最新記事一覧

冴島家3世代の「絆」がゲーム性のキモ!! 『P牙狼 月虹ノ旅人』解析特集!!
冴島家3世代の「絆」がゲーム性のキモ!! 『P牙狼 月虹ノ旅人』解析特集!!
サンセイが「P世界でいちばん強くなりたい!」
ユーコー、デイサービスにパチスロを2台寄贈
ユーコー、デイサービスにパチスロを2台寄贈
セガサミーHDが国内IR事業に名乗り
兵庫県遊協、すべての組合店舗に見舞金を贈呈
兵庫県遊協、すべての組合店舗に見舞金を贈呈

『SLOTアルドノア・ゼロ』見どころ特集! 〜設定推測はチェリーとスイカと終了画面で〜

▼機種情報『SLOTアルドノア・ゼロ』
http://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6015


5月10日から導入が開始されたエレコの『SLOTアルドノア・ゼロ』。
早くも小役確率やAT終了画面など設定推測の鍵となる部分が判明したので、ゲームの流れをおさらいしつつそれを紹介していきましょう。



本機は、1G純増最大約4枚の擬似ボーナスやATで出玉を増やすタイプ。
 
スペック
設定 アセイラムチャンス確率 AT初当たり確率 合算確率 出玉率
1 1/299.2 1/499.4 1/187.1 97.7%
2 1/269.2 1/419.9 1/164.0 99.2%
3 1/281.2 1/416.7 1/167.9 100.8%
4 1/249.6 1/342.3 1/144.3 102.6%
5 1/269.9 1/319.1 1/146.2 105.2%
6 1/223.9 1/227.5 1/112.8 110.2%

BB後にもれなくATに突入する仕様のため、このAT初当たり確率は初当たりBBとアセイラムチャンスからのBB昇格を合わせたものとなります。
 
小役確率(設定差なし)
小役 確率
押し順ベル 1/1.4
共通ベル 1/32.3
リプレイ 1/8.0
チャンス目 1/109.2
チャンスベル 1/436.9
SP役 1/16384.0
小役確率(設定差あり)
設定 チェリー スイカ ハズレ
1 1/109.2 1/109.2 1/8.1
2 1/8.1
3 1/99.3 1/99.3 1/8.3
4 1/8.3
5 1/91.0 1/91.0 1/8.4
6 1/8.4

小役確率はチェリー、スイカ、ハズレに設定差あり。50枚あたりのゲーム数は約50G。



初当たり時はボーナスへ突入となり、ボーナスがアセイラムチャンスなら消化中のBB昇格に期待、BBならAT確定となります。

なので、通常ゲーム中はとりあえずボーナス当選を目指します。

ボーナスの契機は、
・規定ゲーム数の消化
・CZ「スレイプニールモード」
・CZ「タルシスモード」
・直撃

の4つとなります。それぞれの項目を個別に見ていきましょう。

【ボーナス契機1:規定ゲーム数の消化】

規定ゲーム数には振り分けがあり、最も深くハマったとしても666G(有利区間移行から前兆含む)でアセイラムチャンスorBBへ。「ハイパーゲートステージ」は規定ゲーム数到達を示唆する前兆ステージ。

【ボーナス契機2:CZ「スレイプニールモード」】

CZ「スレイプニールモード」には、チャンス目を契機に突入。チャンス目からのCZ当選率は「CZ低確」と「CZ高確」の内部状態によって変化し、CZ低確で25%以上、CZ高確なら50%以上でCZへ突入となります(BB直撃もあり)。



CZ高確には、チェリー(100%)とハズレの一部で移行。サブ液晶の上半分、橙色の扉が閉まっている状態がCZ高確を示唆。



チャンス目後に移行する「デューカリオンステージ」はスレイプニールモードの前兆ステージ。演出成功でスレイプニールモードへ。



スレイプニールモードは1セット7G+α継続。7G+α消化後はベルの押し順チャレンジが発生し、ベルが揃えば成功となり報酬獲得。そして1G目から再スタート。これが最大3セット続き、チャレンジ成功ごとに獲得報酬がアセイラムチャンス→BB→エピソードBBと昇格していきます。ボーナス期待度は約40%。



成功の鍵を握るのが、アシストナビの有無。押し順チャレンジでは、ナビなし、4択ナビ、2択ナビ、全ナビが発生する可能性があり、突入までのナビアップ抽選(SMナビ)に当選しているほど有利なアシストが発生します。押し順チャレンジ突入までの7G+α間は全役でナビアップ抽選を実施し、レア役ならナビアップ確定となります。このSMナビは、押し順チャレンジ成功で次セットへ継続するとリセットされます。

また、最初から報酬アイコンのカーソルがアセイラムチャンスにセットされている確定パターンも存在。これはCZ成功が確定している状態で、押し順チャレンジに成功すればBB、その次も成功すればエピソードBBと、報酬のハードルが1段階下がっています。

