最新記事一覧

『Pダンまち』神スペックの激アツ演出を解析報告!
『Pダンまち』神スペックの激アツ演出を解析報告!
高尾が『Pあっぱれ!夏物語 ドカン!!と一発!7000Ver.』を発表
高尾が『Pあっぱれ!夏物語 ドカン!!と一発!7000Ver.』を発表
遊技産業政治連盟が「木村よしお先生を励ます集い」を開催
『SLOT STEINS;GATE』見どころ特集! 〜魔眼所持でもう一度やり直し!?〜
『SLOT STEINS;GATE』見どころ特集! 〜魔眼所持でもう一度やり直し!?〜
源さんBLACKの激アツ法則を大乱舞!!
源さんBLACKの激アツ法則を大乱舞!!

『パチスロ デビル メイ クライ5』解析特集! 〜1周期目は期待値の塊!?〜

▼機種情報『パチスロ デビル メイ クライ5』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6062


待ちに待ったDMC5が導入されましたね。DMC5? ピンとこない? 『パチスロ デビル メイ クライ 5』ですよ。
あのアデリオンの。

アデリオンと言えば、新規参入第一弾『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』ですよね。
2021年2月に登場し、今も良好な稼働を維持している最近めっきり少なくなったヒット作です。

そんなアデリオンからリリースされたDMC5ですから、期待するなっていうのは無理な話です。

今回の特集ではそんなこの春注目の一作にフォーカスしてみました。では早速。



本機は1G純増約3.5枚のATで出玉を増やすタイプ。まずはスペックから。
 
スペック
設定 AT初当たり確率 出玉率
1 1/358.4 97.9%
2 1/349.8 99.1%
3 1/332.6 100.7%
4 1/301.7 104.0%
5 1/266.7 107.9%
6 1/243.6 111.1%

AT初当たり確率は243.6分の1(設定6)〜358.4分の1(設定1)と、そこそこの設定差があります。
出玉率は設定4が104.0%と心もとないので、設定5(107.9%)や設定6(111.1%)を狙いたいところ。
 
小役確率
小役 確率
スイカ 1/128.0
弱チャンス目 1/223.7
強チャンス目 1/655.4
弱チェリー 1/170.7
強チェリー 1/819.2
押し順9枚ベル 1/3.2
押し順15枚ベル 1/4.9
Vベル(1枚) 1/8.6
ダンテ目(0枚) 1/8.6
リプレイ 1/8.6

小役確率に設定差はなく、トリプルコンボトリガーにも設定差はなし。
「弱レア役」は、スイカ、弱チャンス目、弱チェリー、「強レア役」は、強チャンス目、強チェリー。50枚あたりのゲーム数は39.9G。

至るところで鍵になるのがトリプルコンボトリガー。
3キャラそれぞれに対応役が存在し、それを総称してトリプルコンボトリガーと呼んでいます。

「キャラ対応役」
・ネロ……リプレイ
・V……Vベル(ベル小V型)
・ダンテ……ダンテ目(中段「リプ・リプ・ブランク」)

では、通常ゲームを見ていきましょう。



通常ゲーム中は、1周期100+αの周期抽選方式。周期の最後はデビルバトルに発展し勝利すればAT突入のチャンスとなります。突入のチャンス? バトルに勝ってもAT確定じゃない? そうなんです。そこがデビルバトルの特徴で、のちほど詳しく説明します。

周期中はデビルハンターレベルの昇格を目指します。デビルハンターレベルはデビルバトルの突破率(勝率)となり、例えばデビルハンターレベルがLv50ならデビルバトルの突破は50%となります。デビルハンターレベルはLv25からスタートし、100G間にどれだけ上げられるかといったゲーム性です。



周期開始前に「ニコズショップ」に突入することもあります。
 
周期別ニコズショップ突入率
設定 1or4周期 左記以外
1 100% 32.8%
2
3 35.9%
4
5
6 40.2%

設定変更後やAT後などの1周期目はニコズショップへの突入が確定し、4周期目も突入確定。それ以外の周期は設定1&2≪設定3&4&5≪設定6の順に突入しやすくなっています。

このニコズショップは5G継続し、毎ゲーム成立役に応じてアイテム「デビルブレイカー」の獲得を抽選します。デビルブレイカーは後ほど説明する「エンカウントバトル」中に使用するもので、エンカウントバトルをかなり有利に進めてくれます。
 
