最新記事一覧

三洋グループが新人事を発表。三洋物産の社長に盧昇氏、三洋販売の社長に金沢学模氏
LT搭載で進化した『超韋駄天2』の激アツ演出信頼度を大乱舞!!
LT搭載で進化した『超韋駄天2』の激アツ演出信頼度を大乱舞!!
SANKYOが『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン 再来 -白き一角獣と黒き獅子-』のプレス発表会を開催
SANKYOが『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン 再来 -白き一角獣と黒き獅子-』のプレス発表会を開催
『スマスロ交響詩篇エウレカセブン4 HI-EVOLUTION』見どころ特集! 〜レア役からのAT直撃に設定差大!!〜
『スマスロ交響詩篇エウレカセブン4 HI-EVOLUTION』見どころ特集! 〜レア役からのAT直撃に設定差大!!〜
フィールズが「『スマスロ ストリートファイターV 挑戦者の道』プレス説明会」を開催
フィールズが「『スマスロ ストリートファイターV 挑戦者の道』プレス説明会」を開催

『スマスロモンキーターンV』設定推測特集! 〜弱レア役でのAT直撃は設定4以上確定!!〜

▼機種情報『スマスロモンキーターンV』
https://www.pachinkovillage.com/slot/s.php?M=6628


2023年12月に登場し4ヵ月が経過した今も大人気の『スマスロモンキーターンV』
初当たりの軽さや出玉バランスなど打てば打つほどよくできた機種だなぁと納得させられます。
個人的にはここ半年のナンバー1機種です。

そして、4月8日からはこの新しい「青島パネル」も登場します。
それを追い風に、今後ますます設定状況も良くなっていくことでしょう。
そこで今回の特集では設定推測要素にスポットを当て徹底紹介していきます。



本機は、1G純増約2.5or4枚のAT機。メインAT「SGラッシュ」中は1G純増約2.5枚で、AT「青島SG」に移行すれば1G純増約4枚に出玉スピードが加速します。
 
スペック
設定 AT初当たり確率 出玉率
L - -
1 1/299.8 97.9%
2 1/295.5 98.9%
4 1/258.8 104.5%
5 1/235.7 110.2%
6 1/222.9 114.9%

設定はLありの6段階。設定5や設定6の出玉率が高め。
 
レア役確率(設定差なし)
小役 確率
弱チェリー 1/69.9
強チェリー 1/569.9
ボート 1/89.9
弱チャンス目 1/297.7
強チャンス目 1/448.9

レア役確率に設定差はなし。これらの合算確率は30.5分の1。また究極目も存在し、AT確定はもちろんのこと、一部で波多野フリーズ(艇王シナリオ濃厚)や青島SPフリーズ(AT「青島SG」+大量ストック濃厚)が発生します。50枚あたりのゲーム数は約32G。

では、設定推測要素を見ていきましょう。


 

設定推測要素1.AT初当たり出現率

 
AT初当たり確率
設定 確率
1 1/299.8
2 1/295.5
4 1/258.8
5 1/235.7
6 1/222.9

AT初当たり確率は、222.9分の1(設定6)〜299.8分の1(設定1)。この初当たりに影響を及ぼす要素として以下のものがあります。

「初当たりに影響を及ぼす要素」
・モード
・激走ポイント規定pt到達
・激走チャージ突入
・ライバルモード
・AT直撃やゲーム数天井

通常ゲーム中は1G消化ごとに激走ポイントを1〜30pt獲得。レア役ではポイント特化ゾーン「激走チャージ」やCZ「超抜チャレンジ」、AT直撃を抽選します。激走ポイントが規定ptに到達すると優出モードへ移行し、AT突入のジャッジが発生。そこまでが1周期となります。内部的に3つのモードが存在し、それによって当たりやすい周期などが変化します。

「モード」
・通常A……6周期目が天井、2or5周期目が大チャンス
・通常B……3周期目が天井、2周期目が大チャンス
・天国……1周期目が天井

設定変更後やAT終了後はモードをセット。天国モードなら1周期目でのヒットが確定します。逆に、通常Aや通常Bは1周期目の振り分けがないので、1周期目でヒットなら天国モード確定となります。AT終了時の即優出モード移行にも設定差が存在します。
 
AT終了時の即優出モード発生率
設定 発生率
1 1.6%
2 1.7%
4 2.2%
5 3.0%
6 3.7%

何度も即優出を確認できたら、しばらく様子を見たほうがいいでしょう。

通常B選択時の周期天井振り分けも判明しております。設定1で、2周期目が65%、3周期目が35%。設定1とあるように、高設定ほど2周期目の振り分けが高くなっているのかもしれません。

