最新記事一覧

konami_eyecatch
コナミアミューズメントが『GI優駿倶楽部2』を発表
コナミアミューズメント、パチスロ新機種『GⅠ優駿倶楽部2』のティザーサイト&PVを公開
コナミアミューズメント、パチスロ新機種『GⅠ優駿倶楽部2』のティザーサイト&PVを公開
京楽、『ぱちんこ AKB03 誇りの丘』全国ファン試打会に1200名が参加
京楽産業.、『ぱちんこ AKB48-3 誇りの丘』全国ファン試打会に1200名が参加
経済産業省
経産省、2018年10月分「特定サービス産業動態統計速報」を発表
181211_news
『ぱちんこAKB48-3 誇りの丘』導入記念! 推しメンQUOカードプレゼント!

新台ウッテミタ『SLOTファミリースタジアム』

SLOTファミリースタジアム

▼機種情報
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=5310

ファミスタの愛称で親しまれたファミコンゲーム「ファミリースタジアム」。
これが出たときはめっちゃハマリましたね。
それまでに登場していた「ベースボール」でも十分面白かったのに、ファミスタはそのさらにはるか上を行ってましたから。
登場キャラも実在の人物がベースだったりと、このゲームのおかげで巨人以外の選手名も覚えましたし。

子供の頃によく遊んだゲームがパチスロになったわけですから、打たない理由なんてありません。
懐かしい映像がないのは残念ですが、きっとそれなり良さがあるはず。それを期待し打ってみたいと思います。

1

まずは、現時点で判明している設定推測要素のおさらいから。

設定推測要素1:ボーナス確率

設定 赤BB 青BB BB合算 RB ボーナス合算 出玉率
1 1/682.7 1/682.7 1/341.3 1/481.9 1/199.8 97.5%
2 1/675.6 1/675.6 1/337.8 1/431.2 1/189.4 99.3%
5 1/655.4 1/655.4 1/327.7 1/394.8 1/179.1 103.2%
6 1/636.3 1/636.3 1/318.1 1/348.6 1/166.3 107.1%

設定は4段階。
設定が上がるにつれボーナス確率もアップ。
出玉率はやや低め。

設定推測要素2:RBの詳細確率

設定 Cリプ1+RB Cリプ2+RB チェリー+RB 確定役1+RB 確定役2+RB 合算
1 1/862.3 1/3276.8 1/5957.8 1/6553.6 1/6553.6 1/516.0
2 1/789.6 1/2849.4 1/5957.8 1/5041.2 1/5041.2 1/458.3
5 1/771.0 1/2730.7 1/4681.1 1/3855.1 1/3855.1 1/417.4
6 1/668.7 1/2427.3 1/4681.1 1/3276.8 1/3276.8 1/366.1

RBの内訳を見ると、リプレイ重複(1/32768)とベル重複(1/9362.3)には設定差が存在せず。
それ以外の部分、特に確定役との重複に注目。
左リール赤7狙いの小役狙いだと、確定役成立時はリーチ目が出現。

設定推測要素3:小役確率

設定 ベル スイカ1 スイカ2 チェリー 3役合算
1 1/9.9 1/49.4 1/1365.3 1/32.8 1/6.56
2 1/9.8 1/49.0 1/1365.5 1/32.8 1/6.51
5 1/9.7 1/47.1 1/1092.3 1/29.9 1/6.30
6 1/9.2 1/45.9 1/1092.3 1/29.9 1/6.07

リプレイ以外の小役に注目。
ベル、スイカ、チェリーに設定差が存在。
その結果、50枚あたりのゲーム数は設定1で約35.5G、設定6で約37.9G。

設定推測要素4:ボーナス中の設定示唆要素

2

BB中のミニゲームは高設定ほど長打が出やすいとのこと。
ホームランは高設定示唆!?

設定推測要素4:ボーナス中の設定示唆要素

BB中のBGMが「ファミスタ90・ヒッティングマーチ」ではなく、「初代ファミスタ・ヒッティングマーチ」なら設定2以上が確定。
RB中のBGMは「ファミスタ88・チームセレクト」が基本で、「ファミスタ88・ナムコットスポーツ」なら高設定のチャンス。
初打ち時は特にBGMの違いがピンと来ないと思うので、まずは基本のパターンを覚えておきたいですな。

3

RT付きとは言え、シンプルなゲーム性の本機。
小役を数えながら、ボーナス中にも耳を傾け設定推測をしていくという感じです。

では、実戦編へ。
いざ、プレイボール!

