最新記事一覧

全日遊連、全国理事会を開催
パイオニア、企業CMを地上波テレビ&YouTubeで放送
パイオニア、企業CMを地上波テレビ&YouTubeで放送
『スーパーリノSP』解析特集! 〜状態に突入すればボーナスループ率86%!?〜
『スーパーリノSP』解析特集! 〜状態に突入すればボーナスループ率86%!?〜
ABCが静岡県社会福祉協議会に300万円を寄付
ABCが静岡県社会福祉協議会に300万円を寄付
善都、ワクチン接種への協力で感謝状
善都、ワクチン接種への協力で感謝状

SANKYO、超体感型新枠「V-トリガー」披露

SANKYO(本社・東京都渋谷区、澤井明彦社長)は10月21日、東京都港区の「ホテルグランパシフィックLE DAIBA」で「フィーバー超時空要塞マクロス」新型機発表展示会を開催。

同機は、2年ぶりの新枠「V-トリガー」を採用。筐体下部にバイブレーション機能を持った“引き金”付きの操縦桿「V-コントローラー」を搭載しているのが特徴で、コントローラーの奥には風の吹出口があり、握った手に風が当たるという仕掛けも。プレーヤーがゲームに参加し、肌で感じられるシステムで、新たな遊技性として注目されている。

会場にはアニメ監督の河森正治さんと、同機テレビCMに出演中のモデル・陸守絵麻さんがゲストで登場。河森監督は「まったく新しいタイプの台。『マクロス』製作時に戦闘機の操縦桿を握ったことがありますが、そんな感覚を味わえると思います」と絶賛。陸守さんは「CM撮影の際、ワイヤーで釣り上げられたんですが、宙に浮いている感じで楽しかったです」と笑顔を振りまいた。 

提供元:プレイグラフ

Page Top