最新記事一覧

豊丸産業
豊丸産業HPが多言語化に対応
20180322_maruhan47604
西日本初!マルハン梅田店がダイバーシティ店舗へ
inuyasha
CR犬夜叉JUDGEMENT∞、最終決戦に導く激アツ演出を解析報告!!
ボーダー、パチスロ『雷雷弁慶』の機種紹介ページを公開
ボーダーが「雷雷弁慶」
全日遊連
全日遊連、メーカー団体に遊技機の販売で是正要請

2017年のパチンコ登場機種を振り返る!!

総販売台数という面では2016年を大きく下回ってしまったが、2017年も多くのパチンコ台が登場した。ここでは一連の流れを時系列で追いながら、2017年に登場した全90シリーズ(※基本的に兄弟機を除く)を写真とリンク付きで振り返る。

大勝ちした、大負けした、大好きだった、大嫌いだ…などなど、読者諸氏の思い出とともに眺めてほしい。

 

1月~3月

小当たりRUSHが世間に浸透!

CRぱちんこGANTZ 超GANTZ BONUS

1月

掲載した『フィーバークイーン2DX』や『フルーツパンチ』に加え、『スーパー海物語SAE5』などかつての名機を彷彿とさせる台が相次いで登場した月。またヒットシリーズ第4弾の『戦国乙女~花~』や、業界初の健康器具搭載機『豊丸とソフトオンデマンドの最新作』が人気を得たが、結果的に最も売れたのは『ぱちんこGANTZ』!! 相次ぐ増台を受け、最終的には3万台を上回るヒット機種となった。これにより小当たりRUSHを搭載したゲーム性が、一般ファンに浸透することになる。

1月に登場した主な新機種


CR戦国乙女~花~(平和)

CRぱちんこGANTZ(OK!!)

CRぱちんこ押忍!番長(大都技研)

CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作(豊丸産業)

CRフィーバークィーンⅡ(ジェイビー)

CRフルーツパンチ(Daiichi)

ぱちんこCR銭形平次withでんぱ組.inc(高尾)

CR春夏秋冬~HIGHビスカス~(西陣)

CRハチワンダイバー(タイヨーエレック)

CR緋弾のアリアⅡ(藤商事)

2月

販売台数的には『スーパー海物語 IN JAPAN 金富士バージョン』が3万台超でトップ! ライトミドルとミドルの2シリーズが登場して人気を得た。それに次ぐのはライトミドルタイプの『ぱちんこ水戸黄門III』で、遊びやすい確率と小当たりRUSHを用いたゲーム性が特徴だ。

2月に登場した主な新機種


CR FEVER KODA KUMI V SPECIAL LIVE BIG or SMALL(SANKYO)

CRスーパー海物語 IN JAPAN 金富士バージョン(三洋物産)

CR TVアニメーション 弱虫ペダル(平和)

CR麻王DX SP(西陣)

CRぱちんこ水戸黄門III(京楽産業.)

CR逃亡者おりん3(タイヨーエレック)
       

3月

全11シリーズと、最も多くの機種が登場した月。玉の動きによるガチ抽選を用いた『GoGoピラミッド』や『Another』、人気アニメとタイアップした『おそ松さん~THE・DRUM~』、全てのリーチがクルーンという『パチンコ弾球黙示録カイジ沼3』など、意欲作も相次いで設置された。また他にも兄弟機と判断して掲載しなかったが、確率95.8分の1の『ぱちんこ真・北斗無双 夢幻闘乱』が登場して人気を得た。

3月に登場した主な新機種


CR GoGoピラミッド(A-gon)

CRフィーバーサムライブレード(SANKYO)

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~(サンスリー)

CRおそ松さん~THE・DRUM~(Daiichi)

CRAわくわくカーニバル(ニューギン)

CR Another(藤商事)

CRビッグorスモール(タイヨーエレック)

CR沖7(マルホン工業)

CRマジョカマジョルナ(藤商事)

パチンコCR弾球黙示録カイジ沼3(高尾)

CRシティーハンター~XYZ 心の叫び~(平和)
       

 

4月~6月

大ヒットシリーズがWで降臨!