4

この機種、ボーナスの大半がチャンスリプレイ「リプ・リプ・ベル」との重複となります。
チャンリプは中段で揃うのがメインで、上段で揃うこともあります。
ボーナス期待度はどちらも同じですが、高設定ほどチャンリプからボーナスが出やすくなっています。
ちなみに、チャンリプ時のボーナス期待度は、20.0%(設定6)~16.9%(設定1)です。

そして、ボーナス時は野球演出を経由してボーナス告知が発生します。
つまり、野球演出が発生しなければほほノーチャンスということです。

野球演出は、レバーONのあとに投球音(予告音)が鳴ればルーレット回転に発展となります。
ちなみに、適当打ちで取りこぼす可能性のあるスイカとチェリー成立時には必ず投球音が発生するという特徴があります。
つまり、通常時は投球音がなければ適当打ちでいいんです。これを覚えておくとプレイはかなり楽になるはずです。
レバーで投球音がなければ適当打ち。要暗記です。
ま、今の機種ほとんどがレバーで演出が発生しなければレア役なしですがね……。

さて、その投球音。3種類が存在します。
基本は「ピューイ♩」。
高速の「ピュイ♩」は、チャンス!
剛速球「ピ♩」は、激アツ!!
ピは違和感ありまくりなので聞き逃しはないでしょうが、基本パターンと高速の違いは意識してないと、認識しづらいかも。

5

投球音がなったら、第1停止で発生する打球音に注目。
打球音は2種類あり、「カキーン♩」が基本で、「ガコーン♩」がチャンスパターン。
第1停止で発生せず、第2停止時に発生することもあり、この場合もチャンスとなります。

打球音が鳴ったらルーレットに注目。
止まったマスによってボーナス期待度が変化します。

通常時の野球演出スタート時のボーナス期待度は、
「ヒット」が15.7%
「ツーベース」が55.6%
「スリーベース」が83.1%
と、長打になるほど期待度がアップし、ホームランならボーナス確定です。

野球演出はアウトになるまで継続し、ヒットなどでランナーが出るほどボーナス期待度もアップ。
最終的にホームインとなればボーナスが確定します。

チャンリプの次ゲームは1GのプチRT状態。
そのゲームは小役以上が確定するため、ハズレ目ならボーナス確定という法則もあります。

6

この野球演出、チャンスパターンがいくつもあります。
先ほどの投球音3種類、打球音2種類、打球音発生タイミングのほかにも次のパターンが発生すれば大チャンスです。

点灯時は派手目な効果音が鳴るキャラランプ。
ボーナス期待度はかなり高めです。ルーレットが高速回転するピノキオ顔の「ぴの」は約55.5%、ルーレットがホームランorアウトのパックマン顔の「ぱつく」は82.9%、「ピッチャー」は80.6%、上部パネルの左のバッターが点滅ならボーナス確定です。
通常時のレバーON時に発生することもあれば、野球演出中に発生することもあります。

また、ルーレットは、回転速度が早かったり逆回転なら期待度アップとなり、回転ではないホームランorアウトやホームランorヒットのような限定パターンもチャンスとなります。

7

野球演出発生後は速やかにボーナスを狙いに行きます。
成立頻度の高いチェリー(設定1で1/32.8)とスイカ(設定1で1/47.7)をケアしつつボーナスを揃えに行くことが重要です。

そのためには、まず左リール下段にBARをビタ押し。
BARが下段に止まったら、RB orベルorスイカと小役以上が確定します。
次は右リールにBARを狙い、下段に止まったらRBなので、中リールにもBARを狙う。右リール中段にBARが停止したときはスイカ(RB内部当選中)なので、中リールにもスイカを狙うことをお忘れなく。

8

ハズレ時は、左リール上段に赤7が停止します。右リール中段or下段に赤7を狙い、ゲチェナが停止すれば赤BBが確定です。
写真のように、小役もボーナスも否定ならハズレとなり種無し確定となります。
そんな感じで、ハズレ目が出るまでこれを繰り返します。

