最新記事一覧

『真・花の慶次3 99ver.』の激アツ演出を斬る!
『真・花の慶次3 99ver.』の激アツ演出を斬る!
サンセイアールアンドディ、新社長に山本和弘氏が就任
2023年販売実績 パチスロメーカー部門、パチスロ機種部門第1位受賞インタビュー(サミーグループ)
2023年販売実績 パチスロメーカー部門、パチスロ機種部門第1位受賞インタビュー(サミーグループ)
『スマスロ コードギアス 反逆のルルーシュ/復活のルルーシュ』見どころ特集! 〜250G以内のボーナスorAT期待度は約77%!!〜
『スマスロ コードギアス 反逆のルルーシュ/復活のルルーシュ』見どころ特集! 〜250G以内のボーナスorAT期待度は約77%!!〜
2023年販売実績 パチンコメーカー部門、パチンコ機種部門第1位受賞インタビュー(SANKYOグループ)
2023年販売実績 パチンコメーカー部門、パチンコ機種部門第1位受賞インタビュー(SANKYOグループ)

2023年のパチスロ登場機種を振り返る!!

2023年のパチスロ業界はスマスロ本格普及の年でした。スマスロは2022年11月から導入開始となり、その後、何ヵ月も新機種がリリースされない空白期間がありましたが、4月に登場した『スマスロ北斗の拳』が大ヒット。
そこからコンスタントに新機種が登場しています。スマスロ設置に必要なユニットの品不足解消もスマスロ普及を後押ししました。

では、どんな機種がどのタイミングでリリースされたのか一年を振り返ってみましょう。


1〜3月
数少ないメダル機と人気機種の増産分で新装開店

 

1月

リリースされた新機種は全部で4機種。
これだけ少ないのは2016年以来です。だからといって寂しい年明けになったかといえばそうではなく、新装開店はとにかく人気機種の増台が目立ちました。
特に『パチスロ甲鉄城のカバネリ』はその代表格と言え、今やホールの主役を張るくらいにまで設置数が増えました。
そんな中、気を吐いたのが『パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™』。
“モンハン”の最新機種ということで注目度も高く、しばらく高稼働を維持し続けその後は増産もされています。
 
1月に登場した新機種

SモモキュンソードDX(西陣)

もっと!チバリヨ-25(ネット)

パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™(エンターライズ)

S大花満(ジェイピーエス)
 

2月

新機種は4機種のみ。
前年登場したスマスロが評価されたこともあってスマスロで出してほしいホールと、メダル機でのリリースに不安を覚えるメーカー。
そんな環境変化の中、メーカーは販売戦略を練り直したのか、あるいはスマスロでの作り直しに舵を切ったのか、メダル機新機種のリリースが少なくなっています。
そして、この傾向はその後も顕著に続きます。
この2月は、販売力のあるサミーグループの『パチスロ盾の勇者の成り上がり』が目標を1.5倍ほど上回る販売数を記録。
先に見える“スマスロ北斗”のための地ならしか、はたまた“カバネリ”の増産分を狙ってか、ホールの思惑が見え隠れも。
 
2月に登場した新機種

パチスロ 緋弾のアリアII(藤商事)

パチスロ戦国無双3(山佐ネクスト)

パチスロ 探偵オペラ ミルキィホームズR 大収穫祭!!!!(カルミナ)

パチスロ盾の勇者の成り上がり(サミー)
 

3月

リリースされた新台5機種の中で注目を集めたのは『パチスロ機動戦士ガンダムユニコーン』。
パチンコでは2021年8月にリリースされ、その後“リゼロ”や“エヴァ”と共にパチンココーナーの盛り上げ役となりました。
それから約2年遅れのパチスロ化ではありましたが導入前の評価は高く、この月最も売れた機種となっています。
それと同じくらい導入数を伸ばしたのが『キングハナハナ-30』。
30Φコーナーの定番機種で、出玉率の高さからも特に人気のあるシリーズ機です。
スマスロ普及に伴い、大きなメダルを使う30Φ機は将来どうなるのか。
そんな不安の声を払拭するほど連日高稼働を維持しています。
 
3月に登場した新機種

戦国コレクション5(コナミアミューズメント)

パチスロ機動戦士ガンダムユニコーン(ビスティ)

パチスロOVERLORD絶対支配者光臨II(オーイズミ)

Sスロドル(コナミアミューズメント)

キングハナハナ-30(パイオニア)

4〜6月
待ちに待った救世主が登場

 

