最新記事一覧

NR_20171121_03[1]
「UNI-MARKET」新商品発売のお知らせ~神々のあったかグッズ~
niraku-gchd
ニラク・ジー・シー・ホールディングス、東南アジアのアミューズメント運営会社Dream Games社を子会社化
2017-11-21_164133
帝国データバンクが営業実態についての分析を発表
https---www.dynam.jp-news-pdf-news_171120.pdf - Adobe Acrobat Pro
ダイナムが第46回全日本スカッシュ選手権大会へ協賛
maruhon_eyecatch
マルホン、『CR天龍∞』を発表!

アニメベスト100! パチスロ化作品は何機種ランクイン!? ~まさかのあの機種が第3位! わけがわからないよ~

延長に次ぐ延長、そしてアフターからの……なぜか家で子犬の動画を見ている僕。やっぱ子犬は癒されるわぁ。裏切らないから……って、なんなの、この敗北感。まぁそんな日もあるさ。そんな日もあるよ。こぼれる涙に逆らうように顔を上げる。今夜は月がきれいだ。

そんな失望の中、面白いニュースが飛び込んで来ました。アニメベスト100。どうやら今年2017年は日本でアニメーションが公開されてから100年目の節目らしいです。100年前って想像できます? 1917年。生稲(イクイナ)晃子の年です。え? 知らない? おニャン子クラブですよ、おニャン子クラブ! 今から30年ほど前、少年のハートを鷲掴みにしたアイドルユニットで、その会員ナンバー40番が生稲さんです。そうかぁ、あれが30年前かぁ。100年前となると、もう想像ができません。当然といえば当然ですよね。産まれてませんから。アーカーブ情報を頼りに知る以外ないわけで、そこからいろいろ調べてみると、歴史的には第1次世界大戦があった年とのこと。そんなきな臭い社会情勢の中、日本アニメが誕生したというのだから驚きです。ちなみに第1作目は「芋川椋三玄関番の巻」という短編アニメ映画。題名から察するに、芋川さんが玄関の番をしている内容なんでしょうかね。

そんなアニメ生誕100周年を記念して、NHKでは視聴者による投票で「ベスト・アニメ100」を選出しました。ポータルサイトで紹介されたこともあって、その結果をご覧になられた方も多いでしょう。約1万タイトルの中から選ばれたベスト100は、当然という声もあれば、まさかもあり、ファンそれぞれが違った受け止め方ができたのではないでしょうか。最初、そのタイトルを見たとき、僕はあまり期待していませんでした。というのは、何ヵ月か前にテレビでやっていた「声優総選挙」があまりにもショックでして……。なんというか時代錯誤とでも言いましょうか、想像と結果のギャップがあり過ぎて、フラストレーション貯まりまくりだったからです。総選挙で選ばれたのは上位25人。花澤香菜様、坂本真綾様などは入っていて当然と思っていましたがまさかまさかの選外。上位は超の付くベテラン勢ばかり。そんな大御所迎合主義に飽き飽きしていたところなんです。まぁ、これは人気声優200人が本気で選んだ声優(同業者)という条件でしたから、若手が誰一人と上位に入ってないのは当然の結果なのかもしれません。これが視聴者投票でしたら、まったく違う結果になっただろうし、投票権を誰に与えるかで当選者は大きく変わったことでしょう。沢城みゆき様の4位、これだけは納得できましたがね。

そんなことがありましたから、アニメベスト100も、鉄腕アトムとかガンダムが上位に来るのかと思って、まぁそれほど期待もせず、見ていたんですよ。そしたら、すぐ上位で目が止まったんですよ。パチスロにもなっているあの作品がまさかの3位! これには驚きましたね。個人的には原作アニメの世界観をうまくゲーム性に融合した名機だと思っていますし、いまだに稼働がいいのもその証拠だと思っています。そして思ったんです。なぜこんな結果になっているんだと。投票権はどうなっているんだと。調べてみると、視聴者によるWEB投票ということで今まさにアニメを見ている世代の声を反映している結果だと知ったわけです。これは安心です。見えない圧力とか、事務所の力とか、スポンサーとか、そういった大人の事情を考慮しない、完全な正義だと。こういうのを知りたかったんですよ、僕は!

そこから、順位をバーっと見ていたら、パチスロになっている作品があるわあるわ。んじゃ、これをまとめて紹介してみるのもありだなぁと思って、今回紹介する運びとなったわけです。はい、前置きが長くなりました。ではでは早速アニメベスト100と、パチスロ化されている作品を見ていくとしましょう。

1位に輝いたのは「TIGER & BUNNY」。
2011年の作品で、ざっくり言うとヒーローものです。はい、ざっくり言いました。そして2位に「劇場版 TIGER & BUNNY The Rising」が入るというまさかのワンツーフィニッシュです。タイバニ、恐るべしです。しかし、これだけではありません。なんと6位にも「劇場版 TIGER & BUNNY The Beginnig」が入っています。周りに聞いてみると、やっぱり知らない人はいないほど作品で、納得の位置だとか。ちなみに僕は名前すら知りませんでした。でも、100年の、約1万の頂点に立った作品ですから、見てみようと思ってます。とりあえず、どっかのメーカーがパチスロ化してくれませんかね。そうすれば自分にも言い訳ができますから。仕事柄、アニメ作品は見ますけど、1期、2期、劇場版と全部見ようとしたら相当な時間を費やすじゃないですか。だから、見始める前にそれ相応の覚悟が必要なんです。キャバに行く時間を割けばいいだけじゃんとの声を度々いただきますが、女の子と話すのもまた社会勉強。今どんなアニメが流行ってるとか、何が若者受けしてるとか、そういう声を聞くことが後学のためになるんだと、自分に言い聞かせてます。そんな言い訳と理由付けの大好きなダメな大人、周りにもいませんか?

