最新記事一覧

playback2011〜全速だったあの頃に〜
業界8団体が、沖ドキ撤去の順守を要請
サンセイが「笑ゥせぇるすまん」の新作
SANKYOが、「PパトラッシュV」を発売
高尾が「P安心ぱちんこキレパンダinリゾート」

2020年のパチンコ登場機種を振り返る!!

2020年も多くのパチンコ台が登場した。ここでは一連の流れを時系列で追いながら、登場した全72シリーズ(※一部兄弟機を除く)を写真とリンク付きで振り返る。大勝ちした、大負けした、大好きだった、大嫌いになった…などなど、読者諸氏の思い出とともに眺めてほしい。

▼関連記事
2016年のパチンコ登場機種を振り返る!!【上半期】
http://www.pachinkovillage.com/news/?p=23829
2016年のパチンコ登場機種を振り返る!! 【下半期】
http://www.pachinkovillage.com/news/?p=23914
2017年のパチンコ登場機種を振り返る!!
http://www.pachinkovillage.com/news/?p=49718
2018年のパチンコ登場機種を振り返る!!
http://www.pachinkovillage.com/news/?p=68814
2019年のパチンコ登場機種を振り返る!!
http://www.pachinkovillage.com/news/?p=88381

1月~3月

人気シリーズが相次いで登場

1月

年始に最も注目を集めたのは『バイオハザード2』、『ひぐらしのなく頃に~廻~』、『ぱちんこウルトラ6兄弟』、『ビッグドリーム2』といった人気シリーズの後継機。

『バイオハザード2』以外は1種2種混合機で、高い継続率と出玉スピードを求める傾向は1年を通して続く。

ただし1月に最も販売台数を伸ばしたのは『A海物語3R2』で、4万台近い販売台数を記録。改めて『海物語』シリーズの強さを感じる年始めとなった。

2月

2月頭には業界を代表する大ヒットシリーズの最新作『花の慶次~蓮』が満を持して登場。巨大な朱槍が目を引く「天槍枠」、『初代慶次』を彷彿とさせる伝統演出、継続率約82%を誇る天下無双RUSHなど、前評判に違わぬ出来栄えで5万台強の販売台数を記録した。

また他にも『カイジ沼』『蒼天の拳』『地獄少女』といった人気シリーズが登場。さらには玉の動きがアツい『闘将覇伝』と『A怪盗おそ松さん』など、発表数自体は少ないものの、バラエティーに富んだ機種が登場した月となった。

3月

機種数こそ多かったものの、2万台以上を販売したのは『Aスーパー海物語IN地中海』のみ。台数的には小粒な機種が多い月となったが、回転率が釘に左右されない「クギナイン」を採用した『ホームランキング』や、常時右打ちの「Aタイプパチンコ」の『笑点』、小当たりRUSHを「完全自力型ボーナス」に見せる『天昇!姫相撲』など、挑戦的なスペックが数多く見られた。

4月~6月

新内規機登場もコロナ禍が直撃

4月

いわゆる天井機能「遊タイム」の搭載や、時短機能が緩和された新内規機が登場した記念すべき月だったが、このタイミングで日本を直撃したのが新型コロナウイルスの流行。4月16日には政府が緊急事態宣言を発出し、多くのホールが休業を余儀なくされた。

不遇な時期ではあったものの、大ヒット機種の後継となる『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』は手堅い人気を集め、また『大工の源さん超韋駄天』は現在に至るまで増台を重ねる大ヒット機種となった。

5月

新型コロナウイルスの流行は収まる気配を見せず、多くのメーカーが新台の発表を回避。結果的に発売された新機種は『リング 呪いの7日間2』のみで、これもまたコロナ禍の影響を多大に受けたものの、そんな中でも恐怖感を増した演出&ギミック群や、885回転で発動する遊タイムなどのスペックがファンに受け入れられ、長い稼働を維持した。

6月

コロナ禍は6月になっても続き、加えてマスコミや社会から強烈なパチンコバッシングが巻き起こったことで、登場したのはこの月も1機種のみ。そんな中でも『モモキュンソード』は孤軍奮闘。1種2種混合機ならではの強力な遊タイムを活かしたゲーム性で、その後、増台もされるロングヒットとなった。

6月に登場した主な新機種

PモモキュンソードMC(西陣)

7月~9月

新内規対応機が本格的に始動開始!

