最新記事一覧

『パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ』解析特集! 〜通常時の抽選システムを徹底解剖!!〜
『パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ』解析特集! 〜通常時の抽選システムを徹底解剖!!〜
『ターミネーター2』の激アツ演出信頼度を解析報告!
『ターミネーター2』の激アツ演出信頼度を解析報告!
スマスロが遂に登場! 〜快適プレイを実現した未来型遊技機!!〜
スマスロが遂に登場! 〜快適プレイを実現した未来型遊技機!!〜
ワンパンで倒す最強ヒーローの主要演出信頼度をお届け!
ワンパンで倒す最強ヒーローの主要演出信頼度をお届け!
フィールズ、『パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーンTM』のプレス説明会を開催
フィールズ、『パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーンTM』のプレス説明会を開催

『パチスロハードボイルド』解析特集! 〜JACインハズシ成功時の女性ボイスは高設定濃厚!?〜

▼機種情報『パチスロハードボイルド』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6531


10月3日から導入された『パチスロハードボイルド』
『パチスロディスクアップ2』に続くSammy Classicシリーズ第5弾となる本機は、2001年にリリースされた4号機の人気機種『ハードボイルド2』を6号機で再現した復刻モデルです。
昔のままの液晶演出やボーナスバンク機能など懐かしさ溢れるゲーム性となっています。

名前を聞くだけで心が揺さぶられるオールドプレイヤーはきっと多いことでしょう。JACインハズシなど当時の面影を残すシステムが随所に見られ、そこにもまた今どきらしく設定差があったりします。
今回は、発生すれば高設定濃厚となる演出など有益な情報を入手できましたので、それをご紹介していきたいと思います。



本機は、1G純増約4枚のAT機。擬似ボーナス中は1G純増約4枚のフルナビに対し、AT中は1G純増約0.8枚とやや控えめです。このように出玉増加のメインエンジンはボーナスで、ボーナスを起点にATに突入するなど、ボーナス主体のAT機となっています。

スペックはこちら。
 
スペック
設定 BB RB ボーナス合算 出玉率
1 1/330.1 1/438.9 1/188.2 97.9〜100.2%
2 1/328.8 1/436.8 1/187.4 98.3〜100.8%
3 1/317.9 1/417.8 1/180.3 100.2〜102.7%
4 1/298.0 1/384.2 1/167.6 103.4〜105.9%
5 1/281.4 1/357.3 1/157.2 106.4〜109.1%
6 1/275.7 1/347.8 1/153.6 107.8〜110.5%

出玉率は左が市場予想、右が完全攻略時のもの。完全攻略なら設定1でも出玉率は100.2%となり、BB中の2コマ目押しさえできればかなり甘いAT機と言えます。擬似ボーナス機ゆえ、ボーナスをいち早く察知してスピーディに揃える……なんて必要もありませんしね。適当打ちで取りこぼす可能性のある小役はスイカ(6枚)だけですが、こぼすのは中リールだけですし、スイカ成立時はリール消灯などなんらかの演出を伴うのでかなり取りこぼしにくくなっています。要は、「多くのプレイヤーが完全攻略時の甘さを体感」できるというわけです。
 
小役確率
小役 確率
ボトル 1/38.4
チェリーA 1/33.1
チェリーB 1/1092.3
スイカA 1/74.9
スイカB 1/299.3
 
8枚役の確率
設定 確率
1 1/15.5
2 1/15.3
3 1/15.2
4 1/15.0
5 1/14.9
6 1/14.7

小役確率で設定差があるのは8枚役のみ。チェリーやスイカは制御が異なるAとBが存在しますが、ボーナス期待度は同じです。50枚あたりのゲーム数は34.4G(設定1)。



本機はボーナスを起点にATに突入するゲーム性で、通常ゲーム中はまずボーナス当選を目指します。

ボーナスは全役で期待できるもののそれぞれの期待度はかなり低め。唯一期待できるのが強ボトル(第3停止後払い出し音変化)で、2回に1回程度でボーナスに結びつく期待度です。ただし、強ボトル自体、半日打って1回出るか出ないかの出現率なのでかなりレアです。