続いては、もう一つのCZ「タルシスモード」について。

【ボーナス契機2:CZ「タルシスモード」】

CZ「タルシスモード」には、ベルポイントを契機に突入します。ベルポイントはベルが揃うごとに獲得し、累積が100ptに到達するとタルシスモードを抽選します。
獲得するベルポイントは、ベル揃い1回目で2pt以上、ベル2連なら5pt以上、ベル3連なら10pt以上と、ベルが連続するほど獲得ポイントも増えていきます。436.9分の1で出現するチャンスベルなら大量獲得の期待大。



ベルポイントの獲得数に影響を及ぼすベルポイント高確も存在。ベルポイント高確には、スイカ(100%)とハズレの一部で移行し、滞在中は大量獲得に期待が持てます。サブ液晶の下半分、白の扉が閉まっている状態がベルポイント高確を示唆。



ベルポイント100pt到達後に移行する「月面基地ステージ」はタルシスモードの前兆ステージ。演出成功でタルシスモードへ。



タルシスモードは、押し順チャレンジを7回失敗するまで継続。押し順チャレンジでベルが揃うとポイントを獲得し、累計5pt以上獲得するとアセイラムチャンス以上が確定、4pt以下の場合は抽選となります。獲得したポイントが多いほど上位報酬の期待が高まるため、押し順チャレンジ7回失敗までどれだけ当てられるかが重要です。ボーナス期待度は約40%。

この押し順チャレンジは、ナビなし、4択ナビ、2択ナビ、全ナビが発生することがあり、液晶表示の1/◯がそれを示しています。消化中のレア役などでベルナビ状態の昇格が期待でき、4択ナビや2択ナビに昇格後は、ベル揃いなら状態継続、ベル揃わずでナビなし状態へ転落となります。一方、全ナビ状態はストック管理となっており、全ナビ発生でストック1個消化、ストックがなくなると2択ナビ状態へ移行します。落ちても2択ナビなので、全ナビ状態へ移行すればCZ成功がグッと近づきます。

また、最初から報酬を獲得している確定パターンも存在します。液晶右上のポイント枠が金色なら確定パターンとなり、CZ中に5pt以上獲得すればBB以上が確定となります。

続いては最後の初当たり契機「直撃」について。

【ボーナス契機4:直撃】

これまで、チャンス目でCZ「スレイプニールモード」を抽選、ベルポイント100ptでCZ「タルシスモード」を抽選と説明してきましたが、それらの契機からBBに当選することもあります。これが直撃です。またこれ以外にも、16384分の1のSP役成立時はCZ「スレイプニールモード」もしくはBB直撃が確定となります。

通常時の小役別特徴をここで整理しておきましょう。

・チェリーはもれなくCZ高確へ
・スイカはもれなくベルポイント高確へ
・ベルが揃えばベルポイントを獲得し累積100ptでCZ「タルシスモード」を抽選
・チャンス目はCZ「スレイプニールモード」を抽選

このように小役ごとに役目は異なり、比較的わかりやすいゲーム性を実現しています。そして、CZ成功や規定ゲーム数の消化をメイン契機にボーナスへ突入となります。

続いてはボーナスについて。



初当たりの基本となるのはアセイラムチャンス。これはRBに相当する擬似ボーナスで、20G継続する間にBBへの昇格を目指すゲーム性です。突入時のアセイラム図柄揃いは平行と斜めの2種類があり、斜めならBB昇格期待度が大幅アップとなります。

内部的には弱ACと強ACがあり、強ACなら昇格期待度が高まるといった仕様です。斜め揃いなら強ACが確定しますが、平行揃いでも強ACの可能性があります。トータルの昇格期待度は約30%。

スタート時は、チャンス告知、完全告知、リール告知の中から演出を選択。



「チャンス告知」は、狙え演出の成功やシャッター演出でBB昇格を告知。



「完全告知」は、金シャッターが閉まればBBへ昇格。



「リール告知」は、リールが逆回転すればBBへ昇格。

昇格時は残りゲーム数に関係なく、次のゲームからBBがスタートとなります。



BBは20G継続。終了後はもれなくATへ突入します。BBには赤7揃いから突入となりますが、青7揃いならATのセット継続が確定したエピソードBBとなります。BB中はベルの押し順を完全ナビし、1Gあたりの純増は約4枚。BB1回で約80枚ほど獲得できる計算です。



BB中は成立役に応じてAT中に使用する「キープオンタイム(KT)」のストック抽選を実施。狙え演出からのBAR揃いやチャンス目はKTのストックが確定となります。

続いてはATについて。KTについてはこちらで詳しく説明します。



AT「アルドノア・ゼロ」は1セット30G+α継続。30G消化後のリプレイ・ハズレ・ベル揃わずの75%で最後の押し順チャレンジ「バトルリミット」に移行。



これに成功すれば次セットへ継続となります(BBへ突入することも)。AT中の1G純増は約2〜4枚。



AT中はベルを揃えることで継続ポイントを獲得し、ポイントが20pt貯まるごとにメーターがアップ。メーターは白→青→緑→赤→橙と昇格し、昇格するごとに押し順チャレンジのアシストや回数が増加します。具体的には、

