最新記事一覧

『e花の慶次~傾奇一転』の激アツ演出信頼度を一刀両断!
『e花の慶次~傾奇一転』の激アツ演出信頼度を一刀両断!
『スマスロ真・北斗無双』見どころ特集! 〜ユリアボーナスの出現率に設定差!?〜
『スマスロ真・北斗無双』見どころ特集! 〜ユリアボーナスの出現率に設定差!?〜
京楽グループ『ご~や』のフィールドテストも開始
右打ち中出玉が魅力のハーレムスペック!
右打ち中出玉が魅力のハーレムスペック!
『L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION』解析特集第2弾! 〜SPモード外でのAT直撃は設定4以上に期待!!〜
『L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION』解析特集第2弾! 〜SPモード外でのAT直撃は設定4以上に期待!!〜

『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3 C.C.&Kallen ver.』見どころ特集! 〜サミートロフィーの出現率が判明!!〜

▼機種情報『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3 C.C.&Kallen ver.』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6654


6月5日から戦線投入された『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3 C.C.&Kallen ver.』
前作が大好きだったこともあり、早速打ちに行ってきました。現時点でわかっている情報と、実戦から得られた情報をお伝えしていきたいと思います。



本機は、シリーズ5作目。過去のタイトルとリリースタイミングはこんな感じ。

1作目『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ』(2012年5月)
2作目『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュR2』(2016年5月)
3作目『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュR2 C.C.ver』(2018年1月)
4作目『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3』(2021年8月)

今作は、4作目『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ3』の兄弟機ということで演出の流用などはありますが、システムの系統的には3作目『パチスロコードギアス 反逆のルルーシュR2 C.C.ver』の後継機という位置付けです。以後前作と言ったら、C.C.verを指しますのでご了承ください。

さて、その前作は低迷する5.9号機において、数少ない高稼働機でした。システムはボーナス+RTで、ボーナス後はもれなくRTへ。RT中の1G純増こそ約0.2枚と控えめでしたが、BB後はRT150G、RB後はRT50Gへ突入し、ボーナスとRTのループでいつの間にかドル箱に手が届くなど「当たり時間が長い」ゲーム性でした。また、甘めのスペックも人気の一因でした。出玉率は完全攻略なら設定1で99.4%、設定4で107.3%。設定4でこの数値は5号機以降見たことがないほど優秀なスペックでした。この「GRT機」がヒットしたおかげで、GRT機第2弾『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.』、第3弾『パチスロ蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-Mental Model ver.』もリリースされました。

そして、今作。今度は「GAT機」と様変わりしています。RT機からAT機へと変わったものの、前作と同じようにボーナス後はもれなくATへと突入し、AT中の1G純増は同じように控えめな約0.1枚。ハイパーBBやBB後はAT150G、RB後はAT50Gとなり、今作ではAT50G以上ある状態でRBを引いても残りATゲーム数を引き継ぐなど、前作にあったガッカリパターンが払拭されています。それでいて、前作同様、RB後ATからの無限昇格もありますし、ボーナス1G連からの無限突入などうれしい新規要素も搭載されています。実際どんな感じなのか。どんなスランプグラフを描くのか。非常に楽しみにしておりました。そして早速打ちに行ってみました。そんな実戦模様は終盤にお伝えしますので、まずはゲームの流れに沿って内部数値などをご紹介していきましょう。
 
スペック
設定 ハイパーBB&BB RB ボーナス合算 出玉率
1 1/329.3 1/496.5 1/198.0 98.2〜100.1%
2 1/321.3 1/489.1 1/193.9 99.2〜101.1%
3 1/306.2 1/464.8 1/184.6 101.5〜103.6%
4 1/295.2 1/399.6 1/169.8 104.5〜106.8%
5 1/281.3 1/360.1 1/157.9 107.5〜110.0%
6 1/267.5 1/336.1 1/148.9 110.4〜113.1%

出玉率は、左が市場予想、右が完全攻略。完全攻略なら設定1で100%超という甘めのスペックとなっております。特に、高設定域の出玉率は優秀で、設定4で106.8%、設定6は113.1%というのはかなり魅力的です。ハイパーBBやBB後は150G、RB後は50GのATに突入することから、投資金額が嵩みにくく遊びやすい部類と言えるでしょう。
 
小役確率(設定1)
小役 確率
ベル 1/4.7
リプレイ 1/8.0
ギアスベル 1/149.2
チェリー 1/126.5
スイカ 1/59.9
チャンス目 1/409.6