実際打つと、チェリーやリプレイからのボーナスを目にしやすい印象です。



チェリーやリプレイからボーナスに当選した際は、約75%でシューティングチャレンジを経由し告知が発生します。3消灯がシューティングチャレンジ発展のサインとなるので、チェリーやリプレイ出現時は、消灯が第3停止まで継続することを祈りましょう。

シューティングチャレンジはボーナス期待度約40%の擬似遊技。リーチ目出現でボーナス確定となります。擬似遊技ゆえ、ここでは変則押しも可能です。なので、中リールに「白7・スイカ・白7」を狙ったりと、普段できない変則押しも堪能できます。

・中押し一確目


左から2番目はBB濃厚目。「白7・スイカ・白7」狙い時は早めに押してみるのもあり。

・逆押し1確目


お馴染みのゲチェナもあれば、右上段BARも1確。

シューティングチャレンジで小役が揃えばボーナス濃厚になるなど、第3停止まで期待感が持続できるのもこの演出の特徴です。あえてボーナス図柄をハズしてみるのもいいでしょう。

ボーナス契機に話を戻しましょう。



ボーナスの50%以上を占めるのがリーチ目役です。文字通り出現すればボーナス確定となる役で、内部的にリプレイだったり1枚役だったりします。

リーチ目役は全9種類。代表的な左リール2連BAR狙いを例に以下説明します。

・リーチ目リプレイA……左リールに「リプ・スイカ・ボトル」が停止しリプレイテンパイハズレが出やすい

・リーチ目リプレイB……左リールに「リプ・スイカ・ボトル」が停止しスイカテンパイハズレが出やすい

・リーチ目役A……スイカテンパイハズレが出やすい

・リーチ目役B……左リール「BAR・BAR・リプ」が止まりやすい

・リーチ目役C……左リール「BAR・BAR・リプ」が止まりやすい(リーチ目役Bとは違う制御)

・7揃いリーチ目役A……赤7や白7を狙うと揃う場合があるBB確定目

・7揃いリーチ目役B……赤7や白7を狙うと揃う場合があるBB確定目(1確目が出やすい)

・ボトル揃いリーチ目……下段に7が揃うこともあるBB確定目

・BAR揃い役……スナイプチャンスが発生しやすい(6枚役)

9番目のリーチ目役「BAR揃い役」は、スナイプチャンスから目にすることも多い出目です。



スナイプチャンスは各リールにBARを狙い、BARが揃えばボーナス確定となる演出。BARが揃えば6枚の払い出し、BARが揃わなかった場合はスイカとなりこちらも6枚の払い出しとなります。



液晶演出は、初代をそのまま再現しているため非常にシンプル。動きが少ないように感じる液晶演出ですが、背景予兆演出(ミニキャラ)は実は頻繁に発生しています。このUFOや魚などのミニキャラはボトル(3枚)、チェリー、スイカ、強ボトルに対応し、出現時は必ずリール消灯を伴う特徴があります。中には、人魚などのように出現した時点でボーナス濃厚なものもあります。

ちなみに、メーカーホームページには「サミー開発ボイス ジョニーの独り言」というコンテンツがあり、楽しむためのアドバイスが頻繁に更新されています。
ぜひそちらも参考に。

https://www.sammy-product-news.com/product/ps_hardboiled

ボーナスに話を進めていきましょう。



ボーナスは大きく3種類+プレミアム1種類。

・「スーパーBB」はATも確定
・「BB」は終了時のルーレットでATの当否をジャッジ
・「RB」はATに突入すれば高設定の期待度アップ
・「プレミアムルーレットボーナス」はAT確定+20セットにも期待

まずはスーパーBBとBBから見ていきましょう。



スーパーBB、BBともに消化手順は同じ。違いは、スーパーBBなら成立時点でATが確定している点。これらのボーナス中はJACインハズシなど初代のゲーム性を再現しています。