ぱちんこ北斗の拳7転生 スーパー海物語IN沖縄4withアイマリン

4月

中旬に登場した『ぱちんこ北斗の拳7転生』が9万台を上回る特大ヒット!! 最大4回に及ぶ新たなバトルシステムを搭載して人気を集めた。それ以外はいずれも1万台を下回る販売台数となったが、人気アニメがモチーフの『世界でいちばん強くなりたい!』や『ダーカーザンブラック -黒の契約者-』が初のパチンコ化を果たした。

4月に登場した主な新機種


CR南国育ち 羽根(平和)

CRA SUPER電役ドラゴン伝説(豊丸産業)

CRコブラ-追憶のシンフォニア-(ニューギン)

CRドラセグ2(三洋物産)

CR花満開~天ノ舞~(西陣)

CR世界でいちばん強くなりたい!(藤商事)

ぱちんこCR北斗の拳7転生(サミー)

CRダーカーザンブラック -黒の契約者-(メーシー)

CRハクション大魔王(七匠)
 

5月

兄弟機ということで掲載していないが、上旬に登場した『スーパー海物語IN沖縄4withアイマリン』が7万台を上回る、甘デジとしては異例の大ヒットを放った。また下旬には『ぱちんこ必殺仕事人V』が専用枠で登場。小当たりRUSHを用いたスペックも好評で、4月に登場した『ぱちんこ北斗の拳7転生』とともにホールのW看板機種として人気を集めた。

5月に登場した主な新機種


CR恋姫夢想(西陣)

CRテレサ・テン2(Daiichi)

CRデコラッシュ(ベルコ)

CRキューティーハニー(ニューギン)

CRぱちんこ必殺仕事人V(京楽産業.)

ぱちんこCRビッグガチンコ7(サミー)
       

6月

1万台を上回るヒット機種は『吉宗4 天昇飛躍の極』のみ。1種・2種混合機ならではの出玉力と出玉スピードが好評を得た。また他には『銀河鉄道999』と『ひぐらしのなく頃に~叫~』が多くのホールに設置された。

6月に登場した主な新機種


CR新夏祭り(ジェイビー)

CR吉宗4 天昇飛躍の極(大都技研)

CRロボゲイシャ(豊丸産業)

CRシルバーダイヤモンド(三洋物産)

CR銀河鉄道999(平和)

CRおばけらんど(西陣)

CR萌え萌え大戦争ぱちんこば~ん(藤商事)

CRひぐらしのなく頃に~叫~(Daiichi)

CRギルティクラウン(メーシー)
 

 

7月~9月

1種・2種混合機が相次ぎ登場!

牙狼GOLDSTORM翔

7月

注目機が数多くリリースされた月。上旬は『リング 終焉ノ刻』と『スーパー海物語IN沖縄4 桜バージョン』が登場し、前評判通りの人気を集めた。また下旬には『アナザーゴッドハーデス アドベント』が、月末には満を持して『牙狼GOLDSTORM翔』が登場。前者は異例の出玉力で、後者は業界を代表するヒットシリーズ最新作ということで多くのホールに設置され、長い人気を維持した。

7月に登場した主な新機種


ぱちんこCR渡る世間は鬼ばかり(サミー)

CRリング 終焉ノ刻(藤商事)

CRスーパー海物語IN沖縄4 桜バージョン(三洋物産)

CR中川翔子~アニソンは世界をつなぐ~(ニューギン)

CRドンキホーテ(豊丸産業)

CRジェットアローⅡ号(ジェイビー)

CRクルクルセブン(藤商事)

CRアナザーゴッドハーデス アドベント(メーシー)

CR牙狼GOLDSTORM翔(サンセイR&D)
 

8月

7月に注目機種が相次いだ影響により、登場機種数が少なかった月。ただし下旬に登場した1種・2種複合機の『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア』は設置台数こそ多くはないものの異例のロングヒット! 増台もあり、2017年末の時点で1万台弱が設置されている。なお『ぴかパチ』は大手ホール「ダイナム」の専用機だ。