ニコズショップ中成立役別デビルブレイカー獲得振り分け
個数 Vベル 弱レア役 強レア役 左記以外
0 - - - 33.2%
1 86.3% - - 64.8%
2 12.5% 92.1% - 1.6%
3 0.8% 6.3% 75.0% 0.4%
5 0.4% 1.6% 25.0% -

ニコズショップ中のデビルブレイカー獲得率はレア役やVベルなら100%、それ以外でも66.8%で獲得。トータル平均3.9個の獲得が見込めます。

通常ゲームに話を戻しましょう。



周期中はデビルハンターレベルを上げることが目標となります。エンカウントバトルに勝利することでレベルアップしていきます。

エンカウントバトル発生のメイン契機はVベル。レア役はエンカウントバトルの発生に加え、デビルブレイカーなどのアイテム獲得抽選を行なっています。
 
レア役でのアイテム獲得振り分け
アイテム 弱レア役 強レア役
デビルブレイカー×1 66.2% -
デビルブレイカー×2 6.1% 42.1%
デビルブレイカー×3 0.8% 6.3%
デビルブレイカー×5 0.4% 1.6%
コンテニューオーブ 0.4% 6.3%
コンテニューオーブ欠片 1.6% 43.7%
なし 24.5% -

コンテニューオーブは所持していればデビルバトル敗北時やAT終了時に復活が確定。欠片は2個でコンテニューオーブ1個に変換されます。現在の所持数はサブ液晶に表示。

エンカウントバトルは、高確中なら発生率が大幅アップ。高確中は液晶左右に表示が出るため見逃す心配もありません。高確には25G単位で移行が期待でき、移行すれば以後周期中はすべて高確となります。また、1周期目は100G間すべて高確となっています。

ステージは4種類あり、地下鉄ステージは高確のチャンス。ステージ別特徴は以下のとおり。

・市街地……基本
・地下鉄……高確に期待!?
・吊られた街……チャンス!?
・クリフォト……AT当選間近!?

吊られた街やクリフォトはデビルバトルでの当選ボスまでの近さを示唆。特に、クリフォトへ移行したらAT突入まで続行したいところです。

では、エンカウントバトルを見ていきましょう。



エンカウントバトルは10Gの完走型。バトル勝利でデビルハンターレベルアップなどの報酬を獲得します。

戦う悪魔によって勝利期待度や報酬期待度が変化。

『悪魔別特徴』
・ヘルカイナ……勝利期待度★3、報酬期待度★2
・デスシザース……勝利期待度★3、報酬期待度★2
・ルサキア……勝利期待度★2、報酬期待度★3
・ベヒモス……勝利期待度★3、報酬期待度★4.5
・ヘルジュデッカ……勝利期待度★2、報酬期待度★3.5
・シルバーエンプーサ……勝利期待度★4、報酬期待度★2

エンカウントバトル中は、成立役に応じて攻撃を抽選。デビルブレイカーがあればトリプルコンボトリガーの対応役成立で特殊攻撃が発動します。

・ネロ(リプレイ)……パンチライン(一撃)
・V(Vベル)……バスターアーム(長押し)
・ダンテ(ダンテ目)………ヘルタースケルター(連打)

攻撃を重ね、悪魔の体力を0にすれば勝利確定となり、以後残りゲームはコンボチャンスが発生。

コンボチャンスではコンボが毎ゲーム発生しコンボランクの昇格を目指します。そして、最終的なコンボランクに応じて報酬が決定します。



勝利報酬&コンボ報酬はこんな感じに。
 
エンカウントバトル勝利時の報酬
悪魔 デビルハンターレベル
ヘルカイナ +4
デスシザース +4
ルサキア +7
ベヒモス +20
ヘルジュデッカ +10
シルバーエンプーサ +4
 
エンカウントバトルのコンボ報酬
コンボランク デビルハンターレベル
D +3
C +5
B +7
A +10
S +20

シルバーエンプーサは勝利すればコンテニューオーブの獲得も確定し、それ以外の悪魔は勝利時に欠片の獲得抽選が行なわれます。



エンカウントバトル後は、通常ステージに戻り再びエンカウントバトルに期待する流れとなりますが、ここで重要となってくるのがロックオンシステムです。

ロックオンシステムとは、一度戦った悪魔は同一周期内なら勝率がアップするというもの。ロックオンは青と赤があり、エンカウントバトル敗北後はロックオン青となり次回勝率80%。エンカウントバトル勝利後やロックオン青での敗北ならロックオン赤となり、勝利確定となります。こういった仕組みゆえ同一悪魔との再戦がアツく、エンカウントバトル発生時はロックオンが発動している悪魔の登場に期待したいところです。