4月

新機種は3機種のみ。
機種数は少ないものの、久しぶりのスマスロとなった『スマスロ北斗の拳』と『Lゴブリンスレイヤー』、そして『アナザーゴッドハーデス-解き放たれた槍撃ver.-』がリリースされています。
“スマスロ北斗”は前評判以上の結果を残し、その後増産増産と2023年最も売れた機種となりました(約84000台)。
初代復活のゲーム性ということで事前の評価は高かったのですが、その期待を超える働きで連日超満席。
立ち見まで出ていました。
初期稼働など数値面も記録づくめで、ここしばらくパチスロから離れていたスリーピングユーザーを呼び戻してくれたりと、ホールのみならず業界に明るいニュースをもたらしてくれました。
また、“ゴブリン”はスマスロならではの尖ったゲーム性で注目を集めましたし、ゴッド系マシン“ハーデス”も2023年販売数3位になるなど存在感を示しました。
 
4月に登場した新機種

スマスロ北斗の拳(サミー)

Lゴブリンスレイヤー(藤商事)

アナザーゴッドハーデス-解き放たれし槍撃ver.-(ミズホ)
 

5月

6機種が新機種として登場。
スマスロの『L主役は銭形4』と『スロット ソードアート・オンライン』が特に期待され、結果的に販売数を伸ばしました。
パチンコを含め認知度の高い「ルパン三世シリーズ」の1作品となっている“銭形4”と業界初版権の“SAO”ではありましたが、前月リリースの“スマスロ北斗”があまりにも強すぎてその陰に隠れる格好となってしまったのは少々残念です(増産分2回の導入あり)。
そんな中、メダル機では『パチスロ 炎炎ノ消防隊』が大健闘。
2024年になった今でもしっかり固定客を付け、息の長い機種となっています。
 
5月に登場した新機種

マイフラワー2-30(北電子)

パチスロ 炎炎ノ消防隊(SANKYO)

L主役は銭形4(平和)

スロット ソードアート・オンライン(大都技研)

ジャベリン(ジェイピーエス)

課長 熊田工作(ネット)
 

6月

この月も注目を集めたのはやはりスマスロ。
『Lベルセルク無双』はニューギングループのパチスロでこれだけ売れた機種はいつ以来と思うほど設置数を伸ばしました。
『ぱちスロ にゃんこ大戦争 BIGBANG』はエンディング到達が新たな始まりの合図になるなど、スマスロ特有の出玉性能でファンを魅了しました。
メダル機では『SLOTメイドインアビス』や『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3 C.C.&Kallen ver.』が比較的売れたほうです。
新機種が7機種登場した6月ではありますが、“スマスロ北斗”や“カバネリ”といった人気機種の増台が目立ちました。
 
6月に登場した新機種

ぱちスロ にゃんこ大戦争 BIGBANG(京楽産業.)

パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3 C.C.&Kallen ver.(サミー)

L ベルセルク無双(ニューギン)

ウルトラちゃぶ台返し(ベルコ)

SLOTメイドインアビス(ミズホ)

パチスロ真天下布武(山佐ネクスト)

S OZ1-AA-30(オズ)

7〜9月
サミーグループのスマスロ新作登場

 

7月

新機種は全部で7機種。
中でもスマスロ2機種が話題を独占し、特にサミーグループから登場の『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』は3万台を超える販売数を記録しました(2023年販売数4位)。
その多すぎる設置数が仇となりその後は低稼働に悩むことになりますが、もう1つのスマスロ新機種『パチスロ からくりサーカス』は根強いファンが多く今もなお一定の評価を得ています。
ただ、スマスロばかりではありません。
『ゴーゴージャグラー3』もこの月に登場しています。
完全後告知、さらに効果音なしというひっそりペカり系のこの機種は愛好家も多く、その後度重なる増台もあって2023年販売数2位まで上り詰めています。
 
7月に登場した新機種

ゴーゴージャグラー3(北電子)

パチスロ からくりサーカス(SANKYO)

パチスロ 蛇喰夢子という女(ネット)

パチスロナイツ(山佐ネクスト)

S 織田信奈の野望 全国版(新日テクノロジー)

パチスロ 戦国†恋姫(藤商事)

スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ(サミー)
 

8月

新機種の導入は1週目と3週目が定番となって久しいですが、この8月は1週目にのみ固って導入となりました。
いわば新機種戦国週間。
盆前のホールが期待を寄せる時期です。
6タイトルがリリースされ、人気シリーズ機の最新機種から国民的アイドルとのタイアップまで多彩な顔ぶれとなっています。
この月最も販売数を伸ばしたのは『スマスロ 戦国BASARA GIGA』。
スマスロということと、シリーズの中でも人気の高い初代のゲーム性を一部再現したりと、注目要素は頭一つ抜けていた印象です。
あとは『スマスロキン肉マン〜7人の悪魔超人編〜』も健闘しました。
8月の新機種は全6機種。
 
8月に登場した新機種

ぱちスロ 乃木坂46(京楽産業.)