小役確率で判明しているのは設定1の上記小役のみ。確定チェリーと中段チェリーは不明。これらの確率は左リールを第1停止した通常ゲーム中のもので、AT中はリプレイやギアスベル、チャンス目の確率が変動します(ギアスベルやチャンス目は内部的にリプレイ)。ちなみに、小役の中でもチェリーやスイカ、チャンス目に設定差があるようです。50枚あたりのゲーム数は約34.6G。

では、通常ゲームから見ていきましょう。



通常ゲーム中はボーナスを目指すわけですが、ボーナスは小役との同時当選がほとんど。特に、リプレイ系が多めとなっています。

小役別のボーナス期待度は、リプレイ≪スイカ≪チェリー≪ギアスベル≪チャンス目の順にアップ。確定チェリーはBB確定、中段チェリーならハイパーBB確定です。



通常ゲーム中に「C.C.狙え!!」カットインが発生したらチャンス到来。ナビが逆押しなら激アツ。ここからC.C.が揃えばボーナス確定となり、斜め揃いならハイパーBBが確定します。C.C.が揃わなくてもボーナスの可能性がありますのでその後の展開に注目です。

ボーナスを揃えたときにPUSHボタンを押すことで、ボーナスの契機を上部ランプの色で教えてくれる機能もあります。

【ランプの色別ボーナス契機】
・青……リプレイ、C.C.揃い、C.C.カットインハズレ
・黄……共通ベル、ギアスベル
・緑……スイカ
・赤……チェリー、確定チェリー
・紫……チャンス目、複合チャンス目(C.C.揃いとの複合役)
・白……単独ボーナス



演出モードがいくつか用意されていて、好みのスタイルでプレイできるのも前作同様です。十字キーの上で演出頻度カスタム、下でキャラカスタムが可能です。

「演出頻度カスタム」
・デフォルトモード……バランスの取れた演出頻度
・シンプルモード……演出頻度が低下し演出発生時の期待度アップ

「キャラカスタム」
・C.C.&カレン……バランスよく発生
・C.C.……C.C.の演出がメイン
・カレン……カレンの演出がメイン

ここからは通常ゲーム中の注目演出を見ていきましょう。



本機のボーナスはリアルボーナスなので、常に一定の確率で抽選されています。低確や高確といった内部状態もありません。それゆえ、普通だったらステージ移行で高確示唆となる場面がチャンス演出になってたりします。

ステージは、学園ステージと夕方ステージが基本。



屋上ステージはボーナスの大チャンス。



ゼロステージは激アツ。



特定役成立後にこの画像のような「ギアス状態」へ移行することがあります。いわゆるステップアップ演出で、小役が揃って色が変化するほどボーナスの期待度もアップします。



ギアス状態は青→緑→赤→虹と昇格する可能性があり、虹までいけばボーナス確定です。登場キャラがC.C.&カレンならボーナス濃厚となり、キャラカスタムをしているのに別のキャラが登場した場合などもボーナス濃厚です(C.C.カスタムでカレン登場など)。ボーナス成立後はリプレイ確率がアップし、リプ連するほどボーナスの期待が高まるゲーム性なので、ここでは「リプレイ来い」って祈りながらいつもレバーを叩いています。

単発のチャンス演出も見てみましょう。



礼拝堂演出は、チェリーに対応。



皇子ルルーシュ演出は、ギアスベルに対応。



黄昏の間演出は、スイカやチャンス目に対応。



CC.とルルーシュ演出は、チャンス目に対応。



魔神が目覚めた日演出は、全役に対応した激アツ演出。


以上のチャンス演出は対応役矛盾でボーナス濃厚となりますが、そもそも発生しにくいだけに発生するだけでかなり期待できます。

では、ボーナスに話を進めていきましょう。



ボーナスは、ハイパーBB、BB、RBが存在。



ハイパーBBは、「赤7・白7・赤7」と「白7・赤7・白7」の2パターン。ボーナス中はJACイン方式となり、15枚役が揃う高速消化となっています。獲得枚数は約250枚。終了後はAT150Gへ。



BBは、赤7揃いと白7揃いの2パターン。こちらもJACイン方式の高速消化。獲得枚数は約250枚。終了後はAT150Gへ。



RBは、「赤7・赤7・白7」の1パターン。キャラカスタムによって名称は変化します。RB中は狙え演出が発生するので、左リール上段or中段に白7を狙い、中&右リール適当打ち(1回のみ実施でOK)。この技術介入成功でATゲーム数の後乗せ抽選が行なわれ、当選時はAT最終ゲームでPUSHが発生し50Gの上乗せが発生します。RBの獲得枚数は約50枚。終了後はAT50Gへ。