8月に登場した主な新機種


CRドラム海物語(サンスリー)

パチンコCR学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド(高尾)

CRぴかパチ(豊丸産業)

CRめぞん一刻~約束~(平和)

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア(SANKYO)

CR春一番~極上の花道~(西陣)
       

9月

上旬に登場した『魔法先生ネギま!』『ぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ』『ぱちんこ攻殻機動隊S.A.C.』の3機種はいずれも1種・2種複合機。新たなゲーム性が市場に受け入れられるか不安視されたが、中でも『ぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ』は8月の『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア』に続くロングヒット機種となった。

9月に登場した主な新機種


CR魔法先生ネギま!(サンセイR&D)

CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ(京楽産業.)

CR交渉人 真下正義(平和)

ぱちんこCR攻殻機動隊S.A.C.(サミー)

CRAカナカナwith桃乃木かな(ビスティ)

CR秘宝伝 秘められし時の鼓動(大都技研)
       

 

10月~12月

規則改正前に注目機が続々登場!

CR真・花の慶次2

10月

下旬に大人気シリーズの第12弾『ヱヴァンゲリヲン 2018年モデル』が登場。多くのホールに設置された。他にも、玉の動きが楽しい『悪代官』、小当たりRUSHを最大限に活かした『桃剣斬鬼』、巨大ドットの『フェスティバルDD』、ドラムと液晶を用いた1種・2種複合機の『麻雀物語~役満乱舞のドラム大戦~』など特徴的な台が数多くリリースされた。

10月に登場した主な新機種


CR悪代官(豊丸産業)

CR哲也 玄人の頂へ5(Daiichi)

CR金田一少年の事件簿~地獄の傀儡師~(サンセイR&D)

CRフェスティバルDD(ジェイビー)

CR桃剣斬鬼 あたし!鬼にはめっぽう強いんですぅ(西陣)

CR麻雀物語~役満乱舞のドラム大戦~(アムテックス)

CRヱヴァンゲリヲン 2018年モデル(ビスティ)

CR無双OROCHI(サンスリー)
   

11月

上旬に登場した『ぱちんこ蒼天の拳 天羅』と『喰霊-零-』、下旬に登場して3万台以上を設置した『不二子~Lupin The End~』が人気を集めた。また世界的歌手のガガ様とタイアップした『フィーバーLADY GAGA』は、パチンコで初めてプロジェクションマッピングを搭載した意欲作だ。

11月に登場した主な新機種


ぱちんこCR蒼天の拳 天羅(サミー)

CR喰霊-零-(藤商事)

CRフィーバーLADY GAGA(SANKYO)

CR不二子〜Lupin The End〜(平和)

パチンコCRクイーンズブレイド美闘士カーニバル(高尾)

CR ALL2025 with 100(西陣)
       

12月

発表機種数自体は少ないものの、上旬に『大海物語4』(※一部ホールは11月下旬に先行導入)、下旬に『真・花の慶次2』という大ヒットシリーズの最新作が登場! 2018年2月の規則改正を見据え、どちらも8万台前後という破格の台数が設置された。

12月に登場した主な新機種


CR大海物語4(三洋物産)

CRフィーバーマイケル・ジャクソン(SANKYO)

CR真・花の慶次2(ニューギン)

ぱちんこCRぷよぷよ(サミー)
 

多くのヒット機種が登場したものの、2017年は『沖海4』シリーズを別機種とカウントすると10万台以上を販売した機種がゼロ! これは近年にない出来事だ。2017年のパチンコ台の販売総数は約140万台。物凄い数と思うかもしれないが、2016年に比べると約10%の減少。10年前の2007年が約300万台だったことを考えると、実に半数以下の台数となっている。

さらに2018年2月には新規則が施行され、射幸性が抑えられた新たなパチンコ台が登場する。販売台数の減少傾向は今年も続く可能性が高いと思われるが、そんな中でも新たな魅力を持つヒット機種が登場し、業界が少しでも盛り上がることを期待したい。