1周期目は激走ポイント規定pt222pt以内が確定。平均80Gほどで規定pt到達が期待できます。1周期以内のAT当選率は約40%と言われており、この約40%には自力AT要素となるCZ「超抜チャレンジ」やレア役からの直撃も含まれていると思っています。それでも、高設定ほど天国モードがやや選択されやすい印象です。ただし、朝イチ1G目やAT終了後1G目にレア役を引くと、通常Bモード以上が確定するため注意が必要です。弱レア役(弱チェリーorボートor弱チャンス目)を引いた場合は通常Bor天国モードが濃厚、強レア役(強チェリーor強チャンス目)なら天国モードが濃厚となるためです。

規定ポイントの振り分けにも設定差があるのではないかと考えています。基本的には、偶数ゾロ目(222or444or666pt)到達で優出モードへ移行となりますが、この振り分けは高設定ほど優遇されている印象です。振り分けの薄い奇数ゾロ目(111or333or555pt)も高設定ほど選ばれやすいのかもしれません。ただし、今回555pt以上だった場合次の周期は222ptが天井になったり、6周期目は444ptが天井になるなど、考慮しなければならないパターンも存在します。

規定pt到達をアシストする「激走チャージ」にはレア役を契機に突入。この激走ポイント特化ゾーンにはレア役を契機に突入しますが、突入率は設定1で94分の1。設定1とあるように、設定差があると思われます。この激走チャージやCZ「超抜チャレンジ」の抽選は高確やライバルモードが大きく影響を及ぼし、高設定ほど激走チャージへ突入しやすい雰囲気です。

「ライバルモード」はさきほどのモードとは別物で、こちらも設定変更後やAT終了後にセットされ、AT当選まで固定されます。様々なタイミングでライバルモードの告知が期待でき、一番早いタイミングはAT終了後などセットのタイミング、それ以外だと優出モード終了時などアイキャッチ発生時に発生もしくは変化する可能性があります。



サブ液晶のヘルメットがライバルモードに対応。この波多野のヘルメットは基本パターンで、示唆は特になし。



モノクロ波多野は、AT特殊シナリオ(最強のB2or艇王)が濃厚。



榎木は、優出モード突入時に本前兆書き換え抽選が行なわれ、AT期待度が50%超にアップ。



洞口は、ATシナリオがギャンブラー以上(艇界のヒロイン除く)。



蒲生は、超抜チャレンジ突入率アップ(強チェリーは突入濃厚)。



浜岡は、激走ポイント規定ptが最大222ptに。



青島は、ATが青島SGでスタート。

これらライバルモードはヘルメット以外に舟券でも示唆が発生します(後述)。このライバルモードの中でも榎木、蒲生、浜岡に設定差があることが判明しております。
 
ライバルモード振り分け
設定 波多野 モノクロ波多野 榎木 洞口 蒲生 浜岡 青島
1 70.0% 0.8% 7.8% 5.0% 7.8% 7.8% 0.8%
2 68.4% 8.2% 8.6% 8.2%
4 63.7% 9.4% 10.9% 9.4%
5 58.3% 10.5% 14.1% 10.5%
6 56.0% 10.9% 15.6% 10.9%

基本の波多野以外の振り分けは設定1の30.0%に対し、設定6は56.0%。ライバルモードの告知や示唆が出ないことあり特定できないままATに突入することもありますが、結果的に高設定ほどライバルモードの恩恵を得て初当たりが軽くなる仕組みです。

そして、通常ゲーム中からのAT直撃ですが、レア役成立時に期待でき、弱レア役でのAT直撃なら設定4以上が確定します。

また、ゲーム数天井の短縮もあります。基本的には通常ゲーム795G+αでAT突入となりますが、設定変更後や「青島VS波多野」敗北時は495G+αとなります。覚えておくといいでしょう。

以上のように、初当たりにはこれらの要素が複雑に絡み、結果的に高設定ほど初当たりが軽くなります。空き台を見る際は、深いハマリが少なかったり、液晶メニューを見て超抜チャレンジ突入回数が多ければ、期待していいかもしれません。

次からは設定特定もある推測要素に触れていきましょう。


 