続いてはATについて。



AT150G突入時は演出モードの選択が可能となり、出目や演出などゲーム性が大きく変化します。



ルルーシュが主人公の「ブラックリベリオン」は、ギアスベル出現がボーナスの鍵。レア役が押し順によってギアスベルに変換されるなど、ギアスベル→連続演出→ボーナス告知といった流れがメインとなっています。



「カレンタイム」は、リーチ目を狙えカットインが発生。もちろんリーチ目が止まればボーナス確定です。



「C.C.タイム」は、狙えカットインが発生し、C.C.が揃えばボーナス確定。

このCCタイムやカレンタイムではギアスベルを押し順で隠しているようで、出現すればボーナス濃厚と予想しています(実戦上1回目撃あり)。



RB後のAT50Gは、狙えカットイン発生率&C.C.揃い確率がアップ。C.C.が揃えばボーナスor無限ATへ昇格となります。この無限昇格率は設定1で993分の1と低めではありますが、前作はここに大きな設定差が存在したので今作もまた高設定ほど無限ATへ昇格しやすいと予想しています。

ちなみに、AT150Gの途中でRBが成立したときは、ATの残りゲーム数が50G以上なら持ち越しとなりますが、50G間は同様に高確状態となります(画面の帯がサイン)。



無限ATの契機はほかにも存在し、ハイパーBBやBB中にハズレ出現(JACゲーム中が対象)、ボーナス終了後1G目にハイパーBBやBBが成立などでも無限ATへ突入します。無限ATはボーナス成立まで継続するATで、無限AT中にRBが当選した場合、RB後のATは150Gとなります。

設定推測要素にも触れておきましょう。
 

設定推測要素1.ボーナス確率


ボーナス合算確率は、148.9分の1(設定6)〜198.0分の1(設定1)。
 

設定推測要素2.レア役確率


設定1のみ判明。チェリーが126.5分の1、スイカが59.9分の1、チャンス目(通常ゲーム中)が409.6分の1。高設定ほど出やすい!?
 

設定推測要素3.特定ボーナス確率


共通ベル+赤BB、チェリー+RB、チャンス目+RBに設定差が存在!?


 

設定推測要素4.サミートロフィー


ボーナス終了時に出現する可能性あり。銅は設定2以上、銀は設定3以上、金は設定4以上、キリン柄は設定5以上、虹は設定6が確定。

サミートロフィーの出現率は当日の総消化ゲーム数によって変化。
 
サミートロフィー出現率(1000G以下)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 4.00% - - - - 4.00%
3 3.54% 2.09% - - - 5.63%
4 3.99% 1.99% 1.15% - - 7.12%
5 4.04% 2.02% 1.02% 0.48% - 7.56%
6 3.79% 2.01% 1.02% 0.48% 0.24% 7.53%
 
サミートロフィー出現率(1001〜2000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 2.20% - - - - 2.20%
3 1.83% 0.97% - - - 2.80%
4 2.05% 1.00% 0.45% - - 3.50%
5 1.90% 1.04% 0.61% 0.28% - 3.83%
6 1.96% 0.91% 0.47% 0.26% 0.19% 3.80%
 
サミートロフィー出現率(2001〜3000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 2.05% - - - - 2.05%
3 1.93% 1.08% - - - 3.01%
4 1.84% 0.96% 0.50% - - 3.30%
5 1.99% 1.00% 0.48% 0.21% - 3.68%
6 1.90% 1.04% 0.48% 0.24% 0.12% 3.78%
 
サミートロフィー出現率(3001〜4000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 3.94% - - - - 3.94%
3 4.25% 2.01% - - - 6.26%
4 4.08% 2.00% 0.96% - - 7.04%
5 3.98% 1.96% 1.08% 0.53% - 7.55%
6 3.93% 1.91% 1.05% 0.43% 0.23% 7.55%
 
サミートロフィー出現率(4001〜5000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 4.61% - - - - 4.61%
3 4.96% 2.28% - - - 7.24%
4 4.82% 2.46% 1.29% - - 8.58%
5 4.80% 2.07% 1.16% 0.61% - 8.63%
6 4.97% 2.44% 1.23% 0.60% 0.03% 9.27%
 
サミートロフィー出現率(5001〜6000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 7.07% - - - - 7.07%
3 6.91% 3.74% - - - 10.65%
4 7.49% 3.72% 1.68% - - 12.89%
5 6.98% 3.78% 1.70% 0.98% - 13.43%
6 7.46% 3.59% 1.74% 0.91% 0.06% 13.76%
 
