、それらを合わせてJAC1回とカウント。規定回数JACを消化すると終了となります。



JAC待機中はカットイン「-・1・-」発生時に、中リール上段or中段に7を目押し。目押し成功で怪獣アイコンが昇格し、目押しミスでも昇格抽選(33.6%で当選)を行ないます。この2コマ目押しが重要で、JAC上乗せの鍵となります。



怪獣アイコンはJAC中に戦う敵怪獣に対応し、昇格するほど勝利期待度がアップ。内部的には怪獣ポイントで管理され、ポイントに応じてアイコンが昇格していく仕組みです。
 
怪獣別ポイントと勝利期待度
怪獣 ポイント 期待度
ジャイガー 0〜19 6%
バルゴン 20〜39 12%
ギロン 40〜59 18%
ギャオス 60〜79 33%
ジグラ 80〜99 58%
バイラス 100 100%

この表は怪獣別のポイントと勝利期待度(実戦上)です。100ptを超えたポイントは持ち越しとなります。

JAC待機中は技術介入成功以外に、リーチ目やレア役、バトル目などでポイントの獲得も行なっています。獲得ポイント数は技術介入成功時が20pt以上、リーチ目は100pt(JAC上乗せ確定)、リーチ目以外は成立役に応じて抽選となります。

そして、狙え演出からBARが揃うとJAC中へ移行となります。




JAC中は敵怪獣とのバトルが発生し、勝利すればJACを上乗せ。負けてもアイコンはそのまま持ち越すので次戦に期待です。

レア役成立時はJACの上乗せを抽選。負けバトル中なら勝利へ書き換え、勝ちバトル中なら内部的にJACを上乗せします。

このJAC中は129枚の払い出しを超えると終了するリアルボーナスで、規定枚数に到達すると終了。JACの残り回数があれば再びJAC待機中へ移行となります。

バトルの勝敗は基本的に最終ゲームで告知されますが、途中に告知が発生することもあります。その際は、そこからJACや怪獣ポイントの上乗せ抽選が行なわれるようになりますのでちょっとお得です。

ちなみに、ここで7を狙えの演出が発生する可能性があり、見事7が揃えばBBの1G連が確定します。


続いてはRBについて。



RBはJAC1回で、獲得枚数は平均約90枚。RB中は紹介怪獣で設定を示唆します。

RB中に画面が割れれば終了後にボーナス期待度50%超のバトルへ。フリーズ発生時はBBへ昇格となり、高設定ほど発生しやすくなっています。ちなみに、フリーズ発生率は設定1が12174.1分の1、設定6で5073.9分の1。


最後に設定推測要素について。

【RB中のキャラ紹介】

RB中の出現キャラで設定を示唆。

・子ジャイガー……特定設定で出現せず
・バルゴンの卵……特定設定で出現せず
・大車輪ガメラ……特定設定で出現せず
・名古屋沖の戦い……特定設定で出現せず
・波乗りガメラ……特定設定で出現せず
・演奏ガメラ……高設定示唆
・大怪獣ガメラ……高設定!?

ちなみに、BB中の途中勝利時にもキャラ紹介が発生しますが、同様の傾向です。

【枚数突破表示】

ボーナス中に456枚以上獲得した際、この画面が出現すれば高設定!?

【BB終了画面】

BB終了画面は文字に注目。

・EVEN!?……偶数設定示唆
・NOT BAT……最低設定否定!?
・GAMERA……設定6!?

【RB終了画面】

RB終了時この画面が出現すれば高設定!?



以上が今回お伝えできる内容となります。

本機は設定1でも出玉率102.0%と安心感がありますが、それを体感するにはギロン(13枚)の取りこぼしを防いだり、BB中の2コマ目押しを確実に実行することが重要です。
まずは打ってみないことには甘さや楽しさを実感できないと思いますので、ボーナス確定となる天井(BB後1000G+α、RB後930G+α、設定変更後900G+α)を保険に、ちょいハマリ程度から気軽に打ってみてはいかがでしょうか。


※ページ内の数値&情報は独自調査

(C)KADOKAWA
(C)Sammy

Page Top