(C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC. (C)HEIWA / OLYMPIA / Character design by SHIROGUMI INC. ※伊達家より家紋使用許可済 (C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)OK!! (C)DAITO GIKEN, INC. ALL RIGHTS RESERVED. (C)SOFT ON DEMAND (C)JB (C)SANKYO (C)東映 (C)NISHIJIN (C)柴田ヨルサク/集英社(ヤングジャンプ刊) (C)Sammy (C)2008-2012 赤松中学 (C)2011 赤松中学・株式会社 KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校 (C)avex management inc. (C)avex music creative inc. (C)TVアニメーション弱虫ペダル製作委員会 (C)TVアニメーション弱虫ペダルGR製作委員会 (C)NISHIJIN (C)C.A.L/2015 (C)KYORAKU (C)テレビ東京・Sammy・C.A.L (C)SANKYO (C)タツノコプロ (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会 (C)Newgin Co.,Ltd (C)2012 綾辻行人・角川書店/「Another」製作委員会 (C)Sammy (C)TAIYO ELEC (C)Happy Elements K.K All Rights Reserved. (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ (C)福本伸行/講談社・VAP・NTV (C)北条司/NSP 1985 版権許諾証 YMK-303 (C)タツノコプロ (C)NANASHOW (C)BUICHI TERASAWA/A-GIRL RIGHTS (C)ESE/世界でいちばん強くなりたい!製作委員会 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, (C)NSP2007 版権許諾証YKO-116 (C)Sammy (C)BONES・岡村天斎/DTB製作委員会 (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)BaseSon・Koihime Muso Partnership 2008 (C)BaseSon/Shin Koihime Muso Partnership 2009 (C)BaseSon/Shin Koihime Muso Partnership 2010 協力:(財)鄧麗君文教基金會 映像協力:(株)TBS (C)永井豪/ダイナミック企画 (C)松竹・ABC (C)KYORAKU (C)Sammy (C)JB (C)SANKYO (C)DAITO GIKEN,INC. (C)ロボゲイシャ製作委員会2009 (C)松本零士・東映アニメーション (C)NISHIJIN (C)SystemSoft Alpha Corporation (C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 (C)2007竜騎士07/雛見沢御三家 (C)2009竜騎士07/雛見沢御三家 (C)ギルティクラウン製作委員会 【MUSIC】Licensed by Aniplex Inc. (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)TBS (C)Sammy (C)1999 鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店 (C)1998「リング」「らせん」製作委員会  (C)1999「リング2」製作委員会 (C)藤商事 (C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社 (C)2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社 (C)2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社 (C)2010-2015 雨宮慶太/東北新社 (C)佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会 (C)TOYOMARU (C)高橋留美子/小学館 (C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG (C)赤松健/講談社 (C) Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS Licensed by SACRA MUSIC Licensed by Aniplex Inc.  (C)KYORAKU (C)2005 フジテレビジョン ROBOT 東宝 スカパー!WT (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会 (C)Sammy (C)株式会社 Life Promotion (C)DAITO GIKEN,INC. (C)さいふうめい・星野泰視/講談社 (C)天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや/講談社 (C)カラー (C)Bisty 総発売元/フィールズ株式会社 (C)コーエーテクモゲームス (C)コーエーテクモウェーブ (C)原哲夫・武論尊/NSP 2001,版権許諾証YHK-818 (C)Sammy (C)2008 瀬川はじめ/[喰霊-零-]制作委員会 (C)2017/2018 Ate My Heart Inc.,under license to Bravado International Group,All rights reserved (C)モンキー・パンチ/TMS・NTV (C)2012 HobbyJAPAN/QBリベリオンパートナーズ This machine and all of its contents (C)2017 Triumph nternational, Inc. under license from Bravado Merchandising. All rights reserved. (C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990 版権許諾証YCA-239 (C)SEGA (C)Sammy

Page Top