最新記事一覧

遊技機検定情報(6月21日東京都公安委員会告示第192号)
ケイビーカンパニー、ネット集客のコツを伝授
日遊協、副会長を9人から10人へ
日遊協、副会長を9人から10人へ
島田療育センターを守る会、昨年度は312万円を寄付
全日遊連、小堀課長が違法機への厳正措置を言明
全日遊連、小堀課長が違法機への厳正措置を言明

昨年末の1000台以上の店舗は前年比22.3%増

警察庁生活安全局保安課は4月13日、「平成23年中における風俗関係事犯の取締状況等について」(風営白書)を発表。
同庁では先に全国のパチンコ店舗数が昨年末現在1万2323店舗で、前年同期比156店舗減となったことなどを公表しているが、今回、その規模別データを明らかにした。
それによると、遊技機設置台数1000台以上のパチンコ店は170店舗で、前年同期比22.3%増。501~1000台のホールも2218店舗で、同6.8%増を記録した。
一方、301~500台のホールは4499店舗で同1.9%減、300台以下のホールは5436店舗で同4.3%減。大型店が増加する反面、中小ホールの淘汰が進んでいる現状があらためて浮きぼりとなった。

提供元:プレイグラフ

Page Top