サミートロフィー出現率(6001〜7000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 10.28% - - - - 10.28%
3 7.08% 5.53% - - - 12.61%
4 7.06% 3.61% 2.79% - - 13.46%
5 7.01% 3.37% 1.83% 1.26% - 13.47%
6 7.82% 3.73% 1.86% 0.90% 0.09% 14.40%
 
サミートロフィー出現率(7001〜8000G)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 12.44% - - - - 12.44%
3 12.88% 6.71% - - - 19.59%
4 12.64% 7.15% 3.47% - - 23.26%
5 12.67% 7.33% 3.75% 1.78% - 25.53%
6 18.48% 3.34% 1.71% 1.34% 0.90% 25.78%
 
サミートロフィー出現率(8001G以上)
設定 キリン柄 合計
1 - - - - - -
2 2.10% - - - - 2.10%
3 1.82% 1.04% - - - 2.86%
4 1.98% 1.01% 0.49% - - 3.48%
5 1.88% 1.02% 0.49% 0.18% - 3.56%
6 2.14% 0.90% 0.52% 0.26% 0.01% 3.83%

基本的にゲーム数が増えるほど出現率もアップ。
8001G以降は大幅に出現率が下がるので、8000Gまでになんとか出現させたいところ。
 

設定推測要素5.AT終了画面


AT終了画面による設定示唆は以下のとおり。エンディング到達時はそれらとは別の画面が出現。



デフォルト画面。



偶数設定示唆。



高設定示唆(弱)。



高設定示唆(強)。



設定2以上。



設定4以上。



設定5以上。



設定6確定。




エンディング終了画面のデフォルト。



エンディング終了画面の高設定示唆。


最後に、実戦データを交えながらポイントを。
 
G数 ボーナス 契機 備考
476 赤BB スイカ 投資16K
43 RB チェリー  
26 RB CC揃い  
43 RB CC揃い  
223 RB CC揃い  
360 RB CC揃い 投資6K
15 赤BB 確定チェリー  
126 RB リプレイ  
59 白BB CC揃い  
49 白ハイパーBB 確定チェリー  
27 白BB CC揃い  
196 赤ハイパーBB ギアスベル  
142 RB ギアスベル  
53 RB CC揃い  
188 白BB リプレイ  
9 RB チェリー  
276 赤BB リプレイ  
113 白BB チェリー  
11 白BB チェリー  
56 白BB ギアスベル  
379 RB リプレイ  
64 赤BB スイカ  
100 RB リプレイ  
30 RB リプレイ  
89 RB チャンス目  
34 赤BB CC揃い  
108 赤ハイパーBB リプレイ  
190 白BB チャンス目  
16 RB チェリー  
466 RB リプレイ  
55 白BB チャンス目  
37 赤BB チェリー  
379 赤ハイパーBB CC揃い  
78 白BB チェリー  
19 赤ハイパーBB CC揃い  
320 白BB チェリー  
106 赤ハイパーBB CC揃い  
399 赤BB リプレイ  
50 白BB ギアスベル  
297 白BB ギアスベル  
101 RB チャンス目  
689 RB リプレイ  
195 白BB チャンス目  
151 ヤメ    
 
総ゲーム数 6,843
総ボーナス回数 43 (1/159.1)
BB   26 (1/263.2)
内) 赤ハイパーBB 5 (1/1368.6)
  白ハイパーBB 1 (1/6843.0)
  赤BB 7 (1/977.6)
  白BB 13 (1/526.4)
RB   17 (1/402.5)
総投資 22,000
獲得枚数 2,914
差枚数 1,880


この日は朝イチの台取り戦線に敗れ、昼から空き台にダイブ。

初当たりは投資16000円。476Gで赤BB。スイカからの演出発展だったのでおや?って思っていたところ確定告知。前作と同じならスイカからはBB以上かなと予想しているとやっぱりBB。BBは枚数以上にAT150Gがうれしい。150Gもあれば設定1でもボーナスループ率50%はあるので。

そこから演出やBGMを堪能しつつ、あーこうだったなぁと前作に想いを馳せる。ほんと打感が一緒。演出頻度カスタムをシンプルモードにしているため、レバーで演出が発生するだけでドキドキできる。強めの演出なら高確率でボーナスにヒット。これよ、これ。この感じ。静と動を兼ね備えたいいバランスだ。

