最新記事一覧

171123_010[1]
マルハン社員 狩野 亮選手 平昌2018冬季パラリンピック大会出場決定!
楽園/浜友グループ
楽園/浜友グループ、東日本大震災義援金と熊本震災義援金を寄付
エンビズが等価廃止の影響についてアンケート
エンビス総研、パチンコ景気動向指数(DI)で全般的業況は悪化、3ヶ月も継続する見込みと発表
2018-01-23_135124
『パチスロ超GANTZ』のデモ映像が公開!
遊楽/ガーデングループ
遊楽/ガーデングループが子育てサポート企業として2度目の認定

中古機流通協議会、認定の点検確認料を一部値上げ

中古機流通協議会(伊坂重憲委員長)は10月11日、同協議会を構成する6団体(全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商)に、「遊技機の認定申請に係る点検確認料の一部改正について」と題する文書を発出。

取扱実務費2万7000円(1件あたり)、書類発給手数料(1機種あたり)1万円、確認証紙代(台あたり)300円、旅費(実費)はこれまで通りだが、閉店後の点検確認料を従来の台あたり1000円から5000円に。日中の作業と価格差を設けた。

9月27日の臨時協議会において、閉店後の作業は販社の経営を圧迫しているなどの理由から、同料金の検討を全日遊連・全商協・回胴遊商の3団体に一任していたもので、適用は10月12日の依頼分から。また、今回は、中古移動に係る点検確認料は改定せず、中古移動、および認定申請に係る2018年2月1日以降の点検確認料は、あらためて検討するとしている。

 

提供元:プレイグラフ

Page Top