 

madokamagica1     (C)Magica QuartetAniplex・Madoka Partners・MBS (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

さて、ランキングに戻りましょう。
3位! 我らが「魔法少女まどか☆マギカ」です。
パチパチパチ。人気があることはわかっていましたが、まさか3位を取るほどまでとは……。劇場版の解釈もそうですが、この3位という順位、わけがわからないよ。だって、パッケージデザインを見て、これはちょっとロリ入ってるなぁと見るのを躊躇したくらいですから。しかしまぁ、そんな見た目とは裏腹に、切なく悲しい魔法少女の姿に心を打たれ、いつしか虜に。僕も来世は女の子に生まれ、キュゥべぇと契約したいと思います。アニメ自体は2011年の作品で、26位に「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」もランクイン。パチスロはメーシーから『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』が2013年に、『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』が2016年に登場しています。

 

codegeass700 (C)SUNRISEPROJECT GEASS・MBS Character Design (C)2006 CLAMP (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. (C)Sammy

その次、4位と5位は「ラブライブ!」のTVアニメ1期と2期。
こちらも超有名タイトルですよね。だいぶ前からパチスロになるという噂がありましたが、まだパチスロにはなっていません。
7位に入ったのが「コードギアス 反逆のルルーシュ」。
2006年の作品です。6位より上位が2011年以降の作品であるのに対しコードギアスは2006年とちょい古めですから、それだけ根強いファンがいる表れでしょう。ちなみに、2期の「コードギアス 反逆のルルーシュ」も15位に入っています。パチスロはサミーから2012年に『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ』、2016年に『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュR2』が出ています。

 

pachislotosomatsusan700 (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

8位は「カードキャプターさくら」、9位は「ラブライブ! The School Idol Movie」。
そして10位にパチスロにもなっている「おそ松さん」です。2015年の超ヒットアニメです。え? パチスロになってるって? おそ松くんじゃなくて? まぁ、おそ松くんは4号機時代に登場し、この4月にも登場してますが、『パチスロ おそ松さん』も登場しています。D-lightから2016年に出たノーマル告知機です。ご存知ないですか? 声で癒されるマシンです。液晶はありません。泣

 

gingaeiyuudensetsu     (C)田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー メカニックコンセプチュアルデザイン 加藤直之

10位以下も見ていきましょう。
13位にランクインした「銀河英雄伝説」は1988年の作品で、パチスロとしてはミズホから2009年に登場しています。目押し不要で7が揃いまくる快感、病み付きになりましたね。

 

evangelion_shourihenonegai700 製造元/株式会社ビスティ 総発売元/フィールズ株式会社 (C)カラー

14位にはこの業界と切っても切れないあの「新世紀エヴァンゲリオン」が登場です。1995年のアニメで、ビスティから2005年に5号機パチスロ第一弾が出ています。そんな『新世紀エヴァンゲリオン』を皮切りに現在までパチスロ11作がリリースされるなど、パチンコを含め、業界貢献度ナンバー1のコンテンツではないでしょうか。

 

gundum     (C)創通・サンライズ (C)Bisty

17位にはロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」が入ります。ランキング上位に比較的新しいアニメが入る中、1979年に放送のガンダムは年配の方から若者まで幅広い層に支持されている証拠でしょう。パチスロとしては、ラスター、山佐、SANKYOなどから登場しています。ちなみに、40位に「機動戦士ガンダムSEED」が登場していますが、こちらはまだパチスロにはなっていません。

 

pyhchopass700     (C)サイコパス製作委員会 (C)KYORAKU

19位は2012年の「PSYCHO-PASS サイコパス」。6月に京楽産業.からパチスロ初登場となる旬な作品です。レンタルDVDが貸し出し中になる前に押さえておきたいところですな。

 

girlsundpanzer     (C)GIRLS und PANZER Projekt

22位に入ったのがガルパンの愛称で親しまれる「ガールズ&パンツァー」。2015年に劇場公開の「ガールズ&パンツァー 劇場版」は49位に入っています。パチスロはオリンピアから2015年にリリースされました。

 

uchuusenkanyamato2199_700     (C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会 (C)Sammy

1974年のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が29位。パチスロとしては2000年にバンプレストから液晶なしの機械として登場し、2010年以降、山佐から3作品、さらに、2017年2月にはサミーから新作アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」をモチーフにしたパチスロが出ています。アニメ「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」も75位にランクインしています。