そして、エンカウントバトルでデビルハンターレベルを上げながら100G+α経過するといよいよ「デビルバトル」に発展です。



デビルバトルは、デビルハンターレベル=撃破率で勝敗を抽選。内部的に敗北でも強レア役成立なら勝利に書き換え、弱レア役は5.1%で勝利書き換えとなります。

デビルバトルで戦うボスは最大7体。ミッションという形で表示され、ボス撃破でブルーローズジャッジに発展し、報酬が決定されます。
 
ボス撃破時のAT以上の期待度
ミッション ボス 期待度
1 ゴリアテ 30.5%
2 ギルガメス 1.8%
3 エルダーゲリュオンナイト 21.1%
4 ノーバディ 4.1%
5 キングケルベロス 18.6%
6 アルテミスミラージュ 30.6%
7 マルファス 100%

ボスごとにAT期待度が異なり、1周期目のボス「ゴリアテ」はAT以上の期待度が30.5%。



ボス撃破で得られる報酬は以下の5種類が存在します。

・ショートカット(青)……次の周期を飛ばしデビルバトルへ
・ショートカット(赤)……複数の周期を飛ばしデビルバトルへ
・デビルラッシュ
・DMCボーナス
・バージルバトル

報酬のメインはショートカット(青)。これは現在の撃破率を保持したまま次の周期を飛ばし次のデビルバトルへ発展となります。ショートカット(赤)なら複数飛ばします。デビルラッシュなら文字通りATへ、稀にDMCボーナスやバージルバトルが選ばれることもあります。

デビルバトルのイメージとしては、デビルバトル勝利でAT確定になることは少なめで、ショートカット獲得で連戦している最中にATを射止められればラッキーといった印象です。

特に、1周期目は100G間高確となり、さらに周期突入前にニコズショップにも入るためデビルブレイカーを複数保持していることがほとんど。それゆえ、1周期目終了時点でのデビルハンターレベル=撃破率が80%、90%なんてことも十分あり得ます。そうなると、ゴリアテ戦では勝利しやすく、さらに勝利すればAT以上の期待度が30.5%とまぁまぁ期待できます。そこでAT当選せずショートカットを獲得しても撃破率を保持したまま次のデビルバトルに突入するため、ATの期待感が高いまま次戦に臨むことが可能です。実戦では、撃破率85%で勝利を重ね、ATに繋がらない不運に見舞われながらも最後の7体目ボスを撃破しAT当選となったこともありました。このボス7体目が天井となっているため、最悪でもそこまで到達すればAT当選となります。このボス天井以外に、8周期消化でAT確定となる周期天井も存在します。



デビルバトル中は、タイトル表示、セリフ、イクシードアクション、カットイン、攻撃パターン、押し合いなど、チャンスアップが1つでも出れば結構期待できます。AT期待度が高いボス戦の際は、特に注目です。

デビルバトル敗北時は通常ゲームに戻り、また周期が1G目からスタートとなりますが、ここでもロックオンシステムが発動する可能性があります。

ロックオンシステムの発動率は敗北時の5.1%で、2連敗時は100%発動となります。発動すれば次回のデビルバトルは勝利確定となり、上部液晶に発動マークが表示されるので空き台はそこもチェックするといいでしょう。

では、AT「デビルラッシュ」を見ていきましょう。



AT「デビルラッシュ」は初回100枚+αの枚数管理型AT。突入時は上乗せ特化ゾーン「スペシャルデビルタイム(SDT)」からスタートします。ちなみに、AT突入画面が赤エフェクトではなく紫エフェクトなら裏デビルラッシュとなりAT性能が倍以上となるようです(AT当選時の一部で突入)。

SDTはST型の仕様で、ここでもトリプルコンボトリガーが重要となってきます。



SDT中は各キャラに対応した役が成立すれば規定枚数を上乗せし、STゲーム数を再セット。レア役なら上乗せ確定+現存する全キャラのSTゲーム数を再セットするため大チャンスです。

SDT突入時はサブ液晶をタッチ。タイミングとしてはブルーローズジャッジでのAT告知時(AT中ならSDT告知時)で、筐体右のDRランプの色がSDTレベルを示唆します(青≪緑≪赤)。SDTレベルが高いほど長いSTゲーム数が期待できます。ちなみに、SDT突入時にセットされるSTゲーム数は5〜16G。長いゲーム数ほど当然上乗せ期待が高まります。