ちなみに、青BB時は赤7が左リール下段までスベって、リーチ目で察知となります。

9

打ち始めるにあたって、覚えておきたい点は以上。
打ち方や、出目のバリエーションは少ないので、そう難しくはありません。

最初のボーナスは、投資すること3000円目。
チャンリプからRBが当選します。この機種、ボーナス後にもれなくRT「延長戦」に突入し、BB後は30G固定、RB後はチャンリプまでRTが継続します。

10

BB後のRTはチャンリプ成立=ボーナス確定という法則があるため、チャンリプの可能性のある投球音が発生するだけでチャンスとなります。
一方、RB後のRTはチャンリプでRTが終了するため、投球音にビクビクしながら消化となります。
まぁ、チャンリプで終了と思いきやボーナスという逆転パターンはあるので、出目で否定されるまでは期待感は持続できます。

RB後のRTは、通常時同様、47.6分の1でチャンリプが成立します。
なので、RTは平均50G弱継続する計算になります。

そんな一発目のRTは25Gで終了。
あっさり凡退です。すると……。

11

速攻、赤BB! さらに……。

12

先頭打者ホームラン! BB中にミニゲームで、な、な、なんとホームランが発生したであります!

13

小冊子にも書いてあるように、これは深い意味がある思っていいでしょう。設定6確定?

というわけで、ブン回し体勢に突入です。
小役は別々にカウントしてましたが、計算しやすいようにベル、スイカ、チェリーの合算カウントにシフトチェンジ。ギアを上げます!

14

先ほどのBB中ホームランの後押しもあるからか、ボーナスが軽い軽い。
設定6を凌駕するボーナス出現率にやっぱ6は違うなぁ。
出てくるのはRBばかりなので、出玉は一向に増えませんがね。

増えない出玉。
残塁に次ぐ、残塁。
チャンスを活かしきれないもどかしさ。
RB後RTを148G引っ張るなんて粘りもありましたが、ついに……。

15

スッカラカン。
BB中ホームランって、設定6確定ではない? 設定5or6が確定するだけ? あるいは、高設定濃厚? 低設定でも出たりするのかな? 疑心暗鬼に陥ります。

最初にホームランが出たので過信してました。
それ以降のBB中は、タイミングビタ押しという手抜き作業。
毎回きっちりビタ押しにチャレンジしといたほうが良かったのか。
ホームランって1回出ただけじゃ、信頼度はそんなに高くない?

ずっと監視している小役出現率は悪くないから、低設定ではなさそうな雰囲気だけど……。

追加投資、451GでRB。
さらに、追加投資、658GでRB。さらにさらに、追加投資、265GでRB。
もしかして君、たまたまホームランを打っちゃった設定1君だった?

ハマってRB、ハマってRBの繰り返しで、投資は2万オーバー。

半日が過ぎ、コールド負けも視野に……。
くろまても真っ青ですよ。

16

投資が止まったのは、夕方。
突然のリーチ目。

この機種のスイカはAとBの2種類があり、スイカB(設定1で1365.3)は左リール枠内赤7狙いの小役狙いだと基本的に横ラインに揃います。
野球演出から、ハサミ打ちでこの停止型になった場合、スイカBorリーチ目orリプとなりますが、スイカが揃ってガッカリというパターンがほとんど。
スイカはボーナス重複がない小役ですから。
このドキドキ目を出すため、演出と制御に彩りを添えるために、このスイカBを入れたんですかね。

たまにスイカがハズれてリーチ目が出たり、また、野球演出が発生しリプレイというビックリ確定パターンなどもあるため、意外と油断できません。

そんな赤BBをきっかけに打線に火が付きます。

17

野球演出時にベルだとほとんどがアウトとなり、演出発展しません。
けど、たまにヒットとなり演出発展することがあり、そうなると大チャンス。
ベルでもボーナス重複がありますから。

18

その法則はチェリーでも同じです。
野球演出時にチェリーで演出発展、このパターンも大チャンスです。

一日打った感じだと、チェリー重複ボーナスが成立したゲームってなぜかリーチ目が出ないんですよね。

19

けど、チャンリプ後などにチェリーが成立したときって、3連チェリーなどのリーチ目が出やすい印象です。

20

チェリーが連にならない単チェリーもリーチ目です。

チェリー重複ボーナスの成立ゲームは、1枚役などカマしていてリーチ目が出ないようにしてるんでしょうかね。
リーチ目が出て演出が死なないように。

チェリーは設定1でも32.8分の1で出現するので、結構チェリーリーチ目を目撃します。
挟んで、中でビックリみたいな。

チェリー成立ゲームで野球演出に発展せず、次ゲームで野球演出ルーレットのみでリプレイという確定パターンもありました。
リプレイ重複ボーナスも10922.7分の1であるからなんとも言えませんが、チェリー成立ゲームで演出発展せずともチャンスは残されてるような感じもします。

