最新記事一覧

『P北斗の拳 暴凶星』の激アツ演出信頼度を奥義伝承!
『P北斗の拳 暴凶星』の激アツ演出信頼度を奥義伝承!
『スマスロモンキーターンV』設定推測特集! 〜弱レア役でのAT直撃は設定4以上確定!!〜
『スマスロモンキーターンV』設定推測特集! 〜弱レア役でのAT直撃は設定4以上確定!!〜
最大継続率約82%×出玉オール2000個の最強RUSH搭載『PLT OVERLORD魔導王光臨』特集!
最大継続率約82%×出玉オール2000個の最強RUSH搭載『PLT OVERLORD魔導王光臨』特集!
『忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~』見どころ特集! 〜懐かしの“よしぱす”が設定看破の鍵!?〜
『忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~』見どころ特集! 〜懐かしの“よしぱす”が設定看破の鍵!?〜
「ユニバカ×サミフェス2024」開催!
「ユニバカ×サミフェス2024」開催!

『忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~』見どころ特集! 〜懐かしの“よしぱす”が設定看破の鍵!?〜

▼機種情報『忍魂参 ~奥義皆伝ノ章~』
https://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6912


今週リリースされた新台4機種の中からピックアップしたのはこちら。



『忍魂参〜奥義皆伝ノ章~』。
タイトルに“参”とあるように、シリーズ機になります。
頻繁に登場しているわけではないので、初めて聞いたという方もいるかもしれません。

・1作目『忍魂』(2009年1月)
・2作目『忍魂弐〜烈火ノ章〜』(2013年7月)
・3作目『忍魂〜暁ノ章〜』(2017年5月)

1作目は5号機初期に登場し、ゲーム数上乗せタイプとして人気を集めました。それから4年ごとに2作目3作目とリリースされ、そして約7年ぶりに4作目となる今作が登場しました。ゲーム数上乗せに重きを置いた歴代機種、そしてスマスロとなった4作目。一体どんなゲーム性なのか、順を追って説明していきたいと思います。



本機は、1G純増約2.0or4.5枚のAT機。メインAT中は1G純増約2.0枚で進み、状態が上がると1G純増が約4.5枚にアップとなります。

スペックはこちら。
 
スペック
設定 初当たり確率 出玉率
1 1/368.7 97.8%
2 1/362.9 99.1%
3 1/352.4 101.4%
4 1/334.4 105.5%
5 1/318.1 108.5%
6 1/305.0 112.0%

出玉率は設定4で105.5%と高め。50枚あたりのゲーム数は約34G。
 
レア役確率
レア役 確率
通常ゲーム中 AT中
スイカ 1/116.4
チェリー 1/60.7
チャンスリプレイ 1/119.0 1/466.0
チャンス目 1/238.3

小役確率でわかっているのは上記レア役のみ。押し順ナビからのリプレイテンパイハズレとなるチャンスリプレイは、状況によって確率が変化します。

ではゲームの流れに沿って見ていきましょう。



通常ゲーム中は周期抽選方式となっており、まずは周期パートとなる昼ステージ(開化の町or忍の里)からスタート。ここでは1G消化するごとに周期ポイントが1pt以上減算されます。成立別の減算期待度は、ハズレ目≪ベル・リプレイ≪押し順リプレイ≪チェリー≪チャンスリプレイ≪チャンス目・確定役≪スイカの順にアップ。確定役は忍魂図柄揃いなどのパターンで、文字どおり何かしらが確定します。



累計100pt減算すれば周期到達となり、ジャッジ演出が発生します。ここまでに要するゲーム数は平均60Gほど。

ジャッジ演出では、CZ突入やAT直撃などが期待でき、AT直撃には大きな設定差が存在します(設定6は設定1の2.5倍)。そこでCZやAT直撃にならなかった場合、高確パート(夕方or夜)へ移行となります。

「周期パート中の注目箇所」
・紫忍が右から通過……出現するほど周期到達時に高確パート(夕方)以外の期待度アップ
・周期ポイントカウンター……緑は高確パート(夜)以上の期待度アップ、赤ならAT直撃濃厚

では、周期パート中のレア役では何を抽選しているのかというと「高確札」の獲得を抽選しています(チャンス目ではCZも抽選)。高確札は獲得するとリール右に表示され、その色によって高確の加算ゲーム数を示唆します。色が白なら1G以上、青は10G以上、黄は20G以上、緑は30G以上、赤は40G以上。