SDT中にキャラのSTゲーム数が0になると離脱のピンチ。その後、トリプルコンボトリガーやレア役以外が成立すると離脱となり、全キャラが離脱するとSDTは終了となります。全キャラ離脱までに上乗せ累積200枚に到達することがここでの目標です。200枚到達でSDTは終了となりますがDMCボーナスへ突入となります。



DMCボーナスは20G継続。消化中は高確率でSDTをストックします。

DMC突入時の7揃いは青7揃いと赤7揃いがあり、ストック期待度は青7揃いが約30%、赤揃いなら約70%。DMCボーナスの種別振り分けは1:1で、準備中のレア役で赤7揃いへの昇格も期待できます。昇格率は、弱レア役で3.1%、強レア役なら25.0%。

SDT中はトリプルコンボトリガーやレア役でSDTのストックを抽選。個別のストック率はこんな感じ。
 
DMCボーナス中のSDTストック率(ストックなし)
成立役 青7揃い 赤7揃い
トリプルコンボトリガー 3.1% 13.3%
弱レア役 25.8% 51.6%
強レア役 80.1% 100%
 
DMCボーナス中のSDTストック率(ストックあり)
成立役 青7揃い 赤7揃い
トリプルコンボトリガー 0.8% 2.0%
弱レア役 12.5% 25.8%
強レア役 51.6% 100%

ストックの有無でストック当選率が変化し、ストックなし時はかなり当選しやすくなっています。トータルすると、ストックなし時のストック当選率は青7揃いなら56.3分の1、赤7揃いは17.1分の1。ストックあり時のストック当選率は青7揃いなら156.1分の1、赤7揃いなら70.3分の1となります。

DMCボーナス突入時は演出モードを選択します。


 

「演出モード1:チャンス告知」

様々な演出でSDTのストックを告知。

キャラ告知演出は、ネロ(期待度9.7%)≪V(期待度17.4%)≪ダンテ(期待度79.5%)の順に期待度アップ。

ステップアップ演出は、ステップ1(青)なら期待度72.8%、ステップ2(緑)は期待度77.8%、ステップ3(赤)は期待度99.2%、ステップ4(虹)はストック確定。

狙えカットイン発生時はBAR揃いでストックが確定。カットインは3種類存在し、ネロは期待度51.1%、男性集合は期待度93.3%、女性集合ならストック確定。

以下の演出法則も存在。
・押し順ベル+演出でフェイク含む前兆確定!?
・弾痕演出からの発展はダンテのキャラ告知濃厚
・レコード演出の最初に映るキャラがネロ以外なら発展演出は当該キャラ以上が濃厚
・トリプルコンボトリガーやレア役以外からの前兆開始はストック濃厚


 

「演出モード2:完全告知」

完全告知は、フリーズ発生でストック確定。
告知タイミングの振り分けは、レバーON時が32.5%、リール回転開始時は29.6%、リール回転開始+余白は19.1%、第1停止時は7.6%、第3停止時は11.2%。どこからでもフリーズが期待できるというわけです。

BEAT UP ZONE突入時は告知発生に期待。期待度は40.5%あり、紫エフェクトのHYPERなら期待度97.8%に。

以下の演出法則も存在。
・弱レア役でBEAT UP ZONE HYPER突入ならストック濃厚
・押し順ナビでトリプルコンボトリガーならストック濃厚


DMCボーナス後はATへ突入となり、SDTのストックを保持していれば前兆経由でSDTへ突入となります。

AT中の抽選にも触れておきましょう。



AT中はトリプルコンボトリガーやレア役でクレイジーポイントを獲得。クレイジーポイントの蓄積数は液晶上部に表示され、規定pt到達でSDTに突入となります。

クレイジーポイントの獲得率はこんな感じ。
 
成立役別クレイジーポイント獲得振り分け
pt リプレイ Vベル ダンテ目 弱レア役 強レア役
0 90.2% - - - -
5 - 50.0% 80.5% - -
10 - 25.0% - - -
20 - 20.0% - - -
30 - 3.0% 18.0% 57.0% -
50 - 1.6% - 19.1% -
100 9.0% 0.4% 1.5% 18.8% 32.0%
200 0.4% - - 2.7% 35.2%
300 0.4% - - 1.6% 18.8%
500 - - - 0.4% 9.3%
1000 - - - 0.4% 4.7%