・白(20pt未満)……6択の押し順チャレンジが1回
・青(20〜39pt)……4択以上の押し順チャレンジが1回
・緑(40〜59pt)……4択以上の押し順チャレンジが2回
・赤(60〜79pt)……4択以上の押し順チャレンジが3回
・橙(80pt)……継続確定
・虹(80pt)……継続確定+BB

となり、80ptで到達する橙ならセット継続が確定、虹ならさらにBBも確定します。なので、とにかくAT中はベルを揃えメーターを昇格させることが大事となります。とは言え、AT中のベルは完全ナビではないため、ところどころ自力で当てる必要があります。それを補完してくれるのが先ほどBB中に説明した「キープオンタイム(KT)」です。



KTに突入すれば1セット5Gの間、ベルの押し順を完全ナビ。しかもベルは連続で揃うほど獲得ポイントが増加するため、KT中は大量獲得が期待できるというわけです。

KTはAT中のレア役などでもストックが期待でき、KT中も同様にストック抽選が実施されます。



AT突入時に選択されるシナリオも継続の鍵を握る重要な要素です。



シナリオは全8種類。AT中は選択されたシナリオに沿って各セットごとの継続期待度が変化していきます。サブ液晶でそれを確認することができ、青マスや赤マスは継続期待度がアップ。

AT中は各セットごとに継続ポイント獲得状態(通常or高確)を決定します。高確中ならベル揃い時に獲得するポイントやKT突入が優遇されるため、継続期待度がアップします。この状態は、最後の押し順チャレンジ「バトルリミット」の結果が良いほど次セットは高確になりやすい特徴があります(例えば3回チャレンジの権利を持っていて1回目に成功など)。



各セットごとに変わる対戦相手にも注目です。

・エリシウム……基本キャラ
・ソリス……基本キャラ
・エレクトリス&スカンディア……高確が確定
・オルテュギア……メーター1回分(青)から開始
・ディオスクリアII……勝利すれば伯爵BB(30G)+伯爵モードへ

激アツなのがディオスクリアIIで、勝利すれば30Gの伯爵BB後に伯爵モードへ突入します。伯爵モードではバトルリミットの押し順チャレンジが1ランク昇格(4択だったら2択へ)するため継続期待度が大幅アップ。このディオスクリアIIは偶数セットで出現しやすい傾向があり、サブ液晶のシナリオで登場タイミングを確認することも可能です。

AT中のレア役ではKTのストック抽選に加え、「継続確定かつBB確定」の状態へ昇格する一発抽選も行なっています。この抽選は、セット開始時にセットする内部昇格状態によって当選率が変化します。また、この内部昇格状態とは別に継続ポイントが80ptに到達すると一発抽選に当選しやすくなっています。



セット継続を重ね11セット目に突入すると、最終決戦に臨みます。ここで勝利すれば100GのエンディングBBへ突入し、それをもってATは終了となります。

ロングフリーズについても触れておきましょう。発生時は50G継続のフリーズBBへ突入し、その後突入するATでは1セット目にディオスクリアIIが出現。さらに、その1セット目は継続確定状態のため、伯爵モードも確定となります。そんな気になるロングフリーズにはSP役の一部で突入と思われます。

以上、ゲームの流れに沿って見どころを紹介してきました。最後に設定推測要素について。

【設定推測要素】

・アセイラムチャンス確率……223.9分の1(設定6)〜299.2分の1(設定1)
・AT初当たり確率……227.5分の1(設定6)〜499.4分の1(設定1)
・チェリー&スイカ合算確率……40.5分の1(設定5&6)〜54.6分の1(設定1&2)

初当たり確率に大きな設定差が存在。いつでもサンプルを集められるチェリーとスイカは要カウント。

「アセイラムチャンス終了画面」

設定の奇偶示唆に加え、設定◯否定!?や設定◯確定!?も存在。



奇数設定示唆。



偶数設定示唆。



設定2以上!?



設定2否定!?



設定3否定!?



設定4否定!?



設定5以上!?



設定6確定!?

「AT終了画面」

設定の奇偶示唆に加え、設定◯否定!?や設定◯確定!?も存在。



基本パターン。



高設定示唆。



設定3以上!?



設定4以上!?



設定5以上!?



設定6確定!?



今年の序盤から出始めた低ベース6.1号機が不調の中、本機のような50枚で50Gほど回せる高ベース機が見直されていると聞きます。それもあって本機は計画を大幅に超える販売台数になっているのだとか……。5号機後期のスマッシュヒット機『SLOTギルティクラウン』を彷彿とさせるこの機種は、もしかしたら大化けするかもしれません。ベルの押し順勝負に特化した新たなゲーム性が市場に受け入れられるか注目です。


※ページ内の数値&情報は独自調査


(C)Olympus Knights/Aniplex・Project AZ
[Music] Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

Page Top