高確パートは、夕方ステージ(忍ヶ岳)と夜ステージ(幻龍神社)の2種類が存在。どちらも20G+高確札で獲得したゲーム数継続となります。

夕方ステージは、全役でCZやATを抽選。CZ期待度約44%、AT期待度約1%、トータル期待度45%と、当選するのはCZがメインとなっています。
 
夕方ステージ中のCZorAT当選率
(設定1)
成立役 当選率
スイカ 50.0%
チェリー 30.1%
チャンスリプレイ 40.2%
チャンス目 100%
確定役 100%
その他 0.4%

これは設定1の当選率。チャンス目はCZ濃厚。確定役ならAT濃厚です。



夜ステージは、夕方ステージよりも期待度がアップし、CZ期待度約55%、AT期待度約10%、トータル期待度65%。
 
夜ステージ中のCZorAT当選率
(全設定共通)
成立役 当選率
スイカ 75.0%
チェリー 40.6%
チャンスリプレイ 50.0%
チャンス目 100%
確定役 100%
その他 1.6%

こちらの抽選は全設定共通となっており、確定役はもちろんチャンス目でもAT濃厚となります。

高確パートで規定ゲーム数を消化すると再び周期パートへ移行し、通常ゲーム中はそれを繰り返しながらCZへの突入を目指します。

ではCZへ。



CZ「潜入」は、索敵パートと攻撃パートを行き来しながらボスバトル勝利=ATを目指します。期待度は約40%。

CZ確率はこんな感じです。
 
CZ確率
設定 確率
1 1/147.0
2 1/145.7
3 1/143.1
4 1/138.6
5 1/133.7
6 1/132.0

設定が上がるにつれ確率もアップしていきます。



CZは、索敵パートからスタート。索敵パートは1セット7GのST型で、小役が成立すれば減算がストップし、攻撃パートへ移行します(ハズレ目で移行することも)。1Gあたりの小役入賞期待度は1/3。



攻撃パートでは、小役成立で敵を攻撃。与えるダメージは基本的にダメージ1となりますが、追撃により複数ダメージとなることもあります。

この攻撃パートで登場する敵は3種類。

「攻撃パート中の敵」
・メカ忍5人……HP3、最低2G滞在
・メカ忍3人……HP2、最低2G滞在
・メカバレル……HP1、最低1G滞在

敵によってHPが異なり、攻撃を重ねHPを0にすると階層が1つ上がり索敵パートが1G目から再スタートします(メカバレルを倒したときは2階層アップ)。

滞在保障ゲーム数がなくなったあとのハズレ目では終了抽選が行なわれ、これに当選すると減らしたHPはそのままで索敵パートへ移行となります(この場合は索敵パートの残りゲーム数からスタート)。



索敵パートでのレア役は攻撃パートへの移行が確定するほか、メカバレルや攻撃ストックのチャンスとなります。攻撃ストックがあれば攻撃確定となるので、レア役1回から攻撃パート→メカバレル→撃破→2階層アップという離れ技も可能です。

CZ中の小役確率は3分の1。これをいかにタイミングよく引けるかが重要です。そして、索敵パートと攻撃パートを行き来しながら階層アップを目指し、索敵パートのゲーム数がなくなるとボスバトルへ発展となります。

最終的な階層によって期待度も変化。第3層は期待度約40%、第4層は期待度約65%、第5層は期待度約80%、第6層ならAT濃厚です。



ボスバトルで登場する敵は3種類。ラウド≪Dr.マッド(屋内)≪ミザリー≪Dr.マッド(屋外)の順に期待度がアップし、ミザリーは期待度約90%、Dr.マッド(屋外)なら勝利濃厚です。ミザリーでも第1層や第2層からの発展なら勝利濃厚になるため、索敵パート中の階層も要チェックです。

ボスバトル中のレア役は勝利書き換えのチャンス。スイカや弱チェリーは約10%で書き換えとなり、チャンス目なら書き換えが濃厚。

また、第6層からのボスバトルはAT確定ですが、バトル中にリーチ目(約21分の1)が出現すれば+ボーナスの恩恵もあります。勝ち確ではありますが、出目にも注目です。

そして、ボスバトルに勝利すればいよいよATへ突入です(敗北時は周期パートへ)。



AT「月光ノ刻」は初回50G、2セット目以降は40Gとなっています。AT初当たり時に最大6セットまで獲得する可能性があり、AT中のボーナスでもセット上乗せが期待できます。月光ノ刻の1G純増は約2.0枚。