7月

7月になるとやっと根拠が皆無のパチンコバッシングは収まり始め、多くのホールが営業を再開したものの、大型新機種は皆無。7月下旬に登場した3機種の販売台数はいずれも5000台以下と、6月に続いて2020年で最も寂しい時期となった。

そんな月ではあったが、『貞子3D2』は新内規の性能をフルに活かしたスペックで登場。1214回転の遊タイム、21回転の突然時短、通常大当たり後の114回転時短と、3種類の時短を搭載しているのが特徴的だった。

8月

コロナ禍の影響により例年に比べると新台の少ないお盆前後となったが、『ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO』や『交響詩篇エウレカセブンHI-EVOLUTION ZERO』といった注目の新内規機がようやく登場。どちらも1万台を上回る販売台数で人気を集め、新内規のスペックをファンに浸透させる一因となった。

9月

登場数こそ3機種と少ないものの、注目の新内規機『ぱちんこ仮面ライダー 轟音』が満を持して出撃。4万台強という大ヒット機種になった。またSTタイプの海シリーズ『スーパー海物語 IN JAPAN2 金富士』もスマッシュヒット! ミドルとライトミドルの2スペックで3万台強を販売し、やっと業界全体がコロナ禍から回復し始める…。

10月~12月

コロナ禍から復活! 多くの新機種が登場

10月

複数の注目機種が登場したが、中でも『戦国乙女6 暁の関ヶ原』や『真・牙狼』といったおなじみのシリーズ機が手堅い販売台数に加え、息の長い稼働を維持した。また『フィーバークィーンII』と『ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえver.』はどちらも遊タイムを搭載した甘デジ。天井回転数が300回転以内と甘いのが特徴だ。

11月

10月に続いて多くの新台が登場し、コロナ禍からの復活を印象づけたが、中でも2万台前後の販売台数を記録したのが業界を代表する人気シリーズ第11弾の『ルパン三世~復活のマモー~』と、初のパチンコ化を果たした『とある魔術の禁書目録』だ。前者は五感を刺激する新枠がファンの注目を集め、後者は現在まで高稼働が続く人気作となった。

12月

年末を控えて2つのビッグタイトルが登場。『真・北斗無双 第3章』は1種2種混合のミドルタイプで、真・幻闘RUSHのループ率は約90%と、破格の連チャン力を誇る。また『大海物語4スペシャル』はシリーズ初の遊タイムを搭載し、通常時に950回転ハマると350回転の強力時短が発動。2020年最大の販売台数を記録して、この1年を締めくくった。

まとめ

コロナ禍が直撃した激動の1年ということもあり、発表された新機種は例年の7割弱、また年間の販売台数も100万台を下回るという厳しい結果になった。

ちなみにメーカー別の販売台数を見ると三洋が断然のトップに。『海物語シリーズ』のヒットに加え、『大工の源さん超韋駄天』が増台を重ね、グループ全体で30万台近い販売台数を記録した。

2021年は未だホールに残る旧規則機(CR機)が消え、完全に新規則機(P機)へと切り替わる。新たな内規を活かした魅力あるヒット機種が登場して、業界全体が少しでも盛り上がることを期待したい。

 