Vベルやダンテ目は獲得確定。リプレイは獲得率が9.8%と低めながら獲得時は100pt以上。

クレイジーポイントの蓄積数が一定数に到達するとポイント枠の色が変わり、煽り演出が発生。



オーブ出現で前兆開始のオーブモードへ突入し、連続演出で当否告知となります。

ポイント別ゾーン期待度はこんな感じ。
 
ゾーン別期待度
pt 期待度
0〜49
50〜99 -
100〜149
150〜199
200〜249
250〜299 -
300〜349
350〜399
400〜449
450〜499 -
500〜549
550〜599
600〜649
650〜699 -
700〜749
750〜799
800〜849
850〜899 -
900〜949
950〜999

表中の記号は、-≪△≪◯≪◎の順に期待度アップ。天井は999pt。ポイントの規定数はAT突入時に決定し、以後ポイントからSDTに突入するごとに再セットとなります。

プレミアムAT「バージルバトル」にも触れておきましょう。



バージルバトル突入時は40Gのオープニングからスタートし、以後1セット5Gのバトルが展開。ネロが負けない限り継続し、その継続率はなんと98.8%! 負けた場合はATへ移行となります。

バージルバトルの突入契機は、フリーズ、ブルーローズジャッジの一部、SDTで上乗せ累積200枚到達時の一部など。



最後に設定推測要素に触れて終わりとなります。
 

【設定推測要素】


『AT&DMCボーナス終了画面』
・ネロ&V……デフォルト
・ユリゼン……デフォルト(DMCボーナス中にSDTをストック)
・女性集合……高設定示唆
・ギルガメス……設定2否定
・エルダーゲリュオンナイト……設定3否定
・ノーバディ……設定4否定
・ダンテVSユリゼン……設定4以上
・Congratulations!……設定5以上
・エンタライオン……設定6!?

ネロ&Vは2パターンありますが、どちらもデフォルトパターンなので特に気にする必要はないのかなと。

『サブ液晶の枠色』
・青……デフォルト
・黄……設定2以上
・赤……設定3以上
・紫……設定4以上
・紅葉柄……設定5以上
・虹……設定6!?

サブ液晶の枠色は、さりげない設定示唆要素。コンテニューオーブの有無などもチェックできるため、空き台はサブ液晶チェック→上部液晶のロックオンをチェックしたいところです。

『エンディング終了画面(条件付き)』
・Dismal……奇数設定示唆
・Crazy……偶数設定示唆
・Badass……設定2以上
・Apcalyptic……設定3以上
・Savage!……設定4以上
・Sick Skills!……設定5以上
・Smokin' Sexy Style!……設定6!?

エンディング終了画面は、コンテニューオーブ所持かつサブ液晶にタッチすると発生。条件が厳しいだけに信頼度は高かったりするのかなぁと勝手に思っています。



今回お伝えできる内容は以上となります。

実際打った感じは、上乗せ特化ゾーン「スペシャルデビルタイム(SDT)」の出来次第といった印象です。AT突入時のSDTはSTゲーム数が優遇されてる印象はあるものの、10枚20枚乗せて終わりなんてことも多々あります。一応、AT終了時に突然SDTに突入する救済措置もありますが、その確率は0.8%と微々たるもの。実戦では一度この救済当選しましたが、もしかしたら獲得枚数が少ないと突入しやすいなど条件があるのかもしれません。

一方で、SDTとDMCボーナスのループが決まり、ある程度まとまった初期枚数を獲得すればかなり安定して伸ばせます。実戦上、リミットが近くなるとバージルバトルに突入しやすくなる雰囲気もあり、とりあえずは1000枚、1000枚到達後は1500枚と気を緩めずエンディングに向け加速させていきたいところです。

そして注意点が1点。AT後は即ヤメせず、1周期消化は悪魔討伐隊としては必須事項。100G+αと3000円分程度回すことになりますが、1周期目はデビルハンターレベルがかなり上がりやすく1周期消化のAT期待度は40%超を誇ります。1周期目のデビルバトルでゴリアテに負けても、次の周期のデビルバトルで戦うのはゴリアテなので、再びAT以上の期待度は30.5%と期待感は維持される特徴もあります。なので、2周期目になってデビルハンターレベルが25Lvからスタートとなりますが、個人的には1周期敗北後の2周期目も続行しています。また、空き台チェックの際はサブ液晶で枠色変化の設定示唆が出ていないか、コンテニューオーブはないか、上部液晶で次のデビルバトルの悪魔はなにか、ロックオンは発生していないかなどを見るようにしています。そして、少しでも条件が良さそうなら打つようにしています。というのは、ATをやりたいから。とりあえずSDTを一発やりたいから。SDTとDMCボーナスのループが何回も決まるとホント病みつきになりますから。ぜひお試しを。


※ページ内の情報&数値は独自調査



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

Page Top