 

cowboybebop (C)サンライズ

34位の「カウボーイ ビバップ」は1998年の作品。友達から勧められて見た記憶があります。パチスロとしてはオリンピアから2014年『パチスロ カウボーイ ビバップ』が登場しています。疑似遊技なのにデータカウンターが進むことに驚きましたな。

 

steinsgate     (C)MEGES.5pb.Nitroplus 協力:未来ガジェット研究所 (C)OIZUMI

続く35位は「Steins;Gate」。2011年のアニメです。パチスロは2015年にオーイズミから『想定科学パチスロ STEINS;GATE 廻転世界のインダクタンス』としてリリースされています。

 

miraishounenkonan     (C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

39位は1978年のアニメ「未来少年コナン」。忘れている人が多いかもしれませんが、ニューギンから2011年に『スロット 未来少年コナン』としてパチスロ化もされています。

 

haruhi_700     (C)2006 谷川流・いとうのいぢSOS団

42位は「涼宮ハルヒの憂鬱」(第1期)。2006年の作品です。パチスロは2016年12月にSANKYOから登場し、その類い稀なる一撃性で今年前半は注目の的でした。

 

bakemonogatari     (C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト (C)Sammy

45位は2009年の「化物語」。パチスロはサミーから2013年に登場しています。倍倍チャンスによる夢のある上乗せなど、事故が起こりやすい機種でもありましたな。

 

koukakukidoutai     (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会 (C)Sammy

46位は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」。2002年の作品で、個人的に一番好きなアニメです。サミーから2012年に『パチスロ攻殻機動隊S.A.C.』が登場し、その後継機となる『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』が2017年3月に登場したのは記憶力に新しいところです。

 

idolmaster     (C)窪岡俊之 (C)NAMCO BANDAI Games Inc. (C)Sammy

飛んで66位に「THE IDOLM@STER」が入ります。アニメは2011年に放送されました。翌年の2012年にサミーから「アイドルマスターライブインスロット」が早くも登場しています。

 

macrossfrontier     (C)2007ビッグウエスト/マクロスF製作委員会・MBS

73位に入ったのが2008年の「マクロスF」。パチスロはSANKYOから出ていて、2012年の「パチスロ マクロスフォロンティア はじまりの歌、銀河に響け!」から2017年に5月の「パチスロ マクロスフロンティア3」まで4機種が登場しています。

 

uruseiyatura     (C)高橋留美子小学館 (C)Sammy

79位の「うる星やつら」は1981年の作品。サミー(銀座)から2007年、2009年、2013年と3機種が登場しています。アニメ「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」も94位にランクインしています。

 

botomuzu (C)サンライズ (C)Sammy

86位には1983年の「装甲騎兵ボトムズ」が入りました。これもサミーから2011年にパチスロ化されています。

 

inuyasha (C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000&2009 (C)Sammy (C)RODEO

93位には「犬夜叉」。2000年の作品で、パチスロは2016年12月にロデオから登場しています。

 

macross (C)1982 ビックウエスト

98位に入ったのが「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」。パチスロはSANKYOから2011年にリリースされています。

 

こうして見てみると、100作品の約4分の1がパチスロ化されているのがわかります。この約4分の1を多いと見るか少ないと見るかはさておき、メーカー別では圧倒的にサミーが多いことが判明しました。サミーは販売する機種数も多いビッグメーカーですが、パチスロに初めて液晶を搭載した『ゲゲゲの鬼太郎』や空前絶後の大ヒットを記録した『北斗の拳』など、アニメコンテンツとパチスロの親和性を早くから信じ続けてきたメーカーでもあります。それがこの占有率に結びついているのではないでしょうか。

アニメおそ松さんのように、アニメの制作段階からパチンコ&パチスロメーカーが参画する例は多くなりつつあります。パチスロだけのオリジナル画像やセリフなど、ファン心をくすぐるいろいろな仕掛けはマニアにとって最高のプレゼントでしょう。けれど、なかなか新規ユーザーを取り込むまでには至っていないのが現状です。僕もそうです。スロをやらないキャバ嬢をうまく引き込むことができたら、また報告させていただきます。諦めたらそれまでですから……。

 

(C)Magica QuartetAniplex・Madoka Partners・MBS (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS Character Design (C)2006 CLAMP (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.  (C)Sammy
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー メカニックコンセプチュアルデザイン 加藤直之
製造元/株式会社ビスティ 総発売元/フィールズ株式会社 (C)カラー
(C)サイコパス製作委員会 (C)KYORAKU
(C)GIRLS und PANZER Projekt
(C)サンライズ
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会 (C)Sammy
(C)MEGES./5pb./Nitroplus 協力:未来ガジェット研究所 (C)OIZUMI
(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.
(C)2006 谷川流・いとうのいぢSOS団
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト (C)Sammy
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会 (C)Sammy
(C)窪岡俊之 (C)NAMCO BANDAI Games Inc. (C)Sammy
(C)2007ビッグウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
(C)高橋留美子小学館 (C)Sammy
(C)サンライズ (C)Sammy
(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000&2009 (C)Sammy (C)RODEO
(C)1982 ビックウエスト
(C)創通・サンライズ (C)Bisty

Page Top