防空少女ラブキューレ2~極限の共鳴~(コナミアミューズメント)

スーパービンゴネオクラシック(ベルコ)

スーパービンゴネオクラシック-30(ベルコ)

スマスロキン肉マン~7人の悪魔超人編~(山佐ネクスト)

スマスロ 戦国BASARA GIGA(ユニバーサルエンターテインメント)
 

9月

この月は7機種の新機種がリリースされましたが、スマスロよりもメダル機が注目されました。
人気シリーズの最新作となる『パチスロ傷物語-始マリノ刻-』はメーカー目標を大幅に超える販売数を記録。
『回胴式遊技機 グランベルム』もまたメダル機ながら多く導入され、久しぶりにメダル機コーナーが活況となりました。
スマスロでは『L戦国乙女4 戦乱に閃く炯眼の軍師』が好評で、その後何度も増産されています。
『麻雀格闘倶楽部 覚醒』や『L009 RE:CYBORG』、『戦国コレクション5超極楽LOOP』などスマスロでも苦戦する機種が出始め、「スマスロだから」と前のめりで購入していたホールもスマスロメダル機問わずより選別するようになった印象です。
 
9月に登場した新機種

パチスロ傷物語-始マリノ刻-(サミー)

回胴式遊技機 グランベルム(ゼクロスクリエイティブ)

L009 RE:CYBORG(ニューギン)

L戦国乙女4 戦乱に閃く炯眼の軍師(平和)

ファミスタ回胴版!!(ユニバーサルブロス)

戦国コレクション5超極楽LOOP(コナミアミューズメント)

麻雀格闘倶楽部 覚醒(コナミアミューズメント)

10〜12月
明暗分かれるビッグタイトル

 

10月

新機種は4機種のみ。
このうち2機種はスマスロ、残り2機種は30Φ機のため、25Φ機の新機種は0という結果に。
“エヴァシリーズ”初のスマスロということで注目を集めた『L エヴァンゲリオン 〜未来への創造〜』は台数の多さも災いし、導入初週から稼働の伸び悩みが目立ちました。
一方“転スラ”の愛称で親しまれている大型アニメ版権もの『スマスロ転生したらスライムだった件』は有利区間リセットの有無に関わらず状態が継続される「転生チャンス」など独自のゲーム性が評価されました。
 
10月に登場した新機種

燃えチバ-30(ネット)

スーハナライジング-30(パイオニア)

L エヴァンゲリオン ~未来への創造~(ビスティ)

スマスロ転生したらスライムだった件(山佐ネクスト)
 

11月

新機種が8機種リリースされるなど、年末に向け盛り上がり始めたパチスロ業界。
圧倒的な注目度で導入を迎えた『スマスロ劇場版 魔法少女まどか⭐︎マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語f-フォルテ-』は、導入直後こそ盛り上がったものの2週目からは大苦戦。
大量導入が仇となり、閑散としたシマがより足を遠のかせる一因となりました。
一方で好調だったスマスロも存在します。
『スマスロとある魔術の禁書目録』はキャラの組み合わせが抽選や期待度に影響を及ぼす「異能の力システム」を搭載し、打つたびに新しい局面に遭遇する飽きの来ない作りが人気となりました。
 
11月に登場した新機種

パチスロ交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO TYPE-ART(サミー)

L大工の源さん 超夢源(三洋物産)

L ひぐらしのなく頃に 業(D-light)

スマスロとある魔術の禁書目録(藤商事)

デジスロ JAC IN バージョン(ベルコ)

スマスロ劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語f-フォルテ-(メーシー)

Sちゅらちゅら(LUX)

パチスロ ケンガンアシュラ(ネット)
 

12月

新機種は全部で13機種。毎年盛り上がる12月ではありますが、これほど多いのは久しぶり。
そんな中、注目されたのは『スマスロバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2 天膳 BLACK EDITION』。
先月リリースされた“まどかf”ショックの傷が癒えぬまま同じユニバーサルグループからのリリースということで期待と不安が入り混じる船出となりましたが、結果的に◎。連日空き台が見つからないほど高稼働を維持しています。
また、この月に導入された『スマスロモンキーターンV』も現在まで高稼働が続くなど好調な動きを見せています。
 
12月に登場した新機種

L リングにかけろ 1 V(エフ)

マジカルハロウィン8(コナミアミューズメント)

推しスロ アイドルVer.(DAXEL)

ミクちゃんとイドムンのミラクルチャレンジ2(DAXEL)