RBが軽く、BBが重い。RBばかりじゃ出玉は増えない。追加投資。

いろいろ探りながら、効率の良い打ち方を模索する。ビタから4コマスベリまで試してみるも、1stリールはハズレ時もボーナス時も同じ停止型。ボーナス察知がしにくくできている。さらに、小役優先制御ではなくボーナス優先制御のため、ボーナス成立後、ボーナスを狙いに行くと小役をすっ飛ばしてボーナス揃いが優先される。ベルは4枚だからまぁいいとして、スイカは8枚だからこれはこぼしたくない。右上がり1ライン機だから停止型に応じて小役を抜くという5号機初期の技術介入要素も使えない。ボーナスを高速消化させるためボーナス優先制御にしたのかなと思いながら、最適手順をさらに探す。

なんとなく見えてきたかも。ボーナスは右上がりでしか揃わない。なので、ギアス状態突入後やレア役後は左リールにまずは赤7をアバウトに狙う。だいたい下段に止まる。5種類あるボーナスの中で最も確率の高いRBを真っ先にカバーするため、右リール枠上付近にアバウトに白7を狙う。右上がりでテンパイすれば2確。これは右リールに赤7を狙った場合も同様で、BBもしくはハイパーBBが確定。要は挟んで右上がりでテンパイすれば2確になるということ。この法則は白7を狙ったときも同じ。実にシンプル。スイカや確定チェリーからの演出発展時はBBから先に狙ったりとアレンジを加えれば割りはちょっとは上がりそうだ。

テンパイしない場合は右リール下段に白7や赤7が落ちてくる。けど、中リール下段にBARが止まるリーチ目が出てハイパーBBになったり、下段赤7揃いとなり白BBになったりと、中リールも侮れない。さらに、左下段赤7、右枠上白7のベル確定目と思っていた出目からベルがハズれ白ハイパーBBになったりと、ボーナス優先制御+1ラインながら制御も奥が深い。ふむふむ。これは変則押しを含め、打ちごたえがありそうだ。

ボーナスを狙っていく際の注意点として、AT中など「!!!」ナビが出たときはスイカ(8枚)をしっかりカバーしたい。おそらくチェリー(4枚)もありそうなので、このときだけは普通に小役狙いでレア役をカバーしたほうがいいと思われる。それと、プレイ全般で言えることだが、60分の1程度で出現するスイカは中&右リールをしっかり狙って取りこぼしを防ぎたい。出現頻度の高さに加え、2リールの目押しが必要なもんだからついついおそろかになりがち。この点だけ注意しておけば、甘めのスペックは実感できるはず。

さて、実戦のほうはというと、中盤から設定が変わったかのようにボーナスが当たる当たる。AT終了画面で偶数設定示唆や高設定示唆が出たりと、設定1ではなさそうな雰囲気が感じられる。設定差があると言われている特定ボーナスもそこそこ引けてるし、何より出玉が高設定を物語っている。1箱から2箱、そして3箱へ。気がかりはサミートロフィーが出ていない点だけ。もしかしたら店長カスタムで出ないようにしているのか。

結果、閉店近くまでブン回し2914枚。投資が22000円までいったときは負けを覚悟したけど、やっぱボーナスさえ引ければこの台は甘い。設定推測に関係する実戦値はこんな感じ。

「レア役出現率」
・チェリー……44回(1/151.8)
・スイカ……120回(1/55.7)
・チャンス目……マイスロでカウントされず

「特定ボーナス出現率」
・共通ベル+赤BB……0回
・チェリー+RB……3回(1/2281)
・チャンス目+RB……2回(1/3422)

「AT終了画面」
・偶数設定示唆……3/21(14%)
・高設定示唆(弱)……3/21(14%)
・高設定示唆(強)……1/21(5%)

予想設定は4もしくは2。このホールは設定6なんて使わないし、出率110.0%もある設定5もおそらく使ってないかなと。RB後ATからの無限昇格もなかったし。ちなみに、前作のRB後ATからの無限昇格率は273.1分の1(設定6)〜819.2分の1(設定1)。今作は設定1のみわかっていて993.0分の1。どれだけ設定差があるかわからないけど、「情報局」のほうでも大きな設定差があると言っているのでおそらくここが設定推測のキーになってくるのかなと。

最後にそんな有益な情報をもたらす「情報局」、メーカーホームページにある「サミー開発ボイス」のリンクを貼っておきます。

https://www.sammy-product-news.com/product/ps_geass_3rd_cc_kallen/page:3

開発から新情報が提供されたり、プレイヤーの質問に答える形で疑問を解決してくれたりと、非常に重宝するサイトです。サミー系機種をよく打つという方は必見ですぞ。


※ページ内の数値&情報は独自調査






Page Top