中身は、小役ゲーム(最大40G)とJACゲーム(基本3回)で構成。
流れ的は、小役ゲーム→JACイン成立→順押しでJACインさせる→JACゲーム12G消化→小役ゲーム……を繰り返し、JACゲーム2回終了後はJACインハズシをしながら小役ゲームを引き伸ばすゲーム性となっています。JACインハズシ成功後は「シフトフラグ持ち越し機能」が働き(リール下のHITランプ点灯)、最終ゲームでナビに従い順押しすれば3回目のJACゲームに突入となります。



ポイントとなるのが、このJACインハズシ。右&中リール適当打ち後、左リール枠内に2連白7を狙えば2コマ目押しで100%JACインハズシ成功となります。BAR狙いなら約75%で成功となりますが、白7狙いだと設定示唆のボイスが発生するためそちらがオススメです。
 

【ボイスの種類と傾向】

・ボイスなし……デフォルトパターン
・ジョニー「GOOD!」……高設定示唆
・ジョニー「GREAT!」……偶数設定示唆「弱」
・ジョニー「MARVELOUS!」……設定2以上確定かつ偶数設定示唆「強」
・ニーナ「EXCELLENT!!」……設定5or6の期待大
・ナナ「UNBELIEVABLE!!」……設定4or5or6の可能性大

出現率はこちら。
 
JACインハズシ時のボイス発生率
ボイスの種類 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
なし 1/1.46 1/1.54 1/1.50 1/1.61 1/1.58 1/1.68
GOOD 1/4.00 1/3.85 1/3.70 1/3.57 1/3.45 1/3.33
GREAT 1/16 1/12 1/16 1/12 1/16 1/12
MARBELOUS - 1/128 1/1024 1/128 1/1024 1/128
EXCELLENT 1/4096 1/128
UNBELIEVABLE 1/65536 1/128

基本路線としては、ジョニー「GOOD!」で高設定を、ジョニー「MARVELOUS!」で設定の奇偶を判断といった感じ。ニーナやナナは出たらラッキー程度で。

このJACインハズシは、AT中に成立のボーナスなら不要となります。それゆえ、設定示唆のサンプルを集められるのは“通常ゲーム中に成立したBB”のみとなるため、積極的に白7狙いにチャレンジしたいというわけです。

また、JACゲーム中に発生するムービーにも設定差があることが判明しました。



この画面後、ジョニーが殴られるというのがデフォルトパターン。それが殴られずラブラブになるパターンも存在し、そこに大きな設定差が存在します。
 
ラブラブ発生率
設定 確率
1 1/16384
2 1/4096
3 1/1024
4 1/512
5 1/256
6 1/128

この数値はJACゲーム1回あたりのラブラブ発生期待度。1回でも目撃できれば高設定の期待は高まります。

パンクについても触れておきましょう。



小役ゲーム中のJACインフラグ成立が3回未満をパンクと呼びます。JACインフラグ1回の1パンならAT濃厚、0パンなら1G連としてスーパーBBが出てきてます。2パンは残念ながら恩恵はありません。

ちなみに、BB中はレア役によるAT抽選もあり、AT期待度はチェリーが0.8%、スイカは1.2%、リーチ目役ならAT確定となります。



BB終了時は「ジャッジルーレット」に発展。ここでATの当否が判明します。

ルーレットでRUSHマスのところに玉が入ればATが確定。RUSHマスが多いと期待度アップ、ハズレマスをジョニーが塞ぐと超激アツです。トータル期待度は約50%。

続いてはRBについて。



RBは15G継続。消化中のレア役でAT抽選があるほか、終了時にもAT抽選が行なわれます。
 
RB終了時のAT当選率
設定 確率
1 0.8%
2 1.6%
3 3.9%
4 3.9%
5 5.5%
6 6.3%

終了時のAT当選率は大きな設定差が存在。RB中にレア役を引いてないにもかかわらずATに突入した場合はここでの抽選にヒットしたと判断でき、高設定の期待度が飛躍的にアップします。