あと、こんなパターンも……。

21

投球音がなかったので適当打ちしてたら、あれ? 写ってないなぁ。

22

第3停止後に効果音を伴って隠れキャラが! リーチ目!?

野球演出を介さず、ボーナスを察知したのは後にも先にもこの1回限り。
こんなパターンもあるんですな。

23

1G連があったり、一撃892枚を獲得したりと、前半の不調ぶりとは打って変わり、後半は順調そのもの。
やっぱ、BB中ホームランは高設定確定とかなのかな。

実戦データを振り返ってみましょう。

G数 フラグ ボーナス契機 備考
75 RB チャンスリプ 投資3K RT25G
57 赤BB チャンスリプ  
58 RB チャンスリプ RT103G
329 RB チャンスリプ  
61 赤BB チャンスリプ RT中
127 RB チャンスリプ  
24 RB チャンスリプ RT中
187 RB チャンスリプ RT30G
288 青BB チャンスリプ  
64 RB リーチ目 RT13G
67 RB チャンスリプ  
34 赤BB チャンスリプ RT中
134 RB チャンスリプ RT52G
464 青BB チャンスリプ  
419 赤BB チャンスリプ  
127 RB リーチ目 RT148G
423 青BB チャンスリプ  
16 RB チャンスリプ RT11G
451 RB リーチ目 投資3K RT93G
658 RB チェリー 投資13K RT19G
265 RB チャンスリプ 投資4K RT10G
232 赤BB リーチ目 投資2K
15 赤BB チャンスリプ  
18 青BB チャンスリプ  
119 RB チャンスリプ RT16G
74 RB チャンスリプ RT64G
170 RB リーチ目 RT26G
65 赤BB ベル  
117 赤BB リーチ目?  
74 RB チャンスリプ  
89 RB チャンスリプ RT中
83 RB チェリー RT5G
158 RB チェリー RT76G
424 青BB リーチ目  
24 青BB リーチ目  
111 赤BB チャンスリプ  
53 RB リプレイ?  
128 RB チャンスリプ RT中
51 赤BB チャンスリプ  
3 赤BB チャンスリプ  
119 RB リーチ目  
18 RB チャンスリプ RT中 RT42G
354 RB チャンスリプ RT12G
189 赤BB チャンスリプ  
295 RB チャンスリプ RT19G
44 青BB チャンスリプ  
272 赤BB チャンスリプ  
417 RB チャンスリプ RT77G
261 RB チャンスリプ RT4G
64 RB チャンスリプ RT3G
167 赤BB リーチ目  
61 青BB チェリー  
27 RB チャンスリプ RT117G
295 RB チャンスリプ RT110G
119 赤BB チャンスリプ  
163 ヤメ    
総ゲーム数 9,201
総ボーナス回数 55 (1/167.3)
内) 赤BB 15 (1/613.4)
青BB 8 (1/1150.1)
BB合算 23 (1/400.0)
RB 32 (1/287.5)
総投資 27,000
獲得枚数 2,318
換金 49,000
収支 22,000

ベル、スイカ、チェリーの合算出現率は1400回で6.22分の1。
これは設定5と6の間で、どちらかというと設定5寄り。

ちなみに、合算確率は設定6で6.07分の1、設定5で6.30分の1、設定2で6.51分の1、設定1で6.56分の1となっています。

ちなみに、この3役の100回ごとの合算出現率はというと……。100回目(1/5.61)
200回目(1/6.51)、インターバル100回は740G
300回目(1/6.36)、インターバル100回は606G
400回目(1/6.20)、インターバル100回は574G
500回目(1/6.25)、インターバル100回は642G
600回目(1/6.28)、インターバル100回は642G
700回目(1/6.14)、インターバル100回は531G
800回目(1/6.23)、インターバル100回は690G
900回目(1/6.12)、インターバル100回は523G
1000回目(1/6.18)、インターバル100回は666G
1100回目(1/6.26)、インターバル100回は712G
1200回目(1/6.21)、インターバル100回は563G
1300回目(1/6.20)、インターバル100回は606G
1400回目(1/6.22)、インターバル100回は652G

