[カテゴリ:BaseBall]19件

新しい風

本日の記事を書いているのは8月18日の木曜日深夜です。明日はパチンコって思ってた矢先に車のエンジントラブルが発生したため憮然としながら夜を過ごしています。木曜日も朝は強風と落雷のためパチ屋には行かずだったのに、明日もってことになると2日連続でしょうもない日を過ごさねばならない。クソッタレ感が半端ない...

営業か勝利か

面接三つ目で合格を頂きました。まだその会社に行くかどうかは迷っているけれど、仮にそうなったら今度は土日がメインのお仕事になるので土日パチンカーという定義は大幅に崩れます。現状のパチンコを考えると土日の方が圧倒的に勝ち易いので、これはこれで困ったことになったと考える向きもありましょうが、ここは早番と遅...

KKドラフト

 11月19日、大谷選手がア・リーグのMVPに選出されました。番記者30人全てが大谷選手を1位にしたということで「満票」でのMVP獲得だったのですが2位の選手が29票だったというのも凄いなあと思ってます。MLBを見る野球の専門家が1位と2位はほぼ同じ人間の名前を投票したって事が凄いと思うの...

ロジャー・マリスの供養

大谷選手の今シーズンが終わりました。POSTシーズンで活躍できない姿にもどかしさは感じますが、それ故のブレイクだった点も見逃せないので今日はその辺りの解説を行っていきたいと思います。それ故のブレイクだといったのは、勝敗に関係ない采配、起用をして頂けたから。自由にバットを振る、腕を振ることが許されたの...

思ってたのとは違う店

まずはスポーツのお話。いつものようにベーブとグランドキャニオンの比較で、この手のお話はもう聞き飽きたと思うけれど、それでもやっぱり比較したくなるほど似かよってるのが1919と2021の成績です。ベーブが二刀流最高の成績を収めた年、打者として130試合出場でしたが、大谷選手が丁度130試合を戦いました...

海物語に中間設定なし

メジャーリーグは年間160を超える試合数を戦いますが、まだ半分消化した時点で既に大谷選手は本塁打と打点でキャリアハイとなる数字を残しており、このままいけば年間50本塁打、120打点くらいの数字を残すのではないかというほどの成績です。この数字はとてつもなく凄いと思いますが、私は大谷選手の潜在能力につい...

8周年

2013年の5月28日に始まった記事の掲載。初回投稿からピッタシ8年が経過したということでここら辺で自分の投稿履歴と戦績を振りかえってみたいと思います。私は週2で投稿をしてきたので1年間に占める投稿日の割合は凡そ3割前後で推移してきたと思いますが、こうして振り返ってみると投稿してきたペースは年単位で...

打撃理論

7月6日現在での数字ですが、大谷選手がメジャーに渡って打者として丁度500打数を数えました。そこで私は松井選手のキャリア実績と大谷選手のそれとを比較してみましたが、大谷選手の打撃成績の素晴らしさには目を見張るものがありますね。一目瞭然なのが本塁打率で、松井は25.1打数に1本の割合なのに対して、大谷...

采配

今まで私はパチンコに関係ない話として、プロ野球、大相撲、麻雀の3つのことについて書くことが多かったように思います。一見パチンコには無関係と思われがちですが、実はこの3つはいずれも勝負事という点では通じるものがあるし、それによってパチンコとの付き合い方を学べることも有るのではと思ってます。もうすぐ平成...

Page Top