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)OK!!(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.(C)XEBEC・竜宮島役場/(C)XEBEC・PLAN L/(C)XEBEC/FAFNER PROJECT(C)藤子(A)・シンエイ・中央公論新社(C)2006 竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通(C)2007 竜騎士07/雛見沢御三家(C)2009 竜騎士07/雛見沢御三家(C)2011 竜騎士07/雛見沢御三家(C)美内すずえ/ガラスの仮面製作委員会(C)円谷プロ(C)OK!!(C)Sammy(C)NISHIJIN(C)NANOHA The MOVIE 1st PROJECT(C)NANOHA The MOVIE 2nd A's PROJECT(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YOT-241 (C)カラー (C)SANKYO (C)Bisty(C)創通・サンライズ 総発売元/フィールズ株式会社(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001,版権許諾証YSM-130(C)Sammy(C)2015 BIGWEST / MACROSS DELTA PROJECT(C)BNEI/PROJECT G.E.(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.(C)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会(C)福本伸行/講談社(C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ
(C)福本伸行/講談社・VAP・NTV(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV(C)ANOHANA PROJECT (C)Sammy(C)松竹・ABCテレビ(C)KYORAKU(C)Konami Amusement(C)2004 Shoji KAWAMORI・SATELIGHT/Project AQUARION(C)SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION EVOL(C)2015 SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION LOGOS(C)タツノコプロ(C)NTV(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,版権許諾証 YDJ-572(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)DD北斗の拳 2013(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)DD北斗の拳 2015(C)C.A.L/2020(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC.(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOO-411(C)2010-2013コーエーテクモゲームス (C)Sammy(C)創通・サンライズ(C)2016「CYBORG009」製作委員会(C)Newgin Co.,Ltd(C)松本零士・東映アニメーション(C)2014 雨宮慶太/ロクロク製作委員会(C)NISHIJIN(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.(C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2011 「呀」雨宮慶太/東北新社(C)2013 「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社(C)2013 「絶狼」雨宮慶太/東北新社(C)2015 「媚空」雨宮慶太/東北新社(C)2010-2016 雨宮慶太/東北新社(C)2016 「絶狼」雨宮慶太/東北新社(C)2015 SQUARE ENIX/GUNS PROJECT(C)DAITO GIKEN,INC.(C)安西信行/小学館
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会(C)2014塩崎雄二・少年画報社/一騎当千EEパートナーズFRIDAY THE 13TH and all related characters and elements (C)&TM NLP.(s19)(C)高橋留美子/小学館
(C)吉宗鋼紀・ixtl / テレビ東京 / オルタネイティヴ第一計画(C)aNCHOR(C)NISHIJIN(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.(C)2012『貞子3D』製作委員会(C)2013『貞子3D2』製作委員会(C)株式会社 Life Promotion(C)2017 BONES/Project EUREKA MOVIE(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.(C)Sammy(C)東映(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.(C)Spike Chunsoft Co., Ltd./希望ヶ峰学園映像部 All Rights Reserved.(C)Spike Chunsoft Co., Ltd./希望ヶ峰学園第3映像部 All Rights Reserved.(C)2004 Shoji KAWAMORI・SATELIGHT/Project AQUARION
(C)SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION EVOL(C)2015 SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION LOGOS(C)HobbyJAPAN/QBグリムワール・パートナーズ(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)石森プロ・東映 (C)KYORAKU(C)「ROAD TO EDEN」製作委員会/フジテレビジョン(C)Sammy(C)福本伸行/講談社(C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ(C)福本伸行/講談社・VAP・NTV(C)Newgin Co.,Ltd TM&(C)TOHO CO., LTD.(C)安西信行/小学館(C)Konami Amusement (C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC.(C)タツノコプロ(C)2005 雨宮慶太/Project GARO(C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル(C)2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社(C)2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社(C)2013 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社(C)2015 「媚空」 雨宮慶太/東北新社(C)2010-2016 雨宮慶太/東北新社(C)2016 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社(C)SANKYO(C)原哲夫・堀江信彦・義風堂々/NSP 2008, (C)義風堂々2013 版権許諾証 YHZ-440 (C)1998「リング」「らせん」製作委員会(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion(C)KYORAKU(C)佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会(C)Sammyⓒさいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館 For sale in Japan Only(日本国内限定販売商品)(C)SANYO BUSSAN CO.,LTD.(C)2005 雨宮慶太/Project GARO(C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル(C)2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社(C)2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社(C)2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社(C)2010-2015 雨宮慶太/東北新社(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX MOVIE(C)2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ(C)2014 Project 2H(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.(C)CYBERJAPAN(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV(C)AAS/海上安全整備局 [Music]Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)円谷プロ (C)OK!!(C)東映(C)New Japan Pro-Wrestling Co., Ltd.(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOO-411(C)2010-2013コーエーテクモゲームス (C)Sammy(C)SANYO BUSSAN CO.,LTD.(C)Pan Entertainment. (C)KYORAKU(C)梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション(C)2018 Marvelous Inc./HONEY PARADE GAMES Inc./シノビマスターパートナーズ(C)2015 Marvelous/「閃乱カグラEV」パートナーズ

Page Top