100回単位で見ると、良いとき悪いときバラバラ。最初の100回は抜群で、BB中ホームランもありやっぱ設定6はベースも違うわと思ったわけですが、200回目になるとトータル6.51分の1と急激に下がり、その間100回揃うまでに740Gも要していました。

それでも、400回目あたりから6.2分の1前後をキープするようになり、ここを見ているだけでも低設定ではなさそうだなと感じ取れます。

それ以外の点だと、BB中のBGM変化など設定1否定パターンもあり、RB中のBGM変化もそこそこありました。

ちなみに、BB中のBGM変化は設定2で64分の1、設定5で42.7分の1、設定6で32分の1。RB中のBGM変化は、設定1で8分の1、設定2で6.7分の1、設定5で5.7分の1、設定6で5分の1となっています。

そして後日、BB中のホームランは設定5or6が確定と判明しました。やっぱり!

そのBB中のミニゲーム、ビタ押しができなくてもホームランが発生していたかどうか判断できる場合もあります。
BB中のミニゲームはヒットで1ポイント、ツーベースで2ポイント、スリーベースで3ポイント、ホームランで15ポイントと、ポイント制になっていて、1回のBBでトータル15Pに到達すると終了後のRTがマッピーBGMに変化します。
ミニゲームは投球音発生時にチャレンジでき、このミニゲームが4回以下でマッピーBGMに変化したならホームランが発生していたという計算になります。
スリーベースが4回発生したところでトータル12Pにしかなりませんから。
ビタ押しができなくても、チャレンジしなくとも、投球音の発生回数だけは注目しておくといいでしょう。

というわけで、打った台は設定5or6と判明しましたが、RBのヒキ強だった設定5が濃厚でしょうかね。
出率が低いんで、設定6を入れてくれるとポジティブシンキングで挑みましたが、まぁ設定5なんでしょうね。

いろんな機種の設定推測をしていて、ここの設定師は出率うんぬんよりも6とか5という数字で設定を入れてそうな雰囲気がします。
この機種は出率が高いから設定5、こっちは出率が低いから設定6とか、割数計算ではないイメージ重視のような匂いがするんですよね。
ビューっと来たら、ガーンと打つんだ! みたいな。うーん、どうでしょう。

最後に、小冊子の答案を入手したので、そちらも併せて記載しておきます。

24

【1番】BB中にホームランを打つと…!?

→設定5or6確定!?(発生率は設定6で85.3分の1、設定5で256分の1)

【2番】「ぱつく」や「ぴの」点灯時はルーレットに法則が! 矛盾すると…!?

→ぱつくはホームランorアウト、ぴのは高速回転で、矛盾すればボーナス確定!?

【3番】BB中の楽曲がいつもと違えば…!?

→設定1を否定!?

【4番】得点の多さでBB期待度が変化!? 満塁ホームランだと…!?

→満塁ホームランはBB確定!?

【5番】打球音には違いがある!? 全部で3段階!?

→打球音は2種類、第2停止時の打球音は期待度50%!?

【6番】ある場所に隠しキャラが出現することも…!?

→ルーレット左下に隠しランプがありドルアーガの塔のギルが出現(1G連以外は高設定示唆)

【7番】BB中に条件を満たすと延長戦RTがあのゲームの曲に!?

→BB中ミニゲームの打撃結果でマッピーに!?

【8番】チャンスリプレイの次のゲームでハズレが出現すると…!?

→ボーナス確定!?

【9番】第2停止でホームランSEが発生すると…!?

→BB確定!?

【先発】レバーONで投球音ではなく懐かしい歌が流れると…!?

→ファミスタのうたが流れればBB確定!?(高設定ほど発生しやすい)

【中継ぎ】投球音にも違いが!? いつもと違えばチャンス!

→速球、剛速球はヒット以上!?(豪速球でヒットはボーナス確定)

【抑え】スイカ・チェリー成立時は必ずレバーON時に投球音が発生!?

→YES

以上、万年ライパチからお届けでした。

 

 

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

Page Top