L花の慶次~佐渡攻めの章(ニューギン)

ニューシオサイ(パイオニア)

パチスロ琉神-30 スイカバージョン(藤商事)

Lラブ嬢3~Wご指名はいかがですか?~(平和)

クランキークレスト(ミズホ)

スマスロモンキーターンV(山佐ネクスト)

パチスロ ファイヤードリフト(サミー)

ドラゴンハナハナ~閃光~-30(パイオニア)

スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION(ミズホ)


【まとめ】

2023年にリリースされたパチスロ新機種は74機種、約75万台となりました。
このうちスマスロは32機種、約44台と、機種数こそ少ないものの台数割合は59%を占めています。
トータルでのリリース数は前年比104%。パチンコが前年比94%と縮小傾向のある中、パチスロは伸びています。
パチンコは4月に待望のスマパチが登場しましたが、苦戦が続いている現状です。

パチスロのゲーム性に関しては2022年半ばに“6.5号機”と呼ばれる仕様に変更。
以後、特に大きな変化はなく、パチンコ業界と比較し穏やかな日々となっています。そんな中でも、より遊技性に幅を持たせやすいスマスロのほうがメーカー独自色も出しやすいので、今後益々スマスロ化が進んでいくことでしょう。
2024年もまたスマスロに注目です。


※ページ内の販売数は独自調査


(C)NISHIJIN(C)DAXEL(C)NET CORPORATION(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.(C)YAMASA NEXT(C)2008-2012 赤松中学
(C)2011 赤松中学・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会(C)Sammy(C)b/PMH (C)WMH (C)MTD(C)MHM (C)HiBiKi (C)BUSHI(C)Carmina(C)Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会
(C)Konami Amusement(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会(C)PIONEER(C)Konami Amusement(C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983,(C)COAMIX 2007 版権許諾証YRA-114
(C)Sammy(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)蝸牛くも・SBクリエイティブ ゴブリンスレイヤーGC製作委員会(C)大久保篤/講談社(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課(C)KITA DENSHI(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
(C)DAITO GIKEN,INC.(C)NET CORPORATION(C)BELLCO(C)PONOS Corp.(C)KYORAKU(C)つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)YAMASA / (C)2023 TONG KING SHOW(C)YAMASA NEXT(C)KITA DENSHI(C)YAMASA NEXT(C)HK,TN/SQEX,KP(C)HK,TN/SQEX,K2(C)NET CORPORATION原作/藤田和日郎「からくりサーカス」(小学館少年サンデーコミックス刊)/ (C)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン Licensed by Sony Music Labels Inc.(C)NEXTON/BaseSon(C)2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.(C)Sammy(C)乃木坂46LLC(C)KYORAKU(C)Konami Amusement(C)BELLCO(C)ゆでたまご・東映アニメーション(C)SEVENLEAGUE(C)YAMASA NEXT(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会(C)HEIWA
Character design by SHIROGUMI INC.(C)西尾維新 / 講談社・アニプレックス・シャフト
(C)Sammyファミリースタジアム™シリーズ & (C)Bandai Namco Entertainment Inc.(C)Bandai Namco Sevens Inc.(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)ProjectGRANBELM(C)KITA DENSHI(C)Konami Amusement(C)Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会
(C)Konami Amusement(C)伏瀬・川上泰樹/講談社(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
(C)YAMASA (C)YAMASA NEXT(C)NET CORPORATION(C)PIONEER CO.,LTD.(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project
[Music] Licensed by Aniplex Inc. Licensed by Sony Music Labels Inc.
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)SANYO BUSSAN CO.,LTD.(C)SANTHREE CO.,LTD.
(C)竜騎士 07/07th Expansion(C)2006 竜騎士 07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通(C)2007 竜騎士 07/雛見沢御三家(C)2009 竜騎士 07/雛見沢御三家(C)2011 竜騎士 07/雛見沢御三家(C)2020 竜騎士 07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
製造元/株式会社ディ・ライト 総発売元/フィールズ株式会社(C)2017 BONES/Project EUREKA MOVIE(C)Bandai Namco Sevens Inc.(C)Sammy(C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子, だろめおん, 小学館/拳願会(C)NET CORPORATION(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990 版権許諾証 YTI-925(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト
(C)YAMASA(C)YAMASA NEXT(C)車田正美/集英社・東映アニメーション(C)CROSSALPHA(C)F(C)Konami Amusement(C)HEIWA(C)PIONEER CO.,LTD.(C)藤商事(C)DAXEL(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO(P)KING RECORD CO.,LTD.(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)PIONEER CO.,LTD.







 

Page Top