最新記事一覧

SnapCrab_NoName_2018-10-19_17-42-52_No-00
西陣の新機種『P春一番~花札昇舞~』の機種サイト&PVが公開!
181019_sammy.pdf - Adobe Acrobat Pro
「ケツメイシLIVE 2018 お義兄さん!! ライナを嫁にくださいm(_ _)m in メットライフドーム」にサミーブースが登場!
遊技産業健全化推進機構
機構、平成30年度上半期の機構立入検査活動の実績を発表
5555
婚前恋愛を最大限に楽しむチュウモクポイント!! 『百花繚乱 サムライブライド』の解析攻略を大公開!
三洋1
三洋物産が「CRクジラッキー」をリリース

中古機流通協議会、認定の点検確認料を一部値上げ

中古機流通協議会(伊坂重憲委員長)は10月11日、同協議会を構成する6団体(全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商)に、「遊技機の認定申請に係る点検確認料の一部改正について」と題する文書を発出。

取扱実務費2万7000円(1件あたり)、書類発給手数料(1機種あたり)1万円、確認証紙代(台あたり)300円、旅費(実費)はこれまで通りだが、閉店後の点検確認料を従来の台あたり1000円から5000円に。日中の作業と価格差を設けた。

9月27日の臨時協議会において、閉店後の作業は販社の経営を圧迫しているなどの理由から、同料金の検討を全日遊連・全商協・回胴遊商の3団体に一任していたもので、適用は10月12日の依頼分から。また、今回は、中古移動に係る点検確認料は改定せず、中古移動、および認定申請に係る2018年2月1日以降の点検確認料は、あらためて検討するとしている。

 

提供元:プレイグラフ

Page Top