ここでは、ゲーム数を上乗せしながら上位の状態を目指します。



レア役はゲーム数の上乗せやボーナスのチャンス。上乗せは1契機で10〜300G。小役別では、スイカ≪チェリーの順となっており、チャンスリプレイやチャンス目、確定役なら上乗せ濃厚です。大量上乗せ期待度は、チェリー≪チャンスリプレイ≪チャンス目≪スイカ≪確定役の順で、スイカでの上乗せなら50G以上、確定役なら100G以上が濃厚。



ベルの一部で発生する「ベルフリーズ」は100or200or300G上乗せ。第3停止後の違和感は至福のときです。



上乗せ時の一部で発動する「倍増拳」。上乗せゲーム数が4〜30倍に倍増します。



AT中は画面右上に月カウンターが表示。AT開始直後の「X・?・?」発生でまずポイントを獲得し(その際ベルが揃えば大量獲得のチャンス)、AT中は11枚ベルが揃うごとにポイントを獲得していきます。

ここでAT中のナビについて触れておきましょう。



AT中のナビは、パターンが複数存在します。この色ナビ(押し順ナシ)は、ベルorリーチ目。



色ナビ(押し順アリ)は、11枚ベルorリーチ目。



色ナビ(押し順あり帯電)は、11枚ベルor忍目。忍目とはベルのテンパイハズレとなる停止型で、上乗せ契機です。



押し順ナビ(黄)は、11枚ベル。



押し順ナビ(白)は、リプレイor共通ベルorチャンスリプレイ。



押し順ナビ1stのみ(黄)はベルで、押し順正解なら11枚、不正解は1枚。



押し順ナビ1stのみ(白)は、リプレイorベル。


AT中は11枚ベルを揃え月カウンター25pt到達を目指します。そして到達すると「赤月ノ刻」への突入抽選が行なわれます。



赤月ノ刻は、レア役成立=上乗せ濃厚の激アツ状態。継続ゲーム数は10or20or30G。



上位版も存在し、大赤月ノ刻なら上乗せで3桁上乗せ濃厚となります。



また、月光ノ刻で楓が同行するとセット継続が確定します。BGMが変化し、周りからでも確認可能です。



ボーナスにはレア役での抽選のほか、リーチ目出現でも突入となります。左リール色指定の色ナビ(押し順ナシ)の一部で移行する「リーチ目高確」中ならリーチ目期待度約25%もあるので、叩きどころです。



ボーナスは、100枚獲得で終了する枚数管理型。消化中は巻物メーターを貯め最後に報酬を獲得します。



ボーナス中は狙え演出で忍魂図柄が停止すると、その停止数に応じてメーターがアップ。ベルの一部でもメーターがアップします。メーターは銅≪銀≪金の順に期待度がアップし、最終的なメーターに応じて報酬抽選が行なわれます。

報酬は、ゲーム数上乗せ10〜30G、セット上乗せ、神速ノ刻など。

月光ノ刻に話を戻しましょう。



月光ノ刻のお楽しみ要素として、「先バレルモード」も搭載しています。十字キーの下で設定可能で、先バレルSE発生→バレル出現→上乗せの流れを楽しめます。信頼度を25or50or100%の中から設定でき、例えば100%にすると、先バレルSE発生の時点で上乗せ濃厚となります。



そして、月光ノ刻でポイントとなるのがこの狙え演出。ゲーム数上乗せ後などで発生し、中リールに青7を狙って「青7・チェ・青7」が停止すれば奥義目となります。そうなると、月光ノ刻の減算がストップし、神速ノ刻へ移行します。奥義目出現時、左&右リールに青7を狙い、どちらも中段に止まれば神速ノ刻50Gもしくは裏月光ノ刻へ移行するので、狙ってみるといいでしょう。



神速ノ刻は、20G以上継続(上乗せからの突入時はそのゲーム数が初期ゲーム数)。1G純増が約4.5枚にアップし、出玉スピードもアップします。ここでは以下のような抽選が行なわれます。

「神速ノ刻中の抽選」
・レア役……月光ノ刻のゲーム数上乗せ、ボーナス
・奥義目……神速ノ刻のゲーム数上乗せ(100%)
・忍目……神速ノ刻のゲーム数上乗せ(100%)

奥義目や忍目で神速ノ刻自体のゲーム数を上乗せしながら延命しつつ、その間にレア役を引いて月光ノ刻のゲーム数上乗せやボーナスを期待する流れです。

そして、規定ゲーム数を消化すると月光ノ刻へ。

また、神速ノ刻を50G消化するごとに「裏月光ノ刻」への移行抽選も行なわれます。これにヒットすれば超激アツなので、神速ノ刻突入時はとりあえず50G継続が目標となります。



裏月光ノ刻に移行すると、月光ノ刻と神速ノ刻の残りゲーム数を加算したものが初期ゲーム数となります(20G以下の場合は20G)。こちらもまた1G純増約4.5枚となっています。

裏月光ノ刻はセット継続型。規定ゲーム数の消化で継続抽選が行なわれ、継続率は約80%。ここでのレア役は継続ストックや再廻ノ試練権利を抽選します。

継続抽選から漏れると終了となりますが、再廻ノ試練の権利を獲得していればそちらへ突入します。



エンディング終了後などでも突入する「再廻ノ試練」は、15G継続の引き戻しゾーン。奥義目が出現すれば上位AT「真神速ノ刻」へ突入となります。全役で奥義目の抽選が行なわれ、レア役は期待度40%以上、チャンス目なら出現濃厚です。トータルの期待度は約52%。

規定ゲーム数内に奥義目が出現しなかった場合は通常ゲームへ移行となりますが、1周期目でのATが確定するため即ヤメ厳禁です。

上位AT突入時は、「バレルCRASH」で初期ゲーム数を決定。



バレルCRASH中は毎ゲーム成立役に応じて上乗せが発生。トータルの上乗せは約160G。ちなみに、CZ「潜入」第6層到達時の一部で突入する「プレミアムバレルCRASH」なら上乗せ性能がアップし、トータルの上乗せは約310Gとなっています。

上乗せ非発生時の一部で終了となり、上位ATがスタート。



上位AT「真神速ノ刻」は、基本的に神速ノ刻と同じゲーム性です。1G純増は約4.5枚。レア役で真神速ノ刻自体のゲーム数上乗せが期待できるほか、再廻ノ試練の権利獲得などもあります。この上位ATと再廻ノ試練を行き来する「疾風ループ」がスマスロとなった今作の最大の魅力です。


最後に、設定推測要素について。

設定推測要素1.AT中獲得枚数

456枚突破で設定4以上、666枚突破なら設定6。

設定推測要素2.よしぱす

神速ノ刻終了画面で画面左下に出現する「よしぱす」。
以下の法則性があります(マッド=Dr.マッド)。

*「疾風・マッド・疾風」……高設定示唆(弱)
*「楓・マッド・楓」……高設定示唆(弱)
*「メカロゴ・楓・メカロゴ」……高設定示唆(弱)
*「マッド・楓・マッド」……高設定示唆(弱)
*「疾風・楓・疾風」……高設定示唆(強)
*「マッド・メカロゴ・マッド」……設定2以上
*「マッド・マッド・マッド」……設定4以上
*「疾風・疾風・疾風」……設定5以上
*「楓・楓・楓」……設定6

設定推測要素3.AT終了画面

上記画面は基本パターン。



これは高設定示唆(弱)。



高設定示唆(強)。



設定2以上。



設定4以上。



設定5以上。



設定6。
 

設定推測要素4.エンディング中ボイス

エンディング中のレア役時にPUSHを押すとボイスが発生。

*柊「頑張ってください!」……奇数設定示唆
*アラシ「やってやるぜ!」……偶数設定示唆
*幻龍斎「忍びとは!悪に立ち向かう者也!」……設定1否定
*柊「一緒に修行に励むのです」……設定2否定
*アラシ「気を抜くんじゃないぞ」……設定3否定
*Dr.マッド「天才は何度でも蘇るものさ!」……設定4以上
*疾風「忍魂ぃぃい!」……設定5以上
*楓「忍魂ぃぃい!」……設定6


今回お伝えできる情報は以上です。エンディングに到達すれば設定推測の材料も集めやすくなっていますし、再廻ノ試練→上位ATの「疾風ループ」も期待できます。
そのためにもAT「月光ノ刻」突入後は赤月ノ刻や神速ノ刻など上乗せを引っ張ってくる“良い状態”へどれだけ移行できるかが鍵になります。
爽快かつ多彩な上乗せアクションをぜひご堪能ください。


※ページ内の数値&情報は独自調査



(C)DAITO GIKEN,INC.

Page Top