設定推測要素2.舟券

通常ゲーム中は、50G刻みで舟券や予想屋の一言(周期天井示唆)が発生し、舟券なら設定やライバルモードを示唆します。

「舟券の特徴」
・青……ライバルモード示唆(弱)
・黄……ライバルモード示唆(強)
・銀……偶数設定濃厚
・金……設定4以上濃厚
・虹……設定6濃厚

青や黄はライバルモード示唆となり、舟券の一番上のキャラ、この画像だと蒲生のライバルモード示唆(強)となります。舟券銀以上の設定示唆は出現率1%未満とかなり低めですが、見逃さないよう注意が必要です。


 

設定推測要素3.激走チャージ終了時セリフ

激走チャージ終了時、サブ液晶をタッチするとセリフが発生。

・波多野「落ち着くんだ憲二…」(白文字)……基本パターン
・波多野「この気配は!?」(白文字)……偶数設定示唆(弱)
・波多野「頑張れよ!」(青文字)……通常Bモード期待度33%
・青島「お互い頑張ろうね!」(青文字)……通常Bモード期待度50%
・波多野「ここは負けられねぇ!」(緑文字)……通常Bor天国モード濃厚
・ありさ「ここが勝負所よ!」(緑文字)……当該周期のAT期待度50%
・青島「ここからが本当の勝負よ!」(赤文字)……通常Bor天国モード濃厚、当該周期のAT期待度50%
・榎木「おつかれ」(赤文字)……偶数設定濃厚
・澄「憲ちゃん頑張って!」(赤文字)……当該周期でAT当選濃厚
・榎木「これが艇王と呼ばれる私のレースだ!」(赤)……設定4以上濃厚

波多野の白文字は2種類ありますが、振り分けに設定差があります。
 
波多野(白文字)振り分け
設定 落ち着くんだ この気配は
1 50% 50%
2 40% 60%
4 40% 60%
5 70% 30%
6 40% 60%

「この気配は!?」は偶数設定示唆(弱)とあるように、偶数設定で発生しやすくなっています。


 

設定推測要素4.ATラウンド開始画面

ATのラウンド開始画面はAT「青島SG」に突入すると推測しやすくなる特徴があります。
AT「SGラッシュ」(波多野周回)の場合、上のボートケロットなら設定5以上+艇王シナリオが確定。



青島SGの場合は、この私服画像は基本パターン。



レース服は、偶数設定示唆。



ドレスは、高設定示唆。



青島&波多野は、設定5以上+継続濃厚(青島SPフリーズ時を除く)。


 

設定推測要素5.AT中の特殊獲得枚数表示

AT中の獲得枚数表示ですが、「456over」は設定4以上、「803over」は設定5以上、「666over」なら設定6確定となります。


 

設定推測要素6.エンディング中のセリフ

エンディング中はレア役成立時にサブ液晶に設定示唆のセリフが発生する可能性あり。

・波多野「いけるぜ!」(白文字)……基本パターン
・青島「いっくよー!」(青文字)……偶数設定示唆
・波多野「いい感じだ!」(青文字)……高設定示唆(弱)
・ありさ「やるじゃない」(緑文字)……高設定示唆(強)
・榎木「おつかれ」(赤文字)……偶数設定濃厚
・榎木「これが艇王と呼ばれる私のレースだ!」(赤文字)……設定4以上濃厚
・青島「きたきたきたぁーー!」(赤文字)……設定5以上濃厚
・澄「おめでとう!」(赤文字)……設定6濃厚


 

設定推測要素7.AT終了画面

AT終了画面では、設定示唆要素となるメダルやトロフィーが出現する可能性があります。

・青メダル……偶数設定示唆
・黄メダル……高設定示唆(弱)
・黒メダル……高設定示唆(強)
・銅トロフィー……設定2以上確定
・金トロフィー……設定4以上確定
・ケロット柄トロフィー……設定5以上確定
・虹トロフィー……設定6確定

ちなみに、ヘルメットに「モンキーターン」のロゴが出現したら次回通常Bモードの期待度アップ、ロゴ+キラキラは通常Bor天国モード濃厚、「モンキーターンV」のロゴなら天国モード濃厚となります。



前作『パチスロ モンキーターンIV』は設定5&6はわかりやすく、立ち回りではかなり重宝しました。今作は前作ほどではありませんが、現存しているAT機の中では比較的設定推測しやすい部類だと思っています。特に設定5&6の出玉率が高く、設定5で110.2%、設定6は114.9%とかなり魅力的です。毎月8日は山佐プレミアムDAYとなっており、特にこの4月8日に青島パネルの導入初日となりますので、新パネル増台のホールはかなり狙い目になるでしょう。しっかり情報武装し、高設定を掴んでもらいたいところです。


※ページ内の数値&情報は独自調査

(C)河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト
(C)YAMASA
(C)YAMASA NEXT




Page Top