そして、RB成立時の128分の1ではプレミアムルーレットボーナスへ突入します。このボーナスは突入時点でATが確定し、15G消化後ジャッジルーレットでどちらのATへ突入するかジャッジ。



50%で通常のATへ、残り50%で20セット確定のATへ突入となります。虹色RUSHなら20セット確定です。


では、ATに話を進めていきましょう。



AT「バレットラッシュ」は1セット50Gの完走型。1G純増は約0.8枚。

完走型ということで、ボーナスが成立しても50G消化することができます(一部でAT中に告知が発生しボーナス突入もあり)。

ボーナスバンク機能を搭載し、成立したボーナスを貯め込む特徴があります。AT中のボーナス成立で次セットへの継続も確定するほか、AT中のBBはハイパーBBとなり出玉性能もアップします。

【ハイパーBBの特徴】

・JACインハズシが不要に(押し順ナビに従うだけでOK)
・レア役でJACゲームの上乗せを抽選

レア役によるJACゲームの上乗せ当選率は、チェリーで5.1%、スイカは20.3%。当選時は画面左下にロゴが出現し、3回目のJACゲーム終了後に放出されます。



AT中はリーチ目出現や小役との同時当選でボーナスがストックされていくため、1セット内に複数のボーナスをストックすることもあり得ます。ストックされたボーナスは50G消化ごとに1個放出となるため、ボーナス成立の数だけATのセット継続も約束されます。

演出面では、撃破演出に注目です。雑魚撃破時の文字がボーナスストックを示唆し、HIT≪GOOD≪GREAT≪EXCELLENTの順に期待度がアップ。初代にはない新規演出となるボス撃破演出は、ジョニーの武器がボーナスストックを示唆し、ハンドガン≪マシンガン≪ロケットランチャーの順に期待度がアップします。



そして、ATを50G消化するとラッキーチェックに発展。ここでBに止まればボーナスへ、VならBBへ、RUSHならセット継続、金文字RUSHなら2セット以上継続確定となります。

配列パターンにも注目です。組み合わせによって期待度が変化するほか、ハズレがない激アツパターンなども存在します。

また、回転する方向がいつもと逆ならチャンス、高速回転なら大チャンスになります。

ラッキーチェックでブランクが停止するとATは終了です。



以上が、今回お伝えできる情報となります。

ちなみに、本機は有利区間最大4000Gの6.5号機ですが、それほど有利区間を意識する必要はありません。

【有利区間→非有利区間移行タイミング】

・通常ゲーム中に成立したボーナス終了時(AT非当選の場合)
・AT終了時
・エンディング終了時
・有利区間4000G消化時

ボーナス終了後に非有利区間に移行するため(AT非当選の場合)、仮に天井(1000G+α)からATに突入しても有利区間は3000G程度は残っており、フルにそれを活かすことが可能です。ATがそんなに長く続くゲーム性ではないため4000Gの有利区間天井に到達することは非常に稀です。それよりは2400枚+αの獲得枚数による有利区間リセットのほうが可能性は高くなりますが、それもAT中にBBが頻発しない限り厳しいでしょう。そもそも、本機は比較的穏やかなAT機ゆえ、エンディング到達率は相当低い印象です。いまだホールでの目撃例はありませんしね。

そんなマイルドなゲーム性からか、ついつい打っちゃうんですな。個人的には、AT機というよりはボーナスタイプ+(AT)というイメージなんです。どこからでも打てるのが本機のメリットでもありますし、昔の静かなゲーム性をのんびり味わいたいときなんか重宝します。実はこの機種、タイムパフォーマンスも優秀でして、スマホ片手にプレイなんてのも簡単にできます。中リールのスイカだけを意識し左からスライドストップすればOKですから。リーチ目が出現しても告知が発生するまで揃えられない擬似ボーナスなので、時間と枚数のロスもありませんから。

20セット確定の虹RUSHに止まることを夢見て、おじさんスロッターは今日もホールに足を運ぶわけです。



※ページ内の数値&情報は独自調査